« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の25件の記事

野営に行きたいねえ

Img_0912_2

 野営に行きてーなー。

 ここのところ週末になると雨が降っていた当地としては、今週末の天気は珍しくマシなようで。
 思えば昨年は2回しか野営してなかったりして。くるみ台と秋の登米のみ。登米は野営っつーより、拠点が作れなくて野営という手段に出たようなもんでしたが。

 「新緑の獅子ヶ鼻湿原」というのがひとつの目標でもありましたから、もし週末に出かけられるようなら、獅子ヶ鼻を目指してみようかなぁとはぼんやり考えてます。
 相棒は銀塩一眼レフになることでしょう。途中でリバーサル買ってくパターンかと。プロビア選んでみるしか考えてませんが。

| | コメント (0)
|

LB-L201TR

 最近、職場構内で雉を見なくなったと思ったら、卵を温めてる季節なんですな。夫婦交代で温めるんですと。男女共同参画ですなぁ。

 ま、私にはありえへん話でw

0884840273752

 ずっとモバイル機で過ごしてきた私は、最近珍しくデスクトップを母艦にしているんですが、出先で使うモバイル機として初期Atom機をゲットしてからというもの、辛抱=モバイル機状態でストレス溜まりまくりだったんですな。
 かといって母艦がある体制は大変安心感があるものでして、トロい出先専用機でも、901Xの卓越したバッテリー長時間駆動能力で許せたものでしたが。

 なんぼフルSSD機であっても、CPUがトロきゃストレスが溜まるだけなのも事実。なんといってもCドライブが4GB縛りというところが、XPでやりくりしても、すぐ容量に余裕がなくなっちゃうんですね。
 そんなわけで、長時間駆動能力という点ではものすごく優秀な901Xながら、実際には空き容量のやりくりで難儀なのですよ。

 もちろんCドライブをZIF経由でCF化することも考えましたが、そこまでがんばらなくてもいい気がしたりしまして。それで思い切って更新したのですよ。

201_2 

 スペックを出せということですので軽く。

 CPU= Core i3 380UM(1.33GHz)
 チップセット= HM55
 メモリ= PC3 6400動作 4GB
 HDD= 500GB 5400rpm
 ディスプレイ= 11.6型LEDバックライト 1366×768
 USB2.0×3、1000BASE-T、Bluetooth+無線LAN b/g/n、重量1.25kg、バッテリー公称持続時間2.5H

 小型軽量であるという点だけは901Xと共通していますが、用途としては正反対というような感じ。
 カタログスペック重視なら、思い切ってDELLのエイリアンWareという考え方もありますが、ヤツはちとブ厚い筐体で、モバイルという雰囲気ではないので今回はパス。

 気になるのはディスプレイ。色再現やらなんやらの描画のクセだけは、カタログスペックじゃ判別できませんからなぁ。

| | コメント (3)
|

無駄遣いか?

 ゆうべは飲みに行って、ちょっと騒ぎすぎました(^^ゞ

 たぶん農村へ行くと思うんですが。リカバリしちゃった901Xを、また最低限の状態を作るのもかったるいっす。来週になれば話は違うのにー。

201_l

 ポチりました(^^ゞ

 後先を考えないでポチったような気はしますが。今後予定している装備とアレコレとカブりそうな気はするんですよ。

 まぁいっか。ポチっちまったもんはしょうがあんめいw

| | コメント (8)
|

モチベーションの維持について

 前回の枕話を引きずっちゃうけれど。原発の新規建設にこだわる長老派議員さんが多いというのは、それだけ自分らに利益があるからなのでしょうけれど、国民の意識とのズレは目を覆うばかり。震災から学びなさいよって感じ。

 発電手段の小規模分散化が今後進められるべきだと思うんですよ。大規模な発電所の集中建設の結果が、震災後の一斉停電を招いちゃってるわけで、発電手段の如何に関わらず、発電所の分散配置はライフライン維持の観点から重要ですがな。
 まあ分散配置を進めるとなれば、小規模発電所ということになり、必然的に原子力からは離れるとは思うんですけどもネ。

 秋田県は自然力発電の先進県ということらしいですな。住んでいながら知りませんでしたがw
 地熱発電所は私が子供の頃からプラントがありましたし、ここ何年かで海沿いには風車がたくさん並びました。
 ほかにも小規模水力発電、すなわち農業用水路を利用した水車的な発電手段はなんぼでも作る余地があります。太陽光発電は雪国ですから補助手段にしかならないでしょうけど。

 ここまで書いておきながら、専門知識がないので話題を変えますが(^^;

