« とくに意味なし | トップページ | 持ってないと出会う »

よくよく見るとすごい

Xs1_01

 ほほう、そう来ますか。フジ写のXシリーズ第三弾ですね。レンズ一体型の一眼レフスタイルで来ました。

 2/3型センサーといいますから、X10と同じセンサーですかね。これをこのスタイルで出してきたというニュースは、たぶん日本国内的には大きな反響はないのでしょうけど、ヨーロッパでは歓迎されるスタイルらしいのですよ。
 かの国ではセンサーの大きさがどうしたとか、システム的にどうのということより、とにかく使い物になる道具という意識が強いらしくてですね。
 便利なズームレンズが最初からついていて、シロートでもキッチリ写せる点をなにより重視する価値観と聞いております。

 そんなわけで、Xシリーズ第三弾とはいえ、日本国内に限れば需要は小さいでしょうね。むしろ登場が噂されるミラーレス機に関心は向いている状況でしょう。
 オタのくせして、カメラのスタイルよりも使い勝手に興味が向く私は、おそらく日本の平均的価値観よりもは若干西欧寄りなのかもしれませんけれど、使わない焦点域のデカいレンズというのを許せない性格でもありまして。

 24-624mm相当の光学ズームという時点で、すでに自分の撮影感覚が追いつかず、密かにかなりのハイスペックであるこのカメラへの興味は止まったままだったりしますのよ(^^ゞ

|
|

« とくに意味なし | トップページ | 持ってないと出会う »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

おでこのところが「FUJICA」じゃないと駄目ですね。

投稿: ハチロク | 2011年11月27日 (日) 18:39

ちょw 的確なご意見すぎますwww

投稿: ビヨ | 2011年11月27日 (日) 19:15

X-S1、僕もけっこう評価してるんですよ(^^;;
子供の運動会の写真とかを撮る、従兄弟から
相談を受けていたので、こいつを勧めようかと
思ってます。

投稿: Kizao | 2011年11月27日 (日) 19:44

この前発表を見て、「もはや一眼にしか見えない。
一昔前で言うネオ一眼って言うやつがココまで
深化(進化)したのか」と思いました。
けっこう望遠ができる、こういう形のレンズ一体型の
カメラ、意外と各社から出てるんですよね、いまだに
というか。コンデジあんまり売れないとか、
時代はミラーレスだとか言われてるのに各社から
発売されてるんで、わざわざ開発リソ-ス使って
るんだから、けっこう需要あるのかと思って
ましたが、お話のとおり欧州でけっこう人気と
いうのは最近ネットでかかれているのを見かけ
ましたね。カメラというか、「道具」に対する
欧州の考え方が日本とは違うんだなーと感じます。

投稿: hk | 2011年11月27日 (日) 21:15

凄い焦点距離ですなぁ。
24ミリから600ミリ超なんて・・
我が家のレンズを全てカバーしてしまいますなぁ。
これで良ければ普通の人には過ぎたカメラでしょ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2011年11月27日 (日) 21:28

X10と同じセンサーということは、映像エンジンも同じかもしんないと考えますと、
Jpegの撮って出しだとどんなもんでしょ。などと心配。
世間的にわかりやすい撮って出しはキヤノンなんだべな、と私は思ってます。

レンズ交換でセンサーにゴミがつくなら、一体型でええやんとか。
かつての銀塩ブリッジカメラも、欧州ではかなり売れたらしいですよ。
日本とは別の意味でのオールインワンに対する需要があるんでしょうね。
 
24-600mm。我が家はもう300mmの単焦点で終了w
ただ山岳フォトなんかには、けっこう強力な機材と思いまして。
カメラ単体としては少しくらい重くて大きくても、総合的に見て
一眼レフで同程度の機材を運ぶと考えますと、
こういったカメラの意味もあると思うんです。

投稿: ビヨ | 2011年11月28日 (月) 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とくに意味なし | トップページ | 持ってないと出会う »