« そろそろスイッチを入れましょうかね | トップページ | 発作的に原点回帰 »

物欲との戦い 2

 本日は物欲危険デーでした。今日からは節約生活から解放されるわぁ\(^o^)/という浮かれ気分を戒めているつもりではいたものの、心の底の物欲魔王は常に隙を狙っているということなのでしょうなぁ(^^;

 危なかったのはリコーGRD3。かつては「買うつもり!」と宣言したことがありますし、GRD2を使っていて感じた不満を解消できれば、かなりのスナップマシンになるのではないかと思わなくもなく。

Grd3_2

 GRD2で不満に感じたことは、ホワイトバランスというか映像エンジンというか、基本的に絵作りが古いという印象を拭えない点です。次点にAFがもう少し迷わず速く合ってくれれば、というとこですか。

 操作はしやすいし、各種設定が細かいところまでできるため、自分が使いやすい仕様にある程度はセットできちゃう柔軟さもマル。端正な写りであるGRレンズは使っていて気持ちのいいものです。
 なのに、肝心の写りの面で、色再現やらホワイトバランス判定の甘さが、かなりの大きさのストレスになるカメラでもあります。シグマDP以上に難物といえるかも。

 そういった絵作りの面で刷新されているのなら、GRD3はけっこうな即戦力になると今でも思ってます。
 世間で褒め称えるほど素晴らしいカメラではなかろうと身構えはする私ですが、少なくても2型を使ってみて、秘められたポテンシャルはけっこうなものだというのはわかります。ポンポンと軽いリズムで撮っていく撮影行なら、DP1xよりも軽快に使えるでしょう。
 2型でオプションを揃えたりはしておりませんので、3型へスイッチする心理的ハードルも気楽なもんです。余った2型を放出するのも、まったく躊躇がありません。

 けれど。それ以前にGRD2を使い倒してあげたのか?という内なる良心が私に訴えかけるわけです。ええ、納得がいくまで使い倒してはおりません(-_-;)

 そうかと思うと、もしかしたら安くなって在庫処分状態であることに間違いないパナのGF1。

Gf1_3

 わざわざ原版面積が小さなマイクロフォーサーズに手を出さなくていくね?マウント増やしてどーすんの?という疑問はあるのですが。
 システムとしてはまったく考えず、なんらかのレンズ固定装備カメラとしてだけ使うなら、それはアリではないかなんて、物欲魔王が誘うわけですよ。広角ズームあるっしょ。あれを固定装備っつーのはどうかとか考えてみたりして。

G714

 でも、この広角ズームは、思いのほか高価なんですなー。本気のメイン機材でなきゃ私は手を出さない実販価格です。
 なんぼボディが安くても、レンズをくっつけたらけっこうな投資になるのかと気がつき、ハァハァするのをやめましたっけよ。

X100e_black

M11x

M101z_blue_1

 このへんにもハァハァしましたけど、かろうじて物欲の世界から戻ることができました。絶対に必要というわけではない、という一点で逃げ切ってみますた!

|
|

« そろそろスイッチを入れましょうかね | トップページ | 発作的に原点回帰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こさ載ってるな見ればみんな欲しぐなりますw

投稿: kohtamu | 2010年11月26日 (金) 23:39

我慢すんの大変。先のことをなにも考えなければいつでもGOみたいな。
いかんいかん。そろそろ老後に備えなければ。
そう宣言しつつ早3年(^^;

投稿: ビヨ | 2010年11月27日 (土) 08:28

我慢できずカミさんさは内緒でクルマ買っちゃいましたw
この雪国でFR車を^^;

投稿: 匿名希望 | 2010年11月29日 (月) 15:28

秋田弁で書き込んでる時点でw

女房に秘密でクルマを買える立場の幸せを噛み締めるんだ!

投稿: ビヨ | 2010年11月29日 (月) 18:32

ここまでは追ってこないと思うので^^;

乗る親父が5万で買ったって言うつもりです。
納車前ですが今現在車高7cmっていってましたw

60の親父がフルエアロシャコタンじゃまずいので直して貰う予定ですが。

Twi上にスパイ!?がいるのか、カミさんの友達フォローしてしまってるのか告げ口されてるため好き勝手な事はしゃべれなくなってしまいましたww

投稿: 匿名希望 | 2010年11月29日 (月) 20:13

あるある。SNSの類はけっこうおっかないんですよねー。
誰が見てるかわからんとこがあって。しょせんは狭い
田舎ということで。

投稿: ビヨ | 2010年11月30日 (火) 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろスイッチを入れましょうかね | トップページ | 発作的に原点回帰 »