« その後の18-125mm | トップページ | 「節電の冬」 »

かっこいいよねえGX1

Dmc_gx1_1

 出ましたねえ。GX1。あたしゃ某機で痛い目に遭ってから、パナ機には手を出そうと思わなくなりましたけど、このシリーズは密かに注目し続けてます。

Pana_gf1_1

Gf2_1

Dmc_gf3_1

 GF3に至っては、世界最小を目指す余りか、別の会社のデザインみたいに丸くなっちゃいましたけども、初代のGF1に戻ったかのようなGX1のデザインに、ちょっと惹かれますネ。
 ものすごくAFが速いとか、部材に気を使ったりと、こだわり派に売りたい感じ。初代GF1がアドアマ層からプロに売れたのを彷彿とさせるような、そんな販売戦略があるとか。

 ああ、形がいいなーと思ってるだけで、私は買いませんよ。光学ファインダーを搭載しない本気カメラはあり得ないと考える古いタイプでして(^^ゞ
 本気カメラになりかねない写りのシグマDPシリーズでさえ、背面液晶を頼って使うスタイルにはどうも慣れることができず。

Img_4628_2

 かといってホットシューに載せる外部光学ファインダーも、なんか違うんだよなぁ。アクセサリー遊びとしてはおもしろいと承知していますが。
 銀塩の頃でさえ、レンジファインダー機に漂う良い意味でのアバウトさを評価していた私であっても、外部ファインダーはどうもフィットしなくて困ってましたからねえ。

 カメラのホールドという観点からも、光学ファインダーでしっかりと構えたいのですよ。なんぼ手ブレ補正機能がカメラに搭載される世の中だとしても、しょせん機械が補正する事なので、ユーザー側で手ブレの要素を排除するのは当たり前のことかと思うんです。

|
|

« その後の18-125mm | トップページ | 「節電の冬」 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後の18-125mm | トップページ | 「節電の冬」 »