« レンズどれにする?(寝言) | トップページ | 今年は地元もフォロー »

試し撮りをしてみたものの

 クルマの運転免許の更新に行ってきたのですが。なんでこんなに混んでるのかと驚く大行列でしたよ。
 天気の悪い月末の日曜ってとこが敗因でしたかなー。三連休化していた誕生日前に行っておけば良かったのかもしれませんね。

 あの自動更新受付機みたいなやつの前がものすごい行列で。前の免許証を飲み込まなくたっていいのに。期限の切れた免許証って、人生の記録みたいで好きなんですけどもねえ。

 話は変わりまして。

 AT-X124DX2の試し撮りに市内某所へ赴いたのですが、天気は雨降り直前、まだ残雪が残る状況で、どうにも被写体を見つけられず。
 いや、空模様が怪しいのは、必ずしも悪条件とは思ってません。ワイド系レンズなら、怪しげに波打つ雲を画面内に入れる可能性は高いわけで、素抜けの青空よりも説得力が出るシーンがないともいえません。

 けれどですねー。やはりAT-X124はコントラストがつきすぎな印象が変わりませんね。それがダメだという意味ではなく、シーンを選ぶといった感じで。
 きっとフラットな光線状態だと、逆に強みになるんでないかなーと。引き続き持ち歩いて試し撮りを続けたいものです。

 それよりなにより、私は超広角系の使い方をすっかり忘れてますね。思えば、ニコンE5000にコンバージョンレンズをつけて遊んだり、M5にコシレンの15mmを組み合わせたりしていた時から、全然超広角を使ってなかったんですよねー。
 若かりし頃は使ってない画角でもそれなりに対応できていた気がするのですけど、頭が硬くなったせいか、あるいは感覚が鈍り倒しているのか、どうアングルをとったものかも迷う始末。リハビリへの道は遠いっすなー。

|
|

« レンズどれにする?(寝言) | トップページ | 今年は地元もフォロー »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レンズどれにする?(寝言) | トップページ | 今年は地元もフォロー »