« 仙台 (4) | トップページ | 仙台 (銀河2号内蔵カメラ) »

ご報告

 状況を細かく説明せよというリクエストがありましたので。

 (1) 稼働中の母艦がいきなりダウン。この時点では原因不明。
 (2) 出費が少なくて済む電源が犯人だといいな、という希望的観測から電源換装。
 (3) 電源を取り替えても状況は変わらず、犯人はCPUかマザボか。
 (4) ケース内冷却に難があることを発見。致命的ではないものの、影響はあるだろうという感じ。
 (5) 予定より半年早いものの、マザボの交換を決意。
 (6) 夏ボ目当てのセット品がPCパーツ屋さんの店頭に数種ある中から、悩んだ挙句に出費を抑える目的からAMDのAthlon2×4を基幹とする組み合わせをチョイス。
 (7) セットのマザボがMSIの880GM-E41で、こいつが難物中の難物。起動する度に挙動が違ってて。
 (8) USBメモリを買ってきて、880GM-E41のBIOSアップデートを実施。挙動は安定したものの、OSブート画面まで行き着けないのは変わらず。
 (9) もしやと思って空のHDDを使用してXPでクリーンイストールしようと意図するものの、XPでさえブート不可。
 (10) この時点でマザボへ疑問を抱き、せっかく買ったAthlon2×4(Athlon645)を生かすべく、AMDベースのマザボを新規購入。
 (11) 勝手知ったるGigabyteの売れ残りを発見。AMDを使うのに今さら785Gはなかろうと思いつつ、枯れた仕様であることを重視して調達。
 (12) 驚くほど簡単にOSのブート画面が表示。
 (13) 面倒なのでOSはクリーンインストール。SSDをシステムドライブとしていたため、データドライブはそのまんま生きていて、クリーンインストールの割りにダメージは最小限。

 以上のような感じで推移しました。以前はちゃんと反映されていたのに、なんで今回はシカトしてやがんだよ?と感じる部分も多少あります。マザボで使ってるコントローラの違いとかですかね。

 チープに組んだ環境なんで、しょうがないかと感じさせてくれる組み合わせ。コストパフォーマンス重視でいきますと、多少の不都合には目をつぶりまっせw

 4コアのパワーを目の当たりにできるシーンは、私の環境では少なく、結局はクロックアップしてしまってます。3.1→3.5GHzで。けれど水冷導入の恩恵か、CPU温度が21℃とか、ありえへんwww

Img_0042_2

|
|

« 仙台 (4) | トップページ | 仙台 (銀河2号内蔵カメラ) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台 (4) | トップページ | 仙台 (銀河2号内蔵カメラ) »