« 仙台 (番外編) | トップページ | 草刈りしてきました »

FXについて

Img_3178_2

 ちょこっと触れておきましょうか。FXとして調達した60Dについて。

 今回のFX計画は、要点がふたつ。意外に自分の使い方にデジタル一眼レフは合っていて、手元に常備機がないと不便であること。そして、どうせKDXがそのうち帰ってくるのだけど、あえてKDXよりショボい機種を選ぶ必要も今回はあるまい、という2点。
 かといって本命に走るほど予算を奢るつもりはまったくなし。今でも本命はシグマSD1ですからなぁ。70万をポンと出せるような暮らしはしていない、というだけのこと。

 私がカメラに関して「初心者向き」だの「アドアマ向き」なんていう世評をまったく無視しているのは、長い読者さんならご存知のことと思います。
 その理由に、デジタルも銀塩も問わず、キヤノンの高級機は意外にヤワでして。メンテに出してやると、以前よりひどくなって戻ってくるという体験を何度も繰り返していることと、中級機に当たりクジがあることがキヤノンの場合多いと。

 たまたま私が体験した範囲だけなのかもしれませんが、高級機はヤワ。普及機はハズレを引くと目を当てられず、中級機はメンテなんかしなくてもガンガン動いて丈夫。かつ精度を求めないなら、軽い分だけ高級機より機動性で勝る中級機。そんな個人的法則。

Eost5dmk2_1

 いや、EOS5Dも考えましたよ。買いそうでした。けれどフルサイズなのに低いそのファインダー倍率は上級機との差別?と気がついたら、ああ俺はそこまで無理をした贅沢はいらんと即断。
 もーせっかく光学ファインダーがあるのに、その小さな視野はなんなんだよ!というストレスを、デジタル一眼レフ初期から抱いてきてしまってるんで、あえて一眼レフのメリットを捨ててまでのフルサイズっつーのは、ちょいと納得がいかないのでした。

 このへんはね、原版の大きさを取るか、使いやすさを取るかという、135サイズの銀塩一眼レフというものがこの世に売り出されてから、繰り返されてるネタではあるんですけどもネ・・・。

X50_1

 で、最初はX50で十分と思ってたんです。いささか間抜けな柔らかいラインで構成されたボディは、いかにも初心者やファミリー向けじゃないですか。スナッパーの本性を隠すには都合が良く。
 店頭で現物を手にしたら、軽いくせにキビキビ動き、KDXを使っていた身には「これで十分じゃねえの?」と思わせてくれる感じ。価格的にもバーゲンですな。

 でもねー、連写速度の物足りなさに閉口。なにもレースやスポーツを撮ろうってんじゃありませんけれど、単なる街撮りであっても、ガッツリ構えて連写しまくるシーンというのは、とくにイベント系ではよくあること。RAW撮りで秒2コマもいけないってのはねえ。
 数値的にどのくらいなら自分が納得いくかは自覚しちょりません。経験的なとこでは秒3コマ以上ですか。銀塩もデジタルRAWも。そんくらいの速度は欲しく。

 ということでX50をボツ。次はキスデジクラス。ところが私、痩せてる貧弱体系のくせに手が大きいんですな。X50なら安さで我慢しちゃうものの、できれば縦位置グリップっつーか、延長グリップが欲しく。
 ところがですね、現行のKX4もKX5も、延長グリップを装着した姿が間抜けすぎ。

Kx5_1

 いや間抜けなカメラのフォルムってのはスナッパーとして重要な要素ではありますが、一眼レフというだけで、普通は周囲のギャラリーが身構えますな。ましてや延長グリップを装着していては、もう高級機とか低級機とかそういう話ではなく、周囲を威圧してしまいます。
 かつ、それでいて間抜けなフォルムってのはどうかと。とことん丸っこいX50をチビけたズームレンズで使ってるのとは、いささか周囲への威圧感が違うのですよ。

 うーむ、と考えてると、EOS60Dのボディが意外に安いじゃないですか。必要なものを最低限揃えても、KDXへ投資した初期価格と変わらず。
 KX5を買う価格にちょっとだけ載せれば買えちゃいます。ああ、こりゃEOS60Dでいいやと、かなり早い時点で気がつき。

7d_001

 いちおーEOS7Dも店頭で確かめてはみたんですが。決して手の感触は良くなかったんです。手だけではなく視覚的にも。私の手と目には、60Dより上乗せした予算は伝わって来なかったんですよね。
 手元にたくさんあるキヤノンレンズを、今回は決別せずに使い続けることにし、かつキヤノンへ決別したとしても使い続けられそうな。そんな選択の落としどころがEOS60Dだったということで。

 店頭で手にした時には「たいして重くもねえじゃん?」と感じたものの、バッテリーグリップとレンズを装着すると、やはりKDXより重いw(当たり前)
 しかもボディが大きく、愛用のドンケF-3Xに入りづらいんですなー。あまりの酷使具合に貧乏臭くなってるF-3Xを、もうちょっと大きなバックに換えようとか、不埒な考えがw

 レンズは、笑われるのを覚悟でまた同じメーカーの同じ焦点距離。どう考えても28-105mm相当の3倍ズームは譲れない最低範囲であり、広角側でF2.8はキープしておいてほしいと思えば、このレンズしかないんです。

 ただ前のものとは違って手ブレ補正ユニットが入ってます。「OS」というやつですね。以前に某社の手ブレ補正ユニットで「なくても変わらないじゃんw」と感じたこともあり、基本的には頼りにしてはおらず、OS仕様しか市場にないので買い求めた次第。
 いやー、画質が変わってますね。ちゃんとした撮影テストをせず、部屋の中でコンデジ同様のもったいない使い方をしての話ですけど。

Img_0033_2

 近距離でのボケが劇的に乱れております。OS無しではこんなに乱れなかったのに。

|
|

« 仙台 (番外編) | トップページ | 草刈りしてきました »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ。
おっしゃるほど汚いボケとは思いませんが?

投稿: Kizao | 2011年7月29日 (金) 22:13

背景が二線ボケみたいな感じでウルウルしてましてねえ。
もっときれいにボケてたよなぁ?なんて思うんです。

投稿: ビヨ | 2011年7月30日 (土) 05:20

7Dはビヨさんのでっかい手でもしっくり来ませんでしたか。エンゾーのような小さい手にも合わないので、形状の落とし所が悪いんでしょうね。

それにしても、いつかはキャノンのデジイチを買うだろうと思い込んでいたのが、もうすっかり遠い日のことになってしまいましたよ。フルサイズ機にも興味がなくなっちまったというか。今のK-5位の大きさでフルサイズだったら、全く話は違うんですけどね…。

投稿: エンゾー | 2011年7月31日 (日) 19:56

グリップの大きさというより、ボディ背面の顔への当たりが
気に入らなかったのかもしれません。
60Dもそこそこ大きく。50Dはもっと重かったといいますから、
けっこうな存在感のカメラですよね。
軽いレンズと組み合わせて撮るなら、KDXくらいの重さが
ちょうど良かったような気がしてます。
60Dは1カットあたりのデータ量が大きいし。
転送に時間がかかります('A`)

投稿: ビヨ | 2011年7月31日 (日) 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台 (番外編) | トップページ | 草刈りしてきました »