« まさか扶桑が1/350なんて | トップページ | どうでもいい話ですが »

携帯電話とスマフォでまだ悩む

 古い携帯電話は料金体系すら古く、割高になっているのだと本日気がついたアナログ親父です(^^ゞ

 どうも我が携帯電話の料金が一向に下がらず、いったいぜんたいどういうわけなのだと、docomoの料金プランを再検討していて気がついたんです。905i以降では料金体系が変わっていると。
 古い機種をしつこく使っているユーザーは優遇しないという姿勢なんでしょーかね。機能的に古い機種でも困っちゃいないんですが。

Img_1119_2

 とはいえ、現行機のGPS機能だけはどうしても使ってみたくて、アプリも走らないくらい古い機種から、いよいよ買い替えようと私は考えましたよ。
 最初は流行のスマートフォンに目が行きましたけれど、こういった通信手段は小さく軽いほど価値があると考えるわたしですから、やはり従来型の携帯電話でいいやと結論をゲット。

Sh01c_b1

 スマートフォンのタッチパネルというやつが苦手、というのもあります。今に始まったことではなく、若い頃からタッチパネルの操作は苦手でして、ジジイになった今はなおさら手先が怪しくなっております。
 ですんで携帯電話に限らずタッチパネル操作系は回避の人生を送っております。最近はカメラにまでタッチパネル操作が流行ってきたりしてますが、私には無縁の機能搭載ってやつですよ、ええ。

 しかしながら。こっそり告白しておきますと、実は最近、自分の携帯電話の表示フォントを一段大きくしました。あいかわらず近眼と乱視がひどいのですけれど、それに加えて小さな文字を読むのが面倒になってきまして。
 まだ老眼っつーほどのレベルにはありませんが、細かい文字がイヤになってきているのは事実。
 携帯電話のディスプレイを見る場合は、動体視力を要求されるようなシーンもあって、古くて小さな画面の携帯電話なものですから、ますます小さな字がつらいのでしょ。

 となればですよ。スマートフォンというのは、なんて画面が大きいのだろうかと、あらためて惚れたくなってみたり。
 まあ画面が大きいということは、電話本体の筐体も大きくなるわけなんですが、幸いにしてdocomoにはGaraxy-Sという薄型スマフォがあったりして、現物はとても軽かった印象です。

Garaxys_01

 料金的にも携帯電話とスマフォはたいして変わりがないことを知ってしまい、最初に想定していた「携帯電話であっても無線LANガンガン活用」という作戦は、元はスマフォの使い方であったりしますね。
 そう考えますと、タッチパネルというハードルと、べったり大きな筐体をどう考えるかといったあたりが判断基準になりそうです。スタイラスペン付のケースなんか導入することも考えるべきでしょうか。

T01c_bk_01

 防水機のレグザフォンにちょっと興味があったりして。予約始まりましたよねー。

|
|

« まさか扶桑が1/350なんて | トップページ | どうでもいい話ですが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさか扶桑が1/350なんて | トップページ | どうでもいい話ですが »