« いろいろ難しいネ | トップページ | お知らせ »

ジョッキー

 買ったつもりの馬、レッドロブレス号が、先週の土曜、新潟新馬戦1600m芝でレースデビューしていたことを、今日知りました。
 買った「つもり」ではなかなかリアルタイムに状況を知ろうとは思わなく、熱心さに欠けます(^^ゞ

 そのレッドロブレス。18頭立ての一番人気でっせ。そうでしょうそうでしょう。私が目をつけた馬は良さそうに見えるでしょ? ところが、道中8-8と中団を進み、12着とは。
 デビュー戦でレース慣れしていないのか、それとも1枠1番という最内枠が祟ったか。次走も凡走するようなら、ちょっと寂しい気分になってきますねえ・・・。

 競馬といえば。地味にリアルな内容に好感を持った競馬小説がこちら。

Img_0080_2

 集英社文庫の「ジョッキー」。作者はスポーツ系の作品が多い松樹剛史。

 スタージョッキーではなく、地味なフリー騎手が主人公。同じく乗る馬も地味な馬ばかり。そんな彼が偶然に出会った一頭の馬と、それを取り巻く人々が話の大きな流れになっており、そこへ登場人物の様々な個性が噛み合い、失踪した先輩騎手が大きな存在として物語の底辺を常に流れているという。

 競馬に詳しくない人であってもスルリと読めると思います。ちなみに、第14回小説すばる新人賞受賞作。

|
|

« いろいろ難しいネ | トップページ | お知らせ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろ難しいネ | トップページ | お知らせ »