« 物欲大王 その1 | トップページ | 物欲大王 その3 »

物欲大王 その2

 すっかり銀塩は「究極の楽しみのため」という状態にある私としては、デジタルをメインとせざるを得ないわけですが。
 かといって銀塩へ未練を残しつつ、なんとか世の流れについていこうという感じですんで、デジタルにどっぷりかというと、そんなわけでもなく。

Eos60d_1

 60Dを調達したのも、最新型のキスデジがどうにも気に入らなく、かつ予算を少しだけ上乗せしたら買えちゃうというお買い得感に流されただけに過ぎません。
 KX5の物足りなさをちょっとの予算でカバーできるというだけの損得勘定ですね。私は正直エントリー機で十分の人になってしまいましたので、無理をして高価な機材を必要としてはいません。

 いや、60Dでさえ個人的には大出費でしたよ。重視したのは「撮り続ける気になる装備」、もしくは「撮り続けることに意味を見出している自分へ最低限の装備を与える」でしてね。デジタル機の中での至高を考えてるわけがありません。
 そんな感じで、贅沢しないようにデジタル環境を最低限のラインで整えてるつもりだった自分。ふと気がつくと、突撃する気になる機材が60Dしかないのですw

 60D、DP2、S90と並べられて、とりあえずオールマイティなのが60Dで、常時携帯機でなんとか結果を残そうとするとS90って感じ。しかもなんだかレンズ繰り出しが怪しくなってるS90w
 DP2はコダクローム25を装填して覚悟の上で散歩に出かける状態に近く、マイティからは遠い存在ですな。
 次点でWBの怪しいGRD2。愛用していた900ISは、若親方の仕事用として貸し出してますし。残るはパワショG3にニコンE5000っていう、意外にビヨさんはデジタル化してないんです(^^;

 一眼レフのようなフル装備でなくても突撃する気になれるデジタル機がありませんでね。と言い訳すると、欲しがるのは一択。

X100_001

 これしかないっすよね(^^ゞ

 家電店の店頭でいじくり回し、この手触りはいいよなーとシミジミ堪能し、いわゆるカタマリ感ですか、手の中に収まってる道具っぽい重量感がね、なかなか自己満足なのです。
 欲を言うなら28mm相当のレンズであってほしいし(海外の需要からすると35mm域で正解だとは思いますが)、黒ボディが欲しいとはいうものの、35mm相当のシルバーボディという地味さがまた魅力。

 でもねー、なかなか安くなんないっすよね。この調子では零細カメラマンが手を出せる価格にはなりそうもなく。

 それを承知で欲しがってみると。欲しがってるだけー、というやつですね。こうやって物欲がどうのと書いてる時点で、真面目に買う気はまだないのですねwww

|
|

« 物欲大王 その1 | トップページ | 物欲大王 その3 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物欲大王 その1 | トップページ | 物欲大王 その3 »