« 物欲は尽きぬ | トップページ | そんなもんはない »

買うか検討してみる

 広角ズーム調達について、少し本気で調べてみようかと思い。

20101013180954

 なにやら表を作ろうかと思ったけれど、面倒になってきたのでやめ。こんなもん、きっとネットのどこかに比較記事がちゃーんと存在しているに違いないのです。
 オカネに余裕のある人とか、カメラマスコミなんかが比較記事を書いてるに違いなく、そっちを参照したらいいだけのこと。

 ちなみに私が調べてみた実販価格では、

● シグマ 10-20mm F3.5 → 6万5千円前後
● シグマ 10-20mm F4-5.6 → 5万円弱
● タムロン 10-24mm F3.5-4.5 → 4万5千円前後
● トキナー 11-16mm F2.8 → 5万前半
● トキナー 12-24mm F4 → 4万前半

 という感じ。

 価格だけからいったらトキナーですな。トキナーAT-Xの伝統的なシャープさは私の好むところではあります。シグマの明るいほうが意外と高価。HSM搭載というアドバンテージなんでしょうかね。
 焦点距離から潰しが利くと思われるのはタムロンなのですけど、あのゴソゴソとしたAF動作の