« いつもすまん | トップページ | 望遠側はこれでいいかな »

花火ですよ

 わはは。GXRのモニターが当たるわきゃないね。「リコーさんの姿勢に疑問」とか前に書いたことあるもんねwww
 しかも、GR BLOGで出てる作例が、モロに私が使おうとしていたレンズじゃありませんか。ええ、コシレンの15mmと25mmは是非試したいと思っていたところで。

 ノクトン50mmとロッコール40mmも試したいなぁ。おっと75mmもあるんだよ。ヘキサノン28mmとかペンタックス43mmなど、もう我が家のライカマウント総動員www

 話は変わりまして。

Bnr_nippon

 いよいよ大曲の花火。昨年の異常な人気とは裏腹に、今年は震災と福一の影響があって、実は桟敷のチケットが大暴落しているらしいっすよ。
 例年ならヤフオクに横流しされて、定価の10倍以上の価格で取引されてたりしますからねえ。今年はなかなかチケットを入手できなかった人にとってチャンスかもしんねーですよ。

 ええ、私はキッチリとゲットしております。それも桟敷列のうちの一番前で、かつその桟敷の先頭みたいです。
 というのも、桟敷席というのは、鉄パイプで組まれた舞台になってまして、それが何列か並んでいて、ひとつの桟敷は縦5席が並んでるんです。

Img_3208_2

 各舞台はそれぞれ高低差がつけられていて、後ろへ行くほど高くなっており、不公平感がないような工夫はされてます。
 花火も近けりゃいいというものでもなく、近いとかなり上を見上げる形になりますんで、首が疲れます。小雨なんか降ったら顔に当たりますしねえ。

 とはいえ、興奮して立ち上がる人なんかいますんで、桟敷列の前後はともかく、桟敷内の縦5列の前のほうがストレスは少ないかもです。
 ただメンバーにションベンが近い人がいたりしますと、桟敷の昇降口は後方に設置されてますから、移動距離が長くなって面倒かも。

 チケットの番号を見れば、5列のうちの5分のいくつかはすぐわかるわけで。下一桁の番号で5列のうちのどこかは推測がつきます。会場のセンターからはズレている場所ながら、かなりいい席を引いたようで。でも実は一人桟敷なんですよお。
 昨年はあまりの人気に桟敷をゲットできず、前日から現地入りしたりするなら一人のほうが行動は楽なので、ソロ野営スタイルを選択したわけですが、今年もどうやらそうなりそうな感じ。

 ええ、いいんです。贅沢に桟敷を占拠してるのを必ず後ろ指差す輩はいますし、あの感動は独り占めするより分かち合うほうが絶対にいいんですけれど、これからの人生、こういったことが繰り返されるのでしょうから、今から慣れておこうとwww

|
|

« いつもすまん | トップページ | 望遠側はこれでいいかな »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつもすまん | トップページ | 望遠側はこれでいいかな »