 デジタル一眼レフが手元にない不便さを、銀塩一眼レフでカバーすりゃいいじゃん。そんな結論を出してみたものの、実はこれが実際にはなかなか問題がありましてね。なんといっても現像納期の長さ。これに尽きます。
 以前なら最速で即日。夕方に持ち込んでも翌日には引き上げることができました。それが中3日だの中5日と長くなってくると、撮影時の手応えやら興奮なんてものがすっかり薄れた頃になってしまい。
 えー、スキャンして?んでリサイズして?そんなの面倒くせー!ということにもなりかねなく。スキャニングも真面目にやったら時間がかかりますからなぁ。

 その点、デジタル機ならば、スキャナなどのお店を広げずに作業でき、時間的にも分割して手が空いてる時にできます。
 撮影時の感覚が残ってるうちに手をつけられるという点が、個人的には一番大きな要素。田舎の現像ネットワーク体勢では、それがスポイルされることが多いんですなぁ。銀塩を使いたがらなくなった一番の理由はコレなのだと、最近気がついた次第。

X50_1

 いざとなったら、こういう廉価機もあるのだし。アテにならんレンズがセットされてるのなんかいりません。ボディだけで結構。
 延長グリップがつけられない仕様で、搭載センサーも数字的にはショボく、連写に極端に弱いようですが、その他は現行型仕様。5万切って売られてるんなら、かなりのお買い得でしょ。

 は?レンズをどうすんのかって?んー。トキナーの例の広角レンズを常用するか、もう開き直ってペンタコン29mmでいきますわwww

 もー。横浜から届くオモチャは影響力大きすぎですの。

| | コメント (3)
|

初期Atomではもう限界です

 地下原発建設推進の超党派議員連盟とか、なに言ってやがんだと思ったら、錚々たるメンバーなんですなぁ。偉い人らは原発をやめる気ないのね・・・。

 今すぐすべての原発を止められるものではないという認識の私ですが、かといってこのまま続けるわけにもいくまいと思ってます。
 10年も前には、本家で「原発なんかいらねえ!」なんて毒を吐いたりしたものでしたが、個人のショボいサイトで騒いでも意味はないかと、おとなしくしておりました。でも基本的には当時とスタンスは変わっておりません。
 かといって、10年前よりも年を食った分、今すぐ原発をやめるわけにはいかない社会事情ってのも承知できておりますよ。

 原発を地下化すると、トラブった際に埋めてしまえばいいっていう考えが根拠らしいのですけれど、地下水脈に恵まれたこの国土で、地下にヤバいものを埋設するっつーのは自殺行為でしょ。

 福島原発であっても、融けた燃料が地下水脈に接しての水蒸気爆発以外に、地下水へ放射性物質が混入する危険性がありますぜ。
 日本列島の地下には、ごく浅い深度で流れる地下水から、海峡の下を流れる水脈まで、複雑な水の流れがあって、太平洋へ汚染水を放出した惨事などとはレベルがまったく違う「飲料水が確保できません」の可能性が高いのですよ。

 水道水は、いろんな水源があるんです。大都市はその必要量から大河川から取水していることが多いものですが、小規模水道は地下水や湧き水に頼っているところが少なくないのです。

 原発を現状維持にするか、あるいは全廃を目指すか、いずれの考えを示すにせよ、単に原子力や放射性物質の専門家的見地ではなく、自然や国土の成り立ちなども考慮に入れておかないと、また福島第一原発の繰り返しってなことになりまっせ?

 という程度の認識もない人が、偉い議員さんをやっとるのかと、いささかガックリしたのでした。晋ちゃんよ。君はもうこのままおとなしく市井で主張するだけにしておきなさいwww

 という重めの話題を書いておきながら、話は半径2mの話題にシフトw

0884840273752_2

 901Xを調達したのはいつでしたか。過去帳を読み返してみると、2008年の10月期のようですね。出先における暇つぶし用のオモチャと、デジタルカメラのストレージを兼用させて、2年半も使ったかぁ。

 なんぼSSD機とはいえ、初期Atomに初期のSSDで、メモリを2GB奢ってみても、やっぱりトロいものはトロいわけで。
 買っちまったもんはゴイゴイ使う姿勢の私ながら、とうとうCドライブがOSのアップデートすら走れないくらいにパンパン。もう限界なので、生まれて初めてリカバリーDVDを走らせて初期状態へ戻しました(^^;

 とはいえ。たった4GBしかないCドライブじゃ、厳選したアプリケーションに絞ったとしても、いつかまたいっぱいになってしまうのは目に見えてます(デフォルトでアプリケーションは強制的にDドライブへ振られるようになってはいるものの)。

 CドライブはZIFコネクタ経由のSSD仕様なので、今さらなにかイタズラしようとしても高くつきましてなぁ。初期Atomとの組み合わせでは、ストレージを換装したところでたかが知れてんですよ。
 Dドライブを32GBのSSDに換装したりしてオカネはかけたんですけどもねえ。やっぱりAtomじゃ話にならんです。

