« (再録) コシナ フォクトレンダー BESSA-L | トップページ | お盆進行 »

ちょっとだけよん

 このところデジタル機材ネタを中心にして終始しておりまして、他のネタを期待してらっしゃる読者さんにはあいすみません。
 早ければ来週末。遅くても9月には野営へ出ますけん。もう少々お待ちくださいまし。

Img_3195_3

 というわけで、60D用のフォーカシングスクリーンを、地元某チェーン店へ発注しておりました。小物なのでポチる手間を省きました(^^ゞ

 以前から画面の水平が取れない病の私としましては、できればスクリーンは方眼マットを使いたいところですし、デジタル機の背面液晶へグリットラインを表示できるのなら越したことはなく、リコーさんの電子水平儀には感涙だったわけですよ。
 若かりし頃の交通事故で右手首と右肘をおかしくしてしまい、脳の記憶と身体の動きがマッチしなくて水平に構えられないだけならまだしも、最近じゃ視神経がおかしくなってるんじゃないかと自分で疑いたくなるくらい水平が取れませんwww

 とはいえ。AF一眼レフの方眼マットは、まず測距点表示が優先されますんで、完全な方眼表示にはならなく。測距点なんかセンター1点しか使わねーっつうのに。
 もうね、つくづくキヤノン旧F-1の方眼マットが懐かしく。暗めのスクリーンなのに、抜群にピントが合わせやすくて。AF化で、ああいった素晴しいスクリーンには出会えなくなりましたな・・・。

 でも方眼のラインが少しだけでもあってくれて、水平を取るのは楽そうです@60D。このスクリーンだけ一括で注文できなく、最初から装備するつもりであったし、その前提で60Dというのもあるんです。KDXじゃスクリーン交換できませんからね。

 それにしてもスクリーンのちっちぇこと。APS-Cってのは、こんなに小さいセンサーなんですなぁ。

|
|

« (再録) コシナ フォクトレンダー BESSA-L | トップページ | お盆進行 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (再録) コシナ フォクトレンダー BESSA-L | トップページ | お盆進行 »