« 懐かしく振り返ったり | トップページ | 再録 Carl Zeiss Jena Flektogon F2.4 Auto for M42 »

延長バッテリーグリップなど

Slik_lite1704

 いやー、カーボン三脚も安くなったものですねえ。たまたま特価の案内メールが来て、それに掲載されていたので気がついたのですけどもね。

 「三脚は重くて頑丈じゃなければ役に立たないのだっ」という論は、まあ事実その通りなのですけれど、田舎暮らしでクルマ移動が当たり前で、かつ撮影現地までクルマで乗り付けられるというような条件でもなければ、三脚は大荷物ですな。
 私のようなモノグサな人間は、三脚を持ち歩くのが大嫌いで、クルマの中にさえ一脚しか入ってない状態です。
 カーボン三脚といっても大きさはそこそこあるわけで、持ち歩くための重量的メリットがカーボンのいいとこですか。使ったことがないので、それくらいしか思い浮かびません(^^ゞ

 スリックのカーボンライト1704というタイプは、4段伸縮脚でいくらか収納時の寸法を小さくしようという意図のようで、同じシリーズの3段タイプよりいくらかは短くなるようで、伸ばしてしまえば高さが10cmくらいしか変わらないので、1704のほうが使い勝手はいいのかと思わなくもありません。
 これで1万円台半ばで買えちゃうんですから、普及と価格低下の恩恵ってのはありがたいものです。
 エレベータがやたら短いのは、やはり三脚側の軽さを警戒して重心が上がらないようにしてんですかね?

 話はいきなり変わりますが。

Kx5_1

 キスデジがまたモデルチェンジしましたなぁ。早くもX5。通算で7代目くらいですか。

 銀塩時代のkissシリーズとは違い、撮影モードに関しては自由に組み合わせを選べる仕様になっており、私にはこのクラスのカメラで十分と考えております。いや、銀塩の頃であっても、kiss3で私には十分だったのかもしれません。
 これからもキヤノン機を使っていくつもりであれば、キスデジの動向は大変に気になるところではあるものの、今度こそマウントを浮気するつもりですので、手元にあるKDXで打ち止めって感じですかね。

 そのボディとバッテリーグリップの妙なアンバランスさ加減はどうよ?という一点だけで、こんなもんいらねーと即断してしまう私。
 延長バッテリーグリップは、私にとって必要不可欠の増加装備品。手の大きさを合わせるというのも理由ですが、それより大きな理由は、どの方向からボディを握っても確実にホールドできる可能性が高いっていう点です。

 もちろんアベイラブルライト下におけるホールドという意味もあれば、カメラの重心位置をセンター付近に持って来るという意味もあって。
 縦位置でも横位置でもあまり変わらない感覚で構えられるってのは、大きなポイントだと思ってマス。伊達に装備しているわけではございませんのです。

Sd1_001

 で、SD1にもおそらくこういったバッテリーグリップは想定されているのだろうと思いますけれど。
 アクセサリーを作り慣れているキヤノンさんなら不安はありませんが、シグマさんだとどうなんだろーかと思ったりしましてね。握った感触とか重心位置の感じはうまくできているのかと、密かに心配したりしてるんです。

|
|

« 懐かしく振り返ったり | トップページ | 再録 Carl Zeiss Jena Flektogon F2.4 Auto for M42 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

三脚は使いませんねえ、年に1、2度位かなあ
中判で朝日を撮る時に使って後は運動会の超望遠
使う時くらいかな。
昔ワインダーに縦位置用のシャッターがついてて
重宝してました。
今我が家にはない装備ですね。

今日は杖をつきつつお散歩写真して来ましたよ。
やっとローライ35のフィルムとヘキサーのベルビアを
消化しました。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2011年3月 5日 (土) 22:57

ブローニーなら三脚は必携ですよねえ。中判の風景撮影なら私も三脚欲しいっす。
 
杖をつかなきゃなんないくらい腰悪くしたの?私も最近は腰按配が
そんなによろしくないので、辛さはよくわかります。
私の場合は筋肉をつければ解消される腰痛だとわかりきってるからいいものの。
お大事にしてくださいな。

投稿: ビヨ | 2011年3月 6日 (日) 18:53

いえいえ、645は普段使いなら三脚など不要なカメラですよ。
ただ、朝夕の光量の少ない時はやっぱり必要ですけどね( ̄▽ ̄)

腰は会社に出勤出来ない状態まで悪化しています、もうじき入院して手術なりの
治療を受けることになります。

ローライ35はまぁ、キチンと写りますが久しぶりにピンボケ写真を数まい撮ってしまいました。
どーもシャープさに欠けるのでフードが必携がも知れません。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2011年3月 6日 (日) 19:17

なんにせよ、いわゆる「社会人」の生活を送れなくなってんですか。
ええ、入院に備えてRF機を調達して、レンズもなにかしら(以下略)
 
入院に対しては常に前向きに考える私ですw

投稿: ビヨ | 2011年3月 7日 (月) 18:36

ええ、入院のおりにはローライ35をお伴にするかヘキサーにするか悩んでます。
どっちもストロボついてないのが悩ましいです、ヘキサーは純正ストロボありますけどね。
コンタGもありかなぁ。
しかし、腰がいたくて足が痺れてやってられませんわ(笑)

投稿: ぴゅんぴゅん | 2011年3月 7日 (月) 23:21

私なら手に馴染んだカメラを入院の相棒にしますがw
自分の身体が自由にならない前提なので、それでも振り回せる可能性を。
俺なら28mmのAF機にするよお。35mmじゃベット暮らしに狭すぎる感じ。
 
腰の手術だけは、想像するだけでガクブルでっせ。

投稿: ビヨ | 2011年3月 8日 (火) 18:55

じゃ、コンタGに28ミリをお供にしますかね。
入院経験の長いビヨさんの助言なら間違いないでしょ。
いや、スーパーAに24ミリ付けても惜しげがなくって良いかな。
こんな事悩んでも仕方ないのにねσ(^_^;)
早く入院なり手術なりしたいなぁ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2011年3月 8日 (火) 19:44

いや、長い入院の時は、旧F-1にAT-X24-40mmだったから。
しかもフィルムはKRっていうwww
身動き取れないことが想定できるなら、ワイド系が
楽でないかと思ったのよ。

投稿: ビヨ | 2011年3月 9日 (水) 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしく振り返ったり | トップページ | 再録 Carl Zeiss Jena Flektogon F2.4 Auto for M42 »