 というわけで、出先用のモバイル機を新調しようかと思っても、そこそこの機能を要求しちゃうと、もう母艦の性能アップなんか話にならないくらい高くつきまして。
 スマフォを導入することも視野にありますんで、あまりIT方面にオカネをかけたくないというのもありましてね。リカバーした901Xをどこまでも使うには無理があり、かといって投資するには贅沢レベルなのかと悩む日々。

 実は格安の某モバイル機を発見してしまったんですが、CPUが一世代前のCore i3。んで1.33GHzなんですね。
 一世代前とはいえ、母艦のE6500に比べたら立派なi3。母艦は純粋に2スレッド処理なのに、i3は4スレッド処理ですから。んで4GBのメモリを積んだ64bit機となればねえ。

 901Xは、長いバッテリー駆動時間を生かし、野営の孤独を慰めることに特化してもらおうかなぁ、なんて考えてマス(^^ゞ


| | コメント (2)
|

やはり

 かれこれ@NIFTYカードは10年以上使ってきてるんですが。なんでまた「まだカードをお持ちでない方へのご案内」として「NIFTY cardのご案内」が届くのか、さっぱり理解できまへん。

 そのへんの間の抜け方というか、ユーザーの気持ちを逆撫でするのが好きというか、やり方が全然変わりまへんなー。大変にNIFTYらしいです(^^;

 こういった逆撫でしてることにまったく気がついていない姿勢というのは、某キヤノンもそういうところがありますし、某ソニーもそう。
 しっかりとした客対応を育てないままに大きくなってしまったか、あるいは人の繋がりが重視されていた商習慣時代を経験していないというか、うまく表現できませんが、そういうことなのかと個人的に感じておりますよ。

 話は変わりまして。

 金曜の午後から体調を崩し、そのままほぼ寝たきりの土日に加え、月曜まで休んでしまった体調不良に関し、職場の対人ストレスではないかとツイ友さんからご指摘いただきましたよ。
 神経性の大腸炎みたいなのは存在するらしいですからねえ。って、過去になったことはありませんけれど(^^;

 単に疲れてるところに軽い風邪が重なったのだろうと自己診断はしておりますが、確かに対人環境がそんなによろしい職場とはいえないところはありますわ。

 というわけで、なんとなくネットを見てたら、「パワハラ」やら「クラッシャー上司」など、キーワードが出てくる出てくるw
 それぞれについて読んでみますと、もちろんすべてではありませんが、私の職場そのままという箇所がけっこうありまして。そうか、世間的に見たらやっぱり異常な職場環境だったのかと納得しました。

 それでも古い人の話を聞いてましたら、ここ10年くらいでかなりマシになったらしいです。以前はシャレにならないくらいに荒んだ職場だったらしいですからなぁ。
 今のお偉いさんらが経験してきたことを下へ引き継ぎ、親方クラスが下へ実践してるっていうわけなのかという構図。自分がヤラれてきたからやらない、という親方もいますけどネ。少数派。

 職場のノリに疑問を感じている自分がおかしいのかと思うこともありましたけど、やっぱり理不尽は理不尽に変わりないのかと知って安心w

530e3cd3

| | コメント (2)
|

とくに意味はありません

15819b05

| | コメント (0)
|

寝言 ~ 体調不良につき

 こんなことを書くと怒られるんでしょうが。思想や政治信条以前の話として。

 「沖縄は歴史的に見て中国の領土である。」という主張の国の元首と、仮想敵国として日本をも想定している国の元首が揃って来日し、被災地を見物してるってのは、とても気持ち悪いことだと思うんですが。

 マスコミは「お見舞いしていただいた」なんていう姿勢でいいんですかね。敵対せよ、とまでは言いませんが、彼らの腹の中にあるビジョンを見透かしておかないと、後々面倒なことになりはしませんかね?
 東北に中国マネーが投下され、当然に華僑も進出して来るでしょ。水産物が中国へ直送されたり、田畑や山林を二束三文で買い漁られたりする心配があるのではないですか。

 考えすぎですか、そうですか。

B5d196e9s

| | コメント (2)
|

それはスルーします

 また秋田の県北かよ!という、イジメや村八分に通ずるノリに関する報道が。

 もしかしたら田舎なんてどこもそんなものなのかもしれませんけど、当地においては県北が圧倒的にこの手のネタで露出が多いっす。
 一般的な社会通念より、ローカルな常識、もしくはそのサークル内でしか通用しない掟ってのは、大なり小なり存在するものですが、学校が絡んだ事件が多いところに県北の特徴があるように思えますです。いい大人の教師がやってんですから。ホント、みっともない。

 話は大きく変わりまして。

Sd1_400

 ドーン。実販70万円という伏線を張られ、すっかり気落ちしてる私です。30万円くらいなら無理をしようと思ってたんですが、70万円となりますと、これはもう素直に諦めます。
 冬ボで頭金をブチ込んで、残りは分割という手なら楽に支払えるビジョンはあるものの、それ以前に、70万円のカメラを使う気がありません。
 645Dの圧倒的な画質を承知していても手を出さないのと同じ。あるいはライカMデジタル機を見向きもしない理由もそれ。

