« 買うか検討してみる | トップページ | ジジイの寝言 »

そんなもんはない

 友人というのはありがたいもの。しかも、いつもなにかに気がつかせてくれる友人というのは、得ようとしても簡単に得られるものではなく。

 というわけで、エンゾーさんのブログ記事なんだが。ようは、なぜみんなデジタルカメラの絵について「吐き出す」という言葉を使うのか、という話。
 最初に読んでハテナ?という感覚に陥った私は、振り返ればこの「吐き出す」という言葉を使ってきています。言われてみれば確かに、あまり上品な表現ではありませんな。

 うむむと考えてみれば、私は今でもできれば銀塩機のみを使いたいと考えているクチで、つい最近までデジタル機なんざバカにしてたタイプです。
 つまり無意識のうちに銀塩比でデジタルを格下扱いしてきてるんですね。そのへんから言葉に無頓着であったかも。

 デジタルカメラというものがPC関連の技術から育ってきたものということも承知しており、PC関連では「吐き出す」「叩き出す」という表現をよく使います。必要以上に激しい表現として使われているのですな。アキバ系にありがちな表現を普通に受け止めているわけで。
 エンゾーさんのブログへのコメントに「PCのプリンターから出力されるペーパーのイメージがあるのでは?」というご意見があるのも理解できるところ。

 きっと私の頭の中では、デジタルカメラというものはパソコンの周辺機器なんですな。富士通のFM-77AVの頃からパソコンというものに接してきている私は、無意識のうちに「そっち方面の表現」を使っていたと思われるわけで。
 あらためて友から指摘されると、確かにその通りだなと気づかされてしまいます。いい友人というのは常に自分を刺激してくれるよなぁ。

 正論としては「出力」かもしんないですね。「つむぎ出す」っつーのはデジタル機器に合わない気がしまーす。

 話はいきなり変わりますが。

 ワイドズームを使うと、なんとなくつけっぱなしになっちゃって、散漫な広角レンズの絵を量産することになりはしないかと、ふと考えなくもなく。
 仮に換算焦点距離が20-35mmだとして、私の使い方だと、たぶん二焦点レンズとしてしか使わない気がするのですね。35mm域常用で、ワイドレンズに交換する間に素早くズームして済ませようという、手抜きレンズですわ。

 常用が28mmになってる昨今、仮に14-28mmというズームレンズがあったとして、14mm域ってばかなり特殊な画角になるわけで、ズームリングを反対側の端っこまで回せば済むという話ではありませんな。
 かといってチマチマと画角を調整してるくらいなら、素早く下がるか進むかしてレリーズしといたほうが話は早いっすよ。

 そう考えていくと、シグマの17-70mmをデフォルトレンズとして位置づけてしまった私には、換算焦点距離が28-105mmの外へレンズを置くのなら、ズームでなくて単焦点でいいべさ。そんな方向に思考が。
 あまり言いたくはありませんけれど、広角ズームの実販価格というのは、そのまんまユーザーの人気に比例しているようなところがあり、ネット上で調べてみると、描写にもある程度は価格に比例しているところがある感じなんですね。

 で、換算焦点距離を逆算して、12mmあたりの単焦点レンズがあれば、20mm相当として使え、かつ開放が暗くても非常用レンズとして持ち歩ける寸法なら言うことはありません。
 と思って調べてみたら、そんなもんはキヤノンにもレンズメーカーにもないのですなぁ。ないものねだりをしている自分に気がつくという寸法。むう。

 選べるレンズが激しく限られてきている自分の機材選択スタイルは、古いんでしょうねえ。まあしょうがないことです。大事なことは「なにを使うか」ではなく「なにをどう撮るか」ですもんね。
 今回の登米で激しく思い知らされました。慣れてる機材ならなんだっていいのだと。慣れることができるかどうか。そこを重視したほうが私は良さそうです。

|
|

« 買うか検討してみる | トップページ | ジジイの寝言 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

予想以上に多くの方から反応があって驚いています(^_^;

「吐き出す」という表現は、便利だけど使うのが
はばかられる言葉と言ったほうがいいかも
しれませんね。

ところで僕が欲しいレンズも「そんなもんはない」
という範疇に入ります。
物撮りで使う焦点距離が85~150mmの範囲なのですが、
寄れることも絶対条件なので、しかたなく高倍率ズーム
なんぞを使っておりますが、そうすると解像度が
かなり不足するんですよね…
寄れる75-200とか75-300クラスの高解像度の
ズームがあれば即買いするんですが。

そんなものはない。

投稿: エンゾー | 2010年10月15日 (金) 20:51

100mm前後のマクロレンズでは不便かえ?
撮影時にディスタンス調節を省く点でズームかな?

投稿: ビヨ | 2010年10月16日 (土) 10:02

ディスタンス調整もさることながら、狭い室内スタジオもどきでの撮影だと、被写体のサイズによっては、とにかく余計なものが入り込みがちなので、ズームで画角調整しないと厳しいんですわ。単焦点一本ではカバーしきれないッス。

…まあ、不精しないで交換すりゃいいじゃんって話でもあるんですが( ̄▽ ̄;)。

投稿: エンゾー | 2010年10月17日 (日) 11:00

連続してブツ撮りしてると、レンズ交換めんどくせ。
マミヤ6×7を思い出すと、まーめんどくせ。
このくらいブツ撮りのセルフが普及してんですから、
そのへんを主張するレンズがあっても良さそうなもんですな。
マクロ域専用のズームに無理があるのは承知ながら、
私が愛用してるシグマの17-70mmなんかはマクロ域も
得意としてますしねえ。
作って作れないことはない。やりそうなのはやはりシグマさんw

投稿: ビヨ | 2010年10月18日 (月) 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買うか検討してみる | トップページ | ジジイの寝言 »