« 飲み歩く男 | トップページ | 嗚呼 無駄遣い »

そっか、廃番だっけか

 HDMIケーブルって高いっすね。高価なものでも安物でも品質にほとんど差がないという話しなので、ホムセンに行ってみたんですが。モノのわりにけっこうな出費じゃのう。

 さて、一度書いた話題ながら、項を改めて再度。

Img_0063_2

 おそらくソロ用の国産コッヘルで最強ではないかと個人的に考えている、ユニフレームのスクエアコッヘル3。

 1.0Lと0.6Lのダブルに、フッ素加工したフライパンがセット。コッヘルにはそれぞれフタが添付。つまり、0.6Lで飯を1合炊き、具沢山の汁を1.0Lで。んでフライパンでなにかしら炒め物とかのオカズが作れ、ソロ用の1食分として完成されている気がするのです。
 もちろん具沢山の汁でなくても、具沢山インスタントラーメンでもよろしく。角型コッヘルはインスタントラーメンをそのまま入れられる強みがありますのでね。

147

 けれど。基本的に手抜き調理スタイルの私は、前夜に作ったものに、具を足したりなんだりしながら、なんだかんだで翌朝も食っているパターンなので、1食完結型のセットは私の使い方に合っていないと判明w
 ソロ用は小さくまとまることが魅力なのですが、そのミニマムの魅力が自分のスタイルに合っていないというのは悲しいっす。

Img_1242_2

 つい数年前までこれだけで十分であった、トランギアのメスキット。実に使いやすく無敵だったのだなぁと、今さらながらに感心いたしますよ。

Messkit_2

 日本のソロ系コッヘルに比べたら大ぶりで、かつビリーコッヘルのようなポットにフライパン、そしてアルミの皿のみという、かなり潔い仕様。
 日本のショップでは2人用として紹介されていることが多いのですが、実に私のようなモノグサスタイルにはピッタリのサイズ。フライパンだって、あんまり小さいと応用が利かねっすからねー。

 コッヘルはツルの頂部に凹みがつけられ、吊るして使うことも考慮されており、フライパンの折れた柄も、角度的によく考えられており、直線の柄のものよりずっと使いやすいっす。同じトランギアの直線柄は使いにくくてすぐ暴れるんですよねー。

Img_1109_2_2

 こうして円形マナイタとか小さなボウルなんかを追加しておきますと、たいそう使い勝手がよろしくなります。

 多少嵩張るというものの、私には最高のコッヘルだったのだなー。ダメにしてしまったフライパンだけってのもアレだから、またメスキット買うかぁ!と思っても、どうやら廃番っぽく。うーむ。コッヘルだけは売ってるみたいなんだが。

|
|

« 飲み歩く男 | トップページ | 嗚呼 無駄遣い »

アウトドア2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飲み歩く男 | トップページ | 嗚呼 無駄遣い »