« 十郎兵衛 | トップページ | 覚書 低温注意 »

バンパー大破損

 で、除雪なんですが。高さ3mにもならんとする屋根から落ちた雪の山脈、いわゆる「軒下」に挑むには、世間一般の小型除雪機では高さ的に無理がありまして、従来は下を掘りまくって上をスコップで崩すという作戦をとっていた私。

Img_2151_2

 でもたいてい3m級の深部に到達する頃には日暮れでタイムアウトになることが多く、常にそこだけ3m級を維持しているのが気に入らないわけです。

 そこで作戦変更。熱心に地面近くまで除雪することをせず、逆にこの雪の山脈をスロープ代わりに除雪機で上り、3m級の頭から除雪機でガンガン削ってやろうと。
 上の掲載カットで表現するなら、手前側からゆるゆると除雪していき、奥に向かってスロープを作りつつ進むわけです。一般的な小型除雪機が対応している高さは、わずか50cmほど。この50cmを維持できる高さで3m級に挑む。つまり2m50cmの高さですな。

 2m50cmはさすがに無理でしたが、1mくらいは稼いだのですよ。そしたらハマりましてなあ。スタックしました(-_-)

Sdim0366

 積雪って、実は地面に近いところは地熱で雪が柔らかくなってることがありまして、それを警戒して私は地面近くまでキッチリ除雪する習慣でしたけど、その柔らかくなっているところに除雪機がハマりましてなー。

 急遽、オフクロの軽自動車をかっぱらい、強引に庭の中へ入れて牽引してもダメ。こりゃ重症すぎやしないかい?と現場をよくよく観察したら。
 なぜそんな場所にアルミの長梯子が存在しているのかと。ええ、我が家に装備の梯子なんですが。そのストライクな位置に梯子が存在し、それへ除雪機のオーガカバー下部(ようは除雪機の先っぽ)が乗り上げて動けなくなってるという。

 はい、そんな場所に置いたのはオフクロの仕業デス(-_-)

 梯子を掘り出しながら近所の親戚にヘルプコール。農機具を軽トラへ載せる時に使うアルミの渡り板を持ってるというので、それをカマして脱出するまで4時間が経過という無駄な労力www

 もう完全にヘトヘトになりまして。賽の河原の石積みにも似た作業にすっかり私はキレちゃいましてね。
 避難させておいた哀車アウトバック号を定位置へ移動してましたところ、ふいに吹雪いて視界が遮られてまして。納屋の柱にケツからアタックしましたとさ。その程度ではあり得ないくらい大きく破損した後部バンパー。ありえへんwww

 推定気温-6℃くらいですんで、樹脂製のバンパーは硬くなって壊れやすくなっていたのでしょ。夏場ならバンパーの端がちょっとハズれるくらいで済んでいる程度なのに、思いっきり割れました(^^;

 ええ、もう精神的に凹みまくりで。農村から秋田まで走るのが怖くなるくらいの精神状態。こういうハマる日ってのは、とことんハマる傾向がある私なのですよ。
 帰らないわけにはいきませんので走りました。幸いだったのは、-6℃とか-7℃の日曜の夜にクルマを走らせてる人は少ないってこと。スイスイ帰れました。

 破損箇所も強引に装着したわりに脱落しませんでね。冬場は混んでるクルマ修理工場のことを考えますと、慌てて修理すんのも考えものってとこですから。
 一晩寝たらもう精神的な傷は癒えてるあたり、自分の精神コントロールが上手になってる中年なのですね。

 それでも破損箇所の画像はないのでした。やっぱ凹むもんw

|
|

« 十郎兵衛 | トップページ | 覚書 低温注意 »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

そりゃ、お気の毒です。
なんでかハマる時はハマるんですよね。
そう言う時もあるんですよね、ほんと。

車とかバイクが凹と気分も凹みますからねぇ。
そのうちきっといい事あるよ!
と思わなきゃね、俺もだけど(--:

投稿: ぴゅんぴゅん | 2011年1月17日 (月) 21:40

すげー雪ですなぁ

バンパーご愁傷さまですm(__)m
だんだん、歴戦の勇者になるのですねw

私のポンコツ冬ボで塗装諦めました。
なにやら無駄使いしてしまい・・
哀車には夏まで我慢してもらいます

防湿庫が残ったのが救い(笑)

投稿: ガキ | 2011年1月18日 (火) 19:34

> ぴゅんぴゅんさん
2年前のフロントバンパー破損も凹みましたが、
今回は疲労困憊による注意不足という側面もあって、
自分を責めたくなって落ち込むんですなぁ。
ま、もう開き直ってますけれど。
安い修理屋さんを探します(^^ゞ
 
> ガキさん
まともに修理しようとしたら、もうあちこち。
まだ35000kmも走ってないのにーw
地デジ化も携帯電話も買い替えも控えなきゃ。

投稿: ビヨ | 2011年1月18日 (火) 20:59

バンパーじゃなくて、お体が大破損しないように
お気をつけを。
私は車が一度大破しましたけど、あのときは
へこんだなぁ。全部保険で下りましたけどね
(しかしこの保険がまた高い・・・)。
でも、修理に問題があって、なんと冷却水が
漏れ出しましてね。あのときはウンザリした
なぁ。

投稿: hk | 2011年1月18日 (火) 22:06

保険使う気なしw

投稿: ビヨ | 2011年1月19日 (水) 20:13

使わなくてすむのが一番です。

投稿: hk | 2011年1月20日 (木) 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十郎兵衛 | トップページ | 覚書 低温注意 »