 ロクなもんを撮ってないのは自分でよく承知してまして、10万くらいのカメラでも分不相応な気持ちになることがあります。普及コンパクト機で喜んでられるってのは、そういうメンタリティが大きく影響しております。
 だいたい、最近はめったに撮りません。なおさら高価なカメラなんざ私には贅沢品なわけですよ。

 というような購買欲が萎むモードへ一気に転換した私は、DP1Xもたぶんスルー。やっぱりDP2とダブりますわ。28mm相当で撮りたいなら、DP2と差をつけてS90とか銀塩機を使えばいいのです。
 ただ、SD15だけは、ちょっとキープかな。たぶん改良機が出そうな気はするんですけど、今のSD15はお安いので。冒険してもいい気がしないでもありません。まだしばらく検討。

| | コメント (3)
|

そうだ 銀塩に行こう

Img_1673_2

 そうか!と気がついてみれば簡単なのは、銀塩一眼レフを復活させることですな。いや、考えの中になかったわけではなかったんですが、具体的に使いたいレンズがねえ。

 我が家にある標準系ズームはどれもイマイチ。

Ef28105mm

 EF28-105mm。こいつのコストパフォーマンスはかなりのもので、できれば使いたいとこなのに、初代は海外取材で酷使してズームリングがゴリゴリ。2本目は中のROMが腐ってて使い物にならず。
 よほど3本目を発注しようかと思い悩んでた頃には、もうデジタルシフトを考え始めてましたんでね。

Ef2485mm

 EF24-85mm。APS用標準ズームとして発売されたこいつを、私は135フルでしばらく使ってましたよね。つい昨年まで。
 24mmから使える利便性と、意外にコントラストがしっかりしているところを買ったわけですけども、一度気になりだした歪曲収差がどうにもイヤで。望遠側はやはりもうちょい長いほうがスナップでは使いやすいというのもあり。

 おっと、もう1本ありましたね。トキナーの28-80mmF2.8という太い筒が。

Img_1107

 大ベストセラーの28-70mmから望遠側を伸ばした28-80mm。ところがこの10mm延長がクセモノなのか、せっかくの絞り開放で使いにくいんだなー。すんげえ変なボケが出て。せっかくのF2.8ズームなのにねえ。使う気になれないのですよ。

 というように、標準ズーム系で使いたいレンズが手元にないんです。ボロいのを覚悟に初代28-105mmでも使ったらいいのかと。なんか気が進まないけど。

| | コメント (2)
|

振り出しに戻る

 実はとうとう地デジのTVをえいやっ!とポチってみたんですが、酒の力を借りた勢いだったので、どうも旧機種をポチった模様。
 しかも安いやつでよかったのに、不当に高価な買い物をした気がするw

 やはり酔っ払ってポチるのはやめたほうがいいですな(-_-)

 で、話はきのうの続き。

Eos60d_1

 EOS60Dを手にしたところで、「なんだ全然重くないじゃん」とか「相変わらずファインダー像が遠いなあ」なんていうとこが正直な感想だったりしましてね。

 いや、そりゃ写りは進化してんでしょうけれど。あと手触りも悪くなかったっすよ。滑らない感じで。シャッターのカツーンっていう感触は好き嫌いがあるでしょうね。銀塩時代にkissの柔らかいシャッター感触を評価してましたので、硬めの感じはちょっと抵抗あったりして。
 デジタルになってからのkissはそこそこの重量感で、柔らかい感じのシャッターでもボディが振り回されなくなりましたからなぁ。

 とはいうものの。後発有利の法則からしたら、KX5に手を出すのが普通ですな。kissクラスのファインダーでもMFで困ることがない私なので。望遠とかマクロでMFなんてやんねーもん。
 しかも手元に常用レンズがないもんだから、どうせレンズも買わなきゃなんない。そんな出費はSD1購入の大きな枷になりますなぁ。

 DP1xでお茶を濁しておくのが妥当かと。現時点ではそういう結論ながら、やはり手元にデジタル一眼レフが欲しいのだな・・・。

| | コメント (4)
|

どうしたものかと・・・

 Twitterのフォロワーさんがですね、黒にゃんこを引き受けてくれたんですよ。でもなんだか元気がない様子だという情報が。
 甘えん坊でものすごかったんですけどもねー。かまってくれる人を見かけたら、もううるさくてしょうがなくて。仕事中の私の後をついてくるくらいだったのに。

 確かにきのうの午後から急におとなしくなりまして。私の顔を見ても無反応。推測ですが、私がもらってくれる先を見つけたという情報が職場を駆け巡り、誰かがなにか悪さをしたのではないかなぁと。
 イヌもネコも敏感な生き物ですからねえ。それまでチヤホヤしてくれてたはずの周囲の人が手の平返しじゃ、さすがに傷つきますがな。まあ推測の範囲でしかありませんが。

