« やっぱり選べませんwww | トップページ | しつこいw »

銀河2号 その後

Img_3193_2

 銀河2号のその後。

 世間でよく言われるように、スマフォっつーのはバッテリー節約がキモですな。いかに無駄にバッテリーを消費させないかという。

 私がいまひとつスマフォに手を出そうとしなかった最大の理由が、バッテリー消費の多さっつーか、ようはバッテリー連続持続時間ですね、これが気になっていたというのは繰り返し書いてましたが。
 いちおー天災には対応しなければならない立場としては、携帯電話のバッテリーが切れてて連絡できません、じゃ通らないのですよ。圏外にいたのならともかく。
 また、山の中でテント張って一泊して、翌朝にはバッテリー残がゼロってのも、趣味的につまらん話ですしねえ。

 そういった意味で、新しいモノ好きが多い田舎である当地でも、物好きが手を出した観の強いiPhoneだったりしましてね。
 もちろんソフバの電波カバー率の低さもありますが、バッテリーが持たないというのは、田舎暮らしに合わないのですよ。

Img_3026_2

 で、私は最初からこのサブバッテリーを調達してみたのでしたが、このサブバッテリーは本体側へ充電をかける仕組みになってまして、バッテリー並列搭載という意味ではないんですな。
 サブバッテリーを装着したままでも使用できますけど、充電状態になると本体側が省電力モードをキャンセルしちゃい、つけっ放しだと本体単独の場合とあまり持続時間が変わらなくなるんです。正確に時間を計測したわけじゃなく、感覚的な話ですが。

 つまりサブバッテリーは急速充電器状態なわけでしてね。購入前に頭の中で描いていた使い方はできないみたい。
 けれど救いなのは、他のスマフォよりカタログスペックでバッテリー持続時間が上なだけあって、本体だけでもけっこう長く使えるんですよ。いじらないで放置していて、夜には残30%とかですから。いじらなきゃ問題ないっすね。いじるんですけどw

 普段の平日なら、仕事の合間にいじり倒してて、午後には半分くらいになっちゃいますんで、サブバッテリーを装着して1時間弱の充電状態に。
 本体はめっちゃ熱くなります。もちろん100%の充電には戻りませんけど。午後もそれなりにいじってて、会社の帰りには残30%くらい。そんな感じ。

 Wi-fiは基本的に手動でON/OFFすることにし、忘れていれば30分以内に勝手に接続してもらって。無線LANポイントを検索してもらわないようにですね。
 GPSも常時OFF。あって便利なことはありますが、常時ONである必要はまったくありませんので、使う時だけON。
 画面が暗めの銀河2号ながら、画面バックライトコントロールは自動に戻しました。慣れたらあまり明るくなくても普通に使えますから。

 これだけでも、けっこうバッテリーの減りは少なくなることに驚きました。調べますと、バッテリー消費の半分以上は画面表示で使われてますから、バックライト照度や表示時間の調整は意味がありそうです。
 表示時間は、私は逆に長くしてあります。ちょっとぼんやりしているうちに画面が消えて、ロック状態になってしまうので(^^ゞ

Img_0136_2

 私は銀河2号しか使ったことがなく、古い携帯電話のモタモタした動きしか知らないのですけど、iPhoneユーザーの方に言わせますと、銀河2号はめちゃめちゃ動作が速く見えるそうです。
 動作そのものも速いし、たいてい電波が高速モードの環境で動いてますんで、それも速く動いているように見える要因のようですネ。

 ただアプリは絶対にiPhoneのほうがおもしろいの揃ってると個人的には思ってますが。

|
|

« やっぱり選べませんwww | トップページ | しつこいw »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり選べませんwww | トップページ | しつこいw »