« 分相応について | トップページ | 冬タイヤにしました »

どうぞ安らかにお眠りください

Nakedgun

 主演のレスリー・ニールセン氏が先月28日にお亡くなりになりました。享年84歳。合掌。

 こういったバカ映画の中では、『HOT SHOT!』と並び、二大名作シリーズと個人的に受け止めておりますよ。
 なにしろハリウッドが作る力押しのコメディというのは、これでもかというくらいにネタを押し込んであり、俳優さんも照れとか衒いなんてものはなにもなく、ひたすら集中して演じております。
 「シャレなんですからわかってくださいね?」という日本のコメディにありがちな俳優の手抜きは一切ありません。

 この手のバカ映画というのは、映画を芸術の一端と考えるファンからは評判が悪く、存在が軽いためかTVでも何度か放送されたりしてみんな知っており、なんとなく扱いが薄くなりがちなのですが、じゃあ力押しのコメディをこれだけ作ってみんしゃい!というくらい、簡単に真似ができるものではありません。

 もう人生に自信が持てないくらいに落ち込み、ふと立ち寄った映画館でこの映画を観たと思いねえ。
 きっと「なんだか俺はつまんねーことで悩んでたな」と気がつくか、「人生もそんな捨てたもんじゃねえかもしんねーな」とね、きっと元気づけてくれるはずなんです。
 大きな感動なんか最初から与えようとなんざしてません。笑ってほしい。ただそれだけ。そこへ注力した時のハリウッドのものすごさですね。

 勘違いと下品の嵐。いいじゃないですか。世の中なんて、一枚幕をめくってみれば、現実もこんなもんなんです。

|
|

« 分相応について | トップページ | 冬タイヤにしました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分相応について | トップページ | 冬タイヤにしました »