 話は変わりまして。

 やっとXP2sを現像に出してきましたよ。キ○ムラといっても、当地には2軒ありましてね、いつも話を理解してくれない某店を敬遠して、別のお店に行きました。
 そしたらですね、フジの現像液だと乳剤が剥離して大変なことになりますよ?と口にしただけで、すべて了解。素直な店員さんでラッキーだったですよ。納期は10日ほどかかっちゃうのは織り込み済み。

 久しぶりにカメラ屋さんに行きましたので、展示してある機種を触ってみたりなんかしたくなるのはしょうがないことで。

 レリーズボタンの位置とタッチに慣れることができたら、ペンタックスの新防水機はそんなに悪くない感触であることとか、パナのFT3が意外にもピシッとした動作をするのだとか。
 同じくパナのGF2が、ちっこいくせしてシャッター音が大きかったり、14mmレンズがかなりかわいくないツラのレンズであることを確認したりですね。

 いちおーEOS60Dにも触ってきました。「重くて大きい」という世評を聞いていましたが、なーんだ、この程度かよって感じ。シャッター関係は短時間で収束する音ではあるものの、そんなにいい音でもありまへんな。

 なんでEOS60Dに触ってみたかというと、以下の通り。

 (1) 一眼レフがないとやはり不便であるような気がする。
 (2) 実際にDP2片手にウロウロしてみても、撮るのも難しいし後処理もナーバス。
 (3) そんなら安いキヤノン機でも調達してみっか。
 (4) でも常用レンズからまた新たに買わなきゃかよ。
 (5) レンズ込みで安いといったら、やっぱSD15のセットだよなぁ。
 (6) とはいえ買うとなれば分割払いになりかねない現状。
 (7) やがてSD1が出るのにSD15へ手を出すメリットは?
 (8) しかもDP2と同じ色傾向なら、自分に御する自信はなし。
 (9) それならキヤノン機でもいいべよ?
 (10) かといってKX4やKX5は小柄なボディで、縦位置グリップ必須の出費。
 (11) なのにKX4もKX5も、縦位置グリップ姿が大変にかっこ悪い。
 (12) じゃあ60Dはどうよ?

 というあたりで思考が停まってますけん。

| | コメント (0)
|

黒にゃんこは新天地へ

 職場の黒にゃんこの行き先が決まり、先ほど預けてまいりましたー!(ただし暫定)

 いわゆるひとつの「家族的雰囲気の職場」のフリして、実は内面でかなり殺伐としている我が職場では、引き取り手のない畜生は処分、という決断が下されてもなんの不思議もないことを今日新たに確認。
 いや、真面目に引き取り手を探してた同僚なんかほとんどおらず、むしろ「やっかいな荷物が増えた」と感じつつ口に出さないでいた同僚の多いことったら。

 どうにか私が引き取り手を見つけたらしいという情報は、たった数十分の間に職場を駆け巡ったらしく、「絶対に押し付けて来い」「断られたらおまえが責任を持って捨てて来い」など、それがおまえらの本音だったかって感じwww
 とはいうものの。いかにイヌだろうがネコだろうが。命を預かるというのは、けっこうな責任と覚悟があって当然。覚悟がなきゃ拾ったり保護することすら、本来はしちゃならんのです。冷たいようですが、現実はそうなのですよ。

 相手にも感情がある分、一度関わりを持ったら、言葉がなかなか通じないだけに、人に対するよりも気を使わなきゃならない場面は少なくありません。
 先ほど預けてきた黒にゃんこは、クルマの中でウロウロされたら困るので小さなダンボール箱へ収めたのですが、日頃元気なくせして急におとなしくなっちゃって。もしかしたら、捨てられた時のことを思い出したりしてるんでないかと、心配になります。
 箱の上は開放状態なんですが、明らかに元気がないんですね。小さなスペースに入れられて、クルマに乗せられて捨てに来られたのではあるまいな?と。

 そんなわけで、一面冷たくあしらう人々には、それぞれいろんな思いがあるのでしょ。いや、我が職場の殺伐具合は別としてw

Img_2609_t_2

| | コメント (0)
|

寿命

Sdim0084_2

 自力で寝返りを打つのも時には辛い様子のジジイ。寝起きもできない状況だったらしいのですけど、私の顔を見たら急に元気になったらしく、食事とトイレは自分でちゃんと起きて通ってました。

 にしても。今年の夏を越すのは厳しそうですなぁ。22歳。長生きしたほうだと思います。

| | コメント (5)
|

山菜庭園復活@農村

Sdim0066

 昨年、オフクロんちで外装の塗装をしたんですが、その際に立てられた足場のおかげで、屋敷北側に亡き親父が植えたミズの畑が踏み荒らされ、ほぼ全滅状態。でも植物の生命力ってのはすごいものですね。今期は例年になく大発生。

