« 密かに困ってます | トップページ | お待たせ »

母艦は快調です

 Lunascapeから徐々にFirefoxへ移行しようかと画策中。しばらくは併用の予定。

 久しぶりにその後の我が母艦について書きましょうか。

Img_0033_2

 CPU : AMD Athlon2 X4 645 (3.1GHz)
 M/B : GIGABYTE 785GMT-USB3 (785G SB710)
 MEMORY : DDR3 2GB*4
 DRIVE : SSD60GB + HDD500GB + RAID#1 1.5TB
 G/B : Radeon HD5750 (512MB)
 OS : Windows7 PRO64

 というような按配。これに光学ドライブ2連装と水冷CPUクーラーって感じです。贅沢なパーツはなんも使用せず、割高感があるのはSSDくらいのもの。
 前の構成からの使い回しが多く、かなりリーズナブルな構成ながら、現状で困る場面は皆無。オーバークロックもやめちゃいました。やらなくても十分なので。

Img_0021_2

 AMD化した時に導入した安い水冷クーラーが、一番「当たり」だったような気がしています。\4,700だったかな。ラインナップでは最安のものらしいんですが、十分冷えてます。
 OS起動時に35℃くらいになるみたいですけれど、普段は19~20℃で推移してますけん。これ夏場でもそんな温度でした。壊れてるんでないかと思うくらいのCPU温度w
 この水冷クーラー導入のため、ファンが4つもついてたPCケースから、背面ファンを撤去してそこへラジエーターを設置しましたし、外板と干渉して騒音が出ていたCPU裏面用ファンを停止させて、それでも十分に冷えてます。たいしたもんです。

 SSDについては導入後9ヶ月が過ぎていますが問題なし。月に1~2度はデフラグを走らせています。
 SSDへデフラグを走らせることについては賛否両論ながら、OS起動時に明らかに遅くなってきた際にデフラグしてます。使っているのはフリーソフトですが。

 外付けのRAID#1については、e-SATAとUSB2.0のいずれかでPC本体と接続できるんですが、一時的にキャンセルしてたe-SATAに最近戻しました。
 以前のM/Bではe-SATAが不安定になることがあり、そんなに大きなデータを移したりはしませんでしたんで、確実なUSBで十分と思っていたのですよ。
 でもEOS60Dを導入してから、RAWデータがけっこう大きく、転送に時間がかかるUSBからe-SATAへ戻したわけです。ただしe-SATAで繋いでいるとOS起動時に時間がかかります。ドライバーの読み込みですかね。

 今後はもしかしたらCPUを6コアにしようかとか、その程度の物欲で。AMDも新しいソケットへ移行する気配で、またしても古いCPUソケットユーザーになってしまったかと思わなくもありませんが、インテルほど簡単に旧ソケットユーザーを捨てないAMDですんでね。
 AMDのCPUへ切り替えて困ってることは、なんもないっす。むしろ無意味に入れてたバーチャルCDソフトを使っていないおかげか、ソフトのインストールは前よりスムーズw

 しばらくは戦えそうな構成ですんで。あとはケースのコンパクト化ですかね。フルのATXではなくマイクロATXへの移行を以前から考えてますのよ。

|
|

« 密かに困ってます | トップページ | お待たせ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 密かに困ってます | トップページ | お待たせ »