« 刺激になります | トップページ | 代替機で悩む、みたいな »

日本酒を飲んできましたよ

77005382_orgv1303914918

 また飲みに行っておりましたw

 職場の飲み会を除けば、年に3回ほど飲みに出ればいいほうという以前の私が、この4月は飲み歩きすぎだろ。平日でも平気なのは以前と変わらないのですが(^^ゞ

 某「日本酒の会」というものに参加させていただきまして。現場に行くまでピンと来なかったのですけれど、不特定多数の日本酒好きが集まる会費制の催しなのですね。酒蔵さんがドンと提供する様々なお酒を飲めますよ、みたいな。
 どういう経路でそんな催し物に私が参加することになったかなんて、書くだけヤボ。ただ、宮城の蔵元さんのお酒だということで、日本酒に詳しくない私にしたら少々お高い会費も、なんらかの貢献だと思えば別にいいか、みたいな安易な判断(^^ゞ

 綿屋さんという通り名の酒蔵さんでして。宮城の栗原市といえば、震度7を記録した激甚災害地。そこにある酒蔵さんのお酒でした。
 社長さんから震災当時のお話を含めていろいろ聞けましたが、なるほどと思ったのは、数年前の宮城県内陸地震の件。あの時も栗原市ってのはかなりの震度で。その教訓が今回生かされた部分が大きいというのですね。
 大きな地震が起きて、その教訓をすぐに生かすというのは、人間の素晴らしいレスポンスですね。そのおかげで今回の震度7を乗り越えたというんですから。

 日本酒通に言わせますと、震災に見舞われた地区からは、ほぼ必ず臨時のブレンド酒が出るらしいんですわ。
 今回は「まかない」という名の震災特別ブレンドが登場しましたけど、原酒やらなにやらを混ぜて作り上げるお酒があるらしいんですね。他の高いお酒を飲んでなけりゃ、とくに異質感のないお酒で。

 日本酒の飲み比べというと、思い出すのは数年前にぴゅんぴゅんさんと行った酒房川島ですか。あの時のことを思い出した一夜でしたよ。
 しかもナビとしてついてくれた某女が、在京時代に浅草の日本酒バーに勤めていたという日本酒通で。やっぱり日本酒は奥が深いんだなぁと、あらためて実感。

 飲み慣れない日本酒でしたが、全然翌日に響きませんでしてねえ。酒飲みの遺伝子を発動させた覚えはないものの、高い酒は翌日に響かないもんなのかって思ったり。
 普段なら絶対に会話なんかするはずのない不特定多数の方と楽しく盛り上がったりしまして、基本的に人見知り気質の私にしては、ちょっと最近はスロットルを開けすぎかなーと思っております(^^ゞ

|
|

« 刺激になります | トップページ | 代替機で悩む、みたいな »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですな、川島さん。
雨の中店を探しましたっけねぇ。
また一杯やりたいものですね。
良いスロットルは開ければいいじゃない!

投稿: ぴゅんぴゅん | 2011年4月28日 (木) 22:20

良いお酒は次の日残らないってのは
自分も経験あります。あのときは
不思議な気分でした。あれ、なんで、
こんなに平気なのみたいな。

自分もまだわけーのかなと勘違いして
みたり。

投稿: hk | 2011年4月29日 (金) 09:26

お酒の飲み比べ状態でしたので、モロに川島さん状態でしたよw
仕込み水がね、とても印象深かったです。日本酒より
水のほうが私は舌が肥えてますので。
「利き水」みたいな文化が昔の京都にはあったらしいですね。
ブラインドで水の産地を当てるみたいな。そういうものが
あってもおかしくはねえよな、と感じる水でしたよ。
 
いいお酒だったというのと、仕込み水をよく口にしていた
というのもあるかもしれません。
んでラストにきちんとラーメンを食って帰ってきたので
悪酔いしなかったとかw

投稿: ビヨ | 2011年4月30日 (土) 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刺激になります | トップページ | 代替機で悩む、みたいな »