 私は山菜好きではありませんけれど、年に一度くらいは食わないと、なんだか落ち着かないのでした。

| | コメント (2)
|

かなり先の話ながら

Img_2612_2

 久しぶりに、また飲んでました(^^ゞ

 近所で一人飲みを平日からしてる妙齢のご婦人がいると知りましたら、これはもうご相伴せねばなるまいと、すでに晩酌が佳境に入っていたのを振り切って参上。
 いや、今月は角館のお花見以来ですから。先月に比べたらぜーんぜんスローペースでございますのよ。飲みに歩かない週がなく、場合によっては週2回、平日もアリでしたからなぁ。

 話は変わりまして。

 キヤノンS90はよくできたカメラであり、多少は本気モードもこなせるフレキシブルさが魅力ですな。
 個人的には背面ダイヤルを接着剤で固定しての話ではあるものの、フロント側レンズ周囲にコマンドダイヤルがあるおかげで、操作性を完全にスポイルするところまでいかないのがミソ。

S90_1

 メモ機としては多少重量感のあるカメラながら、常時携帯に無理がある大きさではなく、RAW撮りできるところが絵作りの破綻を救う最後の砦っつーか。
 実際には、そんなに破綻した絵にはなることなんて、めったにありませんけどね。ごく稀に破綻した絵になった時、もうちょっとセンサーが大きければ違うはずだよなー、なんて思うこともあります。でもそんな贅沢なメモ機は存在しないのですよ。

 タッチパネル採用機は片手操作が瞬間的にできそうになく、背面クルクルダイヤルのない機種であれば。このくらいキヤノンの絵がメモ機として上手にまとまるなら、めったに破綻しないんだから、逆にRAWいらねえだろっていう考え方もできたりして。
 次はイクデジのスリム系に走るかもでっせ。なんだかんだで、旧来からの操作性を保持してるのがスリム系機種なのですね。

Img_0363

 IXY-D900ISのがんばりと、ニコチンフィルターでヤニっぽい絵になるのが忘れられまへん。光量が少ない場所で使うと、まるで昔のツアイスみたいな色調でしてなぁ。
 操作性もシンプルで迷いがありません。メモ機は複雑な操作や機能なんていらねえよなぁ。そんなわけで、イクデジに回帰すっかもしんねえっす。来年あたり。

 S90には軽快さがないんですよ。サクサク撮れる感覚がなく、撮影リズムはメモ機というより作品撮りみたいな感じでしてね。多機能のRAW撮り可能機だからこんなんだべがって思わなくもなくて。

| | コメント (2)
|

まだいるよw

Img_2610_t_2

 まだ職場にいますw

 どうやらオスらしく。タマはまだついてるとのこと。抱いたときにとても線が細く柔らかかったのでメスかと思ったら、まだまだ若いにゃんこのようで。
 ネコに慣れていて、かつ言うことを聞いてくれそうな人には懐くのが当たり前とはいえ、私の顔を見ると箱から飛び出してくるようになってしまい。ツラを覚えられたな・・・。

 表面的には和やかなようで、心は殺伐とした我が職場なのですが、かわいがってる人もいるようですし、飼ってくれる人を探している若い子もいるようで、私が一肌脱がなくても、まずはなんとかなりそうな案配です。

 ものすごく甘え上手で素直なハンサム。たぶんいい血統なんでしょ。この手のにゃんこにありがちな肉体的アンバランスさもなく。鳴き声がとてもかわいいんですよ。「お飼い得」でっせ。


| | コメント (2)
|

ダレちょる

 ブログ更新したりなんだかんだしているうちに、晩酌が進んで原版整理まで進めない毎日。実は28TiのXP2sをとっくに撮り終ってるのに、どの店に持って行ったらいいのかと迷って放置してたりとか。

 いかんですなー。いかんいかん。

78b17f4d

| | コメント (0)
|

美人

 そんなに忙しい部署ではないはずなのに、なんだか気忙しくて定時ギリギリが多い昨今の我が職場。
 退勤時に思い出して構内でモゾモゾと後片付けしたりして、ウロついてたらですね、なんかにゃんこの声が聞こえるんですな。

Img_2609_t

 あらら。迷いネコが確保されておりましたよ。

 こりゃ毛並みが良いような。基本お上品です。そしてものすごく人馴れしてまして。こりゃ普通にコミュニケーションとれるタイプ。たぶん捨てネコじゃないかと。

 まだ大人になってません。抱いた感触ではメスですね。独特の柔らかさからそう思いました。なかなかの美人で。シッポも長くて。
 なにより甘え上手。ネコに慣れてる人は、自然とツボに手が伸びるものですが、素直に喜んでまして「もっとやって」モードなんですね。
 野良になって日が浅い様子ながら、身体のあちこちに皮膚病の前兆のような雰囲気があって。毛が抜けるようなひどいものではないですし、不潔感もありませんけど、このまま放置してたらマズいかなって感じ。ちゃんとメシを食わせたら自力治癒可能な程度と見ました。

 こりゃ間違いなく飼いネコだったんだわ。んで「優しくしてビーム」を発するのやめろw

 アパート暮らしじゃなきゃねえ、こんな美人を見逃したりはしないんですが。責任持てないからなーと、心を鬼にして帰宅。
 明日も保護されたまんまなら、ちょっと前向きに考えようと思ってます。どうもこのまま引き取り手がないと、我が職場としては役所風の処断をされちゃいそうな悪寒がしますのでね。なんとかしてあげたいと思ってます。

| | コメント (2)
|

やっぱないと困る大丸Oh困る

 うーむ。昨年の登米行きでデジタル一眼レフっつーものの感触は、けっして悪くないと学習してしまったため、手元にないとものすごく不安。
 ちょっとDP2を使ってみたりしたのですが、やはり色温度にナーバスなシグマの映像エンジンは、決してオールマイティとはいかないわけで。かといってS90一本勝負ってのも、撮影速度とリズムのトロさからボツ。

Sd15_1850

 かといってなぁ、SD15ってのもどうよ?搭載してるアナログ・フロントエンドとかいう回路の役目がよくわからないし、DP2には搭載されていたのかどうかもよくわかんねー。DP2sには積んでるらしくて、紹介している記事をどこかで見たような。でも差がよくわからぬ。

 18-50mmのスターティングキットはあまりにも寂しいレンズなので、ここはやはり17-70mmだべよ。その組み合わせのキットもあるはずなのに、気がついたらどこも取り扱いやめてるじゃんかorz
 その代わりが18-125mmのセット?28-200mm相当みたいな?なんか描写が甘くね?せっかくのセンサーがもったいない気がしたりして。

 じゃあまたキヤノンですかっていう選択肢は、手元にたくさんあるレンズが理由だとしても、デジタルで普通に使えるレンズは少なかったり。むーん。

 私は光学ファインダーで撮りたい人なのだと、ここ1年痛感してるわけで。パナのちっこいレンズ交換機も少しは考えましたが、実用的なズームレンズをくっつけたら間抜けな姿になり、パンケーキレンズで使うなら、あたしゃDP1xを選びますがな。背面液晶を見ながら使うカメラはなんか違う。そんなのサブ機とメモ機だけで結構。

 困りましたなぁ。渡世の義理で貸し出したKDX。思いのほか、私にとってはメイン機と化していたんですなぁ(^^;

| | コメント (0)
|

農村にて

Img_2586_2

 母上。今年こそ畑を休もうと誓い合ったじゃないですか。なんですか、その種イモは・・・。

 というわけで、恒例の母の日。んでオフクロの誕生日。今年は冬囲いの解体もついでに。

Img_2598_2

 オフクロんち界隈はたいしたことはないと思っておりましたが、やはり今年は雪がしつこかったのですね。あちらこちらに豪雪の痕跡が。

Img_2599_2

 庭の梅の木が思いっきりヤラれましてね。派手に折れた枝の先にも花が咲いていて、この生命力を見てしまうと、せめて花が散るまでは伐採すんのやめておこうかと思ったりしたんですが。
 よくよく考えますと、花が咲いた先には実が成るわけで、いつかは思い切って伐採しなきゃならんわけですよ。

Img_2608_2

 はい。かわいそうでしたが、放置しておいても近所の誰かが見てられなくて伐採したことだろうということで、思い切って折れた枝を切り離しました。
 また、アンパランスな姿になりましたんで、反対側も多少剪定して。折れた傷口が痛々しく、なにかカバーしてやろうと思案してましたところ、梅は丈夫な木なので放置しておいても問題はないとのこと。

Img_2606_2

 どうしますかな。この枝。細かく刻んでチップにでもできれば、有効利用できそうなものですが、そんなスキルは私になく。
 スモークのチップにでもできれば、折れて伐採した枝の供養にもなるかと思ったんですがねー。電ノコ振り回しても手間ばっかりだよなぁ。

| | コメント (3)
|

まだまだS90でがんばるかぁ

Img_2517_2

 今日の角館もこのくらい混んでたんでしょうねえ。この晴天なら、今日がベストだったかもですよ。お花見には。明日から天気悪いみたいで。
 私が行った日は曇天で、たまに雨が落ちてきたりしてましたからねえ。それでも夕方まで宴会やってたんですから、なんぼ飲みたいのよ?って話ですかね(^^ゞ

 んで、角館へは撮りに行ったわけではなく、あくまで花見をしに行ったわけですんで、真面目にバリバリ撮ってたわけではまったくありませんでしたけど、撮ってきたものを整理してみるとですね、やはりセンサーサイズが小さいカメラは物足りまへんなー。
 S90をISOオートに設定してあるのも一因かもですね。曇りの夕方になると、目で見ているよりも光量が落ちてますんで、画像が荒れてきまして。

 ISOゲインを上げた画像が荒れることそのものに、センサーサイズは直接の関係なんかないかもですし、むしろ映像エンジンという電気的処理側の優劣とかなのかもですが、同じ荒れていてもセンサーサイズの大きな画像には、まだ説得力が残ってる気がしましてですね。

 かといってセンサーの大きなメモ機っつーのも。私の用途では存在しまへんな。酔眼で撮ることがままある私としましては、手ブレ補正とISOオートはハズせなくwww

| | コメント (5)
|

また飲んでたのかおまいは

 角館在住タメ年がお花見宴会を企画してくれましてね。秋田市組として参加してきたのですよ。また飲んでたのかおまいは!って話でして(^^ゞ

Img_2516_2

 東北観光地の例に漏れず、角館も観光客は昨対でかなり減ってましてね。しつこかった冬の影響で、桜は例年より遅い感じ。
 フォトグラファー的には、おそらく今週末がベストのタイミングかと。桜の花ってのは日照条件によって早い樹と遅い樹がありますね。早い樹が満開って感じでした。

 角館の場合は、一般的なソメイヨシノの他に、シダレザクラの巨木もたくさんありますんで、ソメシヨシノの満開あたりにジタレザクラが桜吹雪になったりしますので、一粒で二度おいしい条件が。

Sdim0006_2

 わたしゃ桜を撮りに行ったわけではなく。飲みに行ったのですがね(^^ゞ

Img_2537_t

Img_2551_t

 寒気の侵入によって気温は低め。時折、雨がパラつくといった、春の陽気とは縁遠い天気ながら、酔っ払いらはそんなのおかまいなしで飲む飲むw
 お昼ごはんタイムが過ぎてもしつこく宴会やってるのは私らのみ。ゲストさんをカウントすると、幼児を含めて延べ17人が参加。角館発のTwitter花見だったのですよ。角館が県南に位置するっつーことで、主に秋田市と県南のメンバー構成ではありました。

Img_2535_t_2

 いちおー「岩手のお酒を飲もう」というお題目。この南部美人の蔵元さんは、youtubeで「頼むから自粛はやめてください」と訴えていた方だとか。

 んで密かに持ち込んだジェットボイルが熱燗に大活躍したというwww

| | コメント (5)
|

銀塩使っちゃいそうな

Sdim0004_2

 どうも雨模様が続く当地。こんなことなら連休初日の早朝からパソコンをいじり出すとかしなきゃ良かった。初日の日中だけよ。天気が比較的マシだったのは。一日潰しちゃったものなぁ。そっからずっとグズついてるぜ。

 というわけで、KDX号は本日里子に。戻ってくるのは来年4月以降の予定。もちろんロクに使ってない広角ズームはそれまで宝の持ち腐れ。なんて無駄な買い物したんだろw

 んで、デジタル機でマジ撮りするとなると、我が家ではもうDP2にご登場願うしかないのですが、光量タップリの場面で活躍する性格の映像エンジンでして、オールマイティとはとても呼べないカメラ。
 次点でGRD2かというところですけど、ヤツも映像エンジンは誉められたものではないと思ってます。センサーが小さいわりにはがんばってると思うのですけどネ。手にフィットする存在は「さすがGR!」とは思うものの。

 もしかしたら一眼レフを使いたくて銀塩機を引っ張り出すかもー。レンズが豊富なのはキヤノンEFマウント。ライカLも少し在庫がありますか。
 でもねー、実はフレクトゴンをまた使ってみたい気がしてるのよねー。スナップ撮影に不慣れな私がMFレンズでどこまで撮れるのかはともかく、あのレンズの個性をまた拝みたい気持ちが、ここ半年ほど続いておりまする。

Img_4175_2

 ボディはもちろんMZ-3ね。

| | コメント (0)
|

やたら飲みに出かけたり

Img_2510_2

 また飲んでました(^^ゞ

 どうも小奇麗な飲み屋さんというのが、落ち着かない気分になってしまうお年頃というか、元からオサレとか上品というものを飲み屋さんに求めちゃおりませんでね。居心地がいいっていうのが、やはり私の求める飲み屋さんの最大要素かなぁ。
 んでツマミが美味いと。どうせ飲めばたいして食わない男。見た目や量ではなく、美味いものが少しあれば良く。んでビールが美味しけりゃ最高。そんな感じデス。

 ここの店もプレミアムモルツなのか。同じビールを使っていても、入れ方ひとつで差が出るのもビール。私が贔屓にしている地元某店のビールとは、かなり味が違います。あちらはグラスビールですけどもね。昔からあそこのビールは美味い。

 連休後半も酒宴の予定が入っていたりしまーす(^^ゞ


| | コメント (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »