« モノがないので物欲を燃やせません | トップページ | 正直、不安です »

ヌルくてすいません(-_-)

 「今回の震災」なんて言葉を安易に私が使っちゃいかんなと、続く地震の震源に近い地区の方を考えれば思いますね。

 当地ではせいぜい長時間の停電くらいしか経験していないわけですから。しかも私は地震の規模によっては強制出社が義務付けられた身。そっちに意識が行っているもので、おそらくフツーの人が体験している停電の苦労って、たぶん身を持って味わっていないと思うのですよ。
 出勤したら自家発電機があって、場合によっては炊き出し部隊が応援に来社。職場にいる限りは電気と食い物に困りませんものね。帰宅して眠るだけですし・・・。

 そんなヌルい体験から、前エントリーでは乾電池仕様の小さなLEDランタンなのでした。なにかしら震災が起きたとして、ライフラインの中で最も復旧が早いのは電力といわれております。最長でも4日以内に電力は復旧できる、というのが、つい1ヶ月前までの指標でした。
 実際、当地では24~36時間以内にほぼ電気は復旧しました。水道とガスについては市内の9割が被害なく、もし仮に被害があったとしたら、やはり電力が一番先に復活したのではありますまいか。

 まだ寒さが残る時期のことでしたので、本当に役に立ったのは、夜の寒さをしのげるダウンシュラフでした。
 日付が変わる前に帰宅できたとはいうものの、翌日は通常出社でしたので、とりあえず寝なければ疲れを引きずるお年頃。そして不摂生生活。
 寒くて眠れない時には電気毛布に頼っていた軟弱モノとしては、冬用のシュラフがあるというのは大変に心強いことでした。室内で使う分にはオーバースペックのはずですから。

 それでもですね、とりあえず避難しなければならないとなった場合、ストレージバックに入れていたダウンシュラフは大荷物になっていたでしょうね。
 バックパックへ入っていたのはスリーシーズン用の道具ばかりで、しかも最初の大きな地震でいくつか道具を引っ張り出したものですから、いま避難しなきゃならなくなったら役立たずのバックパックです。

Img_4832_2

|
|

« モノがないので物欲を燃やせません | トップページ | 正直、不安です »

アウトドア2011」カテゴリの記事

コメント

本日17時過ぎ、
仕事の打ち合わせを始めたら、同僚たちの携帯が一斉に地震速報メールを受信、その数秒後ユサユサと。
当方茨城県南部なんですが、立っているのが難しいほどの結構な揺れでした。
速攻で切り上げて子どもたちを迎えに行きました。
まだまだ安心しちゃぁいかんですね。

3/11の地震直後、LEDランタンを買いにホムセンに行きましたが懐中電灯そのものが売り切れ。
仕方ないので、豆電球とソケット、電池BOXで照明を作りました。電源はエネループ。まだ出番はありませんが。

投稿: こんどう | 2011年4月11日 (月) 22:55

今朝は当地のローカルラジオでも緊急地震速報が鳴りまくり。
もうあの警報音は心臓に悪いですね。ビクッとするよりも、
またかよって感じで、うんざり感。
密かに私、体調を崩してます。どうも腹の調子がずっと悪くて。
職場の配置転換と重なったのもあるとは思うのですけど、
たぶん今回の震災と無縁ではない体調不良かと。
 
自作豆球照明っすか?これからしばらくはアウトドア系用品が
インフレになりそうですねえ。
エネループは実に頼りになりますね。充電さえしておけば、
あとはいつでもすぐ使える安心感。従来のニッカド系とは隔世の観です。

投稿: ビヨ | 2011年4月12日 (火) 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モノがないので物欲を燃やせません | トップページ | 正直、不安です »