« 作りたかったので作図してみた | トップページ | マジでオススメよん »

文系技師w

Img_3471_2

 大腸菌を培養して喜んでる変な人ですか?w

 仕事でやっちょるのですよ。大腸菌を大量に含んだ排水を出すわけにはいかないので、こうして培養しちゃ、基準値以下の大腸菌しかないことを確認するわけです。
 コツがわからないうちはあれこれと苦戦していた培養ですが、手の内に入ったら、もう楽しいのなんの。20時間寝かせるのが楽しみでって、やっぱり変な人ですか?

 理科の実験ノリじゃなきゃやってられんですよ。昼休みを返上してまで遂行する分析の意味などを考えたり、こうして難儀してんのウチの部署だけだよなーとか、そういう余計なことは考えない。
 むしろ理科の実験のつもりで、ひたすら実験結果を楽しむような、そんな気持ちでなきゃ長続きしませんって。

20111130_113638_2

20111130_113656_2

 で、細菌培養に使う培地。通称「寒天」ってやつ。このデゾキシコレートを13.5gほど300mlの蒸留水に溶かして使うんですが、培養に使うくらいですから、細菌にとっては居心地がいいでしょうし、栄養も含まれてるんです。
 そのせいか、温めますとチキンラーメンみたいな匂いがしましてなぁ。分析室全体がチキンラーメン。

 なんでも牛肉エキスが入ってるとか。「緊急時には食料になる」なんて言う人もいるほど。湯に溶いてから食べたことがあるという若親方のコメントでは「苦味がある」とのこと。ホントかな?とすぐ試すバカ文系技師www

20111130_113720_2

 ふむ。チキンラーメンっぽいのですが、やはり苦味が。苦味からトニックウォーターみたいになんねーかと思ってましたけど、塩っ気がありますんでお酒には使えませんな。っつーか、そんなこと考えてたのか俺w

20111130_132850_2

 調子に乗った若親方がアスコルビン酸の白い粉末を投入。いわゆる「ビタミンC」ってやつですね。酸っぱいやつ。でも食用ではないので、なんだか変な苦味が強調され。
 こりゃ塩を投入だろうと、定量分析用の塩化ナトリウムを追加してみたところ、これまた分析用の塩なんておいしくもなんともなく。単に化学合成みたいな不気味さが舌に残るだけでした。

 この塩化ナトリウムには逸話があって。311震災時に本社から炊き出し部隊が来訪し、炊飯やらなんやら大活躍してくれたんですが、その際に握り飯に使う塩がないとなり、なんとこの分析用の塩化ナトリウムを使ったらしく。
 道理で誰も手をつけない握り飯が大量に残ってると思いましたよ。おいしいわきゃないんです。旧専売公社の食塩よりも不味いに違いなく。

 なんていう具合にですね、忙しくてドタバタしている合間の数十秒にも、バカな実験をしたりする心の余裕がないと、正直やってらんねっす。
 次回は培地の粉に食塩その他を合わせ、クレージーソルトと称して誰かに食わせる実験をしたいと思ってますwww


|
|

« 作りたかったので作図してみた | トップページ | マジでオススメよん »

バカ/モーロク」カテゴリの記事

コメント

Good job!!wwww

投稿: エンゾー | 2011年12月 1日 (木) 15:14

それではネタをひとつ提供させて頂きます。
大豆を持って来まして、水酸化ナトリウム水溶液で煮ます。しばらく煮ると形がなくなりますから、冷まして、pHメータなどで測りながら塩酸で中和します。pH7になりましたらば、はい、お醤油の出来上がりです。
これは口にしても問題ありません。熱を加えたりしない限り、割と普通に醤油です。
注意点としては煮るときにかなりベーパーが出る可能性がありますので、長めに浸け置きをしタ上で、ドラフトの中で緩やかな加熱を心がけて下さい。
因みに大豆の代わりに髪の毛でも同じようなものが作れるらしいのですが、こちらは重金属が多いので口にはしないほうが良いとのことです。

投稿: Toshi | 2011年12月 1日 (木) 17:27

あたしゃ文系技師ですんで、化学の知識なんかなんもないわけです。
だからこそ興味を持って臨める仕事なのですよ。

醤油の材料に毛髪って、前になんかで読んだ記憶が。
たしか歴史上そういう時期があったと記憶しております。
ドラフトは私の担当www

投稿: ビヨ | 2011年12月 1日 (木) 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作りたかったので作図してみた | トップページ | マジでオススメよん »