« 使いこなせなくて泣いてるなうw | トップページ | ちょっとタフ防水機に横目 (2) »

ちょっとタフ防水機に横目 (1)

 「私はこれだけがんばってますう!」と主張しなきゃ気が済まない人らって、どうも生理的に合わないなーと、このところ思います。
 そういった人種は「主張していない=なにも行動していない」と決め付けてかかりますんでねえ。

 いかにも今様の「0か1か」のデジタルっぽい考え方は、とても苦手です。世の中にはいろんなグレイがありますし、完全なYesも完全なNoも、実はそんなに実在していないのじゃないかなぁ。
 なにも言わずに黙って事を成す慎ましさが否定されてるようで。アピール好きな人は昔から苦手です。
 そんなわけですので、当バカブログは立派な発言も行いもなにもない、半径2mしか視界がないショボい内容に終始しております(^^;

 話は変わりまして前回の続き。

 来週から職場の配置転換で、水質分析員と機械の保守点検の掛け持ちになり、メインは保守点検ということになるわけでして、下水処理場の機械ですから、読者のみなさんが想像するほどひどくはありませんが、それなりに汚いわけです。
 以前、いきなり記録写真を現場で撮らなければならなくなったことがあって、900ISをかなり汚したことがあり、現在のパンツカメラであるS90を汚すのはイヤだなーと思ってる私です。

Img_5708_2

 常時携帯機は傷がつこうが落下させて凹もうが、とにかく稼動してくれれば良く、しかも思った通りの設定で常に動いてくれてるならいい存在。

 とはいえ、小センサー機ながらもRAW撮りができて、凝った設定をしなくてもそこそこの絵になってくれるS90は頼もしい相棒でしてね。
 自作グリップはしっかり役に立ち、剥がれてくる気配などまるで無し。けっこう傷だらけにはなっているものの、仕事で汚すのはちょっとイヤーンなのです。

 またなにか無駄遣いする言い訳を考え付いたな?というそこのあなた!鋭いっすなw

 そんなわけですので、久しぶりにタフ系防水機の現状といったものを軽くリサーチなんざしちゃってるのですよ。
 タフ系でも防水機でもないキヤノンコンパクト機が意外にタフなので、いつもあんまり真面目に調べちゃいないんですが、今回はちょっとマジに検討してみたり。とはいえ、まだ写りに関してはそんなに調べちゃいません(^^;

 トレンドとしては、米軍のミルスペックに準拠した落下テストですね。これをクリアしましたよ、という丈夫さのアピールと、GPSの内蔵ですか。
 携帯電話やスマフォのGPS機能がいちいちパケ代と絡む仕様に疑問を感じている私は、カメラ内蔵のGPS機能に興味を持ってますが、カメラにナビが内蔵されてるわけではなく、私には活用できねーのかなと思わなくもありませんがねw

Wg1_1

 やっぱりこいつが気になります。ペンタックスのWG-1/GPS。このシリーズはモデルチェンジを繰り返しつつ長く販売されてきており、写りの甘さとAFのトロさがネックとずっと言われ続けてきてますね。
 WG-1でそのへんはどう改良されたかという興味はありますが、カシオのEXILIM Gと同じく、カメラのフォルムがいいですよね。デザインの勝利っつーか。

 WG-1は私があまり好まない潜望鏡タイプの光学系であるものの、内蔵フラッシュをきっちりその位置に持ってきたかというところに、ペンタックスさんの生真面目さが現れている気がしております。
 一般的なタフ防水機は、ボディの端に潜望鏡タイプの光学系をレイアウトし、余ったスペースへ内蔵フラッシュを配置するやり方がほとんどです。私は個人的に嫌うレイアウトなんですが。

Ft3_1

 だいたいはこういうレイアウトですよね。防水を実現するためにレンズが外へ繰り出すことを避ければ、必然的にこういうレイアウトになるだろうとは理解できるものの。
 じゃあ防水とタフさを求められるシーンのカットって、全カットのうちの何割あるのよ?という話で。クロカン車の本領を発揮するフィールドへ到達するまで延々と舗装路を走っているのと同じで、やはりカメラとしての普通の使いやすさがなきゃダメなんじゃないかなぁってね。

 とはいえ、そんなことにこだわってたら選べなくなり、WG-1一択になっちまいますね。防水機に写りなんざ求めてはいけない、という考え方も世の中にはあるようですし、それじゃ物欲的におもしろくないのですよ、お客さん。
 んでパナのFT-3もね、ちょっと視野に入れてみたりしたわけですよ。気に入った色のボディがない点でもうテンションは下がるわけではありますがねえ。

Xp30_1

 前モデルがあまりに安くてぴゅんぴゅんさんが手を出したというフジ写のXPシリーズも、GPS内蔵で28mm相当ワイドレンズ化されてリニューアル再登板です。

 片目のマンガ爬虫類みたいなカタチがどーも好きになれず、やはり気に入ったボディカラーがないという悲しさなのですが、なんといっても実販が安いw
 価格も立派な性能のうちである、という価値観の当ブログ的には、その安さは惜しげがない点で意味があるんじゃないかとね、そんな風な見方をしたりもするのでした。

 タフ防水機はガシガシ使ってナンボという価値もあると思いますので。価格も見逃せないポイントかと思っておりますよ。

|
|

« 使いこなせなくて泣いてるなうw | トップページ | ちょっとタフ防水機に横目 (2) »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

キタムラの店頭でペンタックス WG-1/GPSを見たとき、ビヨさんの顔が
脳裏によぎったのはここだけの秘密ですw
それに、近接マクロ用のLEDの存在は、ペンタの良心だと思います。

ただね、買うなら絶対店頭で触ってからにして下さい。というのは、
シャッターボタンの位置が変なんです。ものすごく端に寄ってるうえ、
背面に親指を置く場所が皆無なので、グリップに問題ありです。

投稿: エンゾー | 2011年4月 1日 (金) 01:22

防水機いいよぉ。
汗も雨も関係ないし、
泳げるしね。
買いなはれ!
私は写り以外は満足してますよ
動画も撮れるからmixiにも簡単にアップ
出来るしねっ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2011年4月 1日 (金) 19:14

真面目に買う気になりゃ、大手家電店で触ってきますがな。
S90を「なんとかなりそうだ」と判断したのも量販店でしたしねえ。
 
言われてみればレリーズボタンの位置に無理がありそうですなぁ。
にしても。WG-1といいカシオのGといい、デザインは秀逸なんだよなー。
 
> ぴゅんぴゅんさん
「写り以外」って、それ肝心なもんが抜けてるじゃんw
私らにとって大事にしたい部分じゃありませんこと?

投稿: ビヨ | 2011年4月 2日 (土) 18:46

いゃあ、その通りではあるけど。
まぁ普通のカメラじゃ撮れないシーンが撮れることに価値を見いだしています。
写りを求める時は銀塩なりデジ一使いますしね。
でも、私に取っては中々便利なカメラなんですよ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2011年4月 3日 (日) 21:01

いやー、私も興味だけはずっと維持してますけど。
どうもなにかを犠牲にしたような機種ばかりで。
ビシッとね、作れないものかと。

投稿: ビヨ | 2011年4月 4日 (月) 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 使いこなせなくて泣いてるなうw | トップページ | ちょっとタフ防水機に横目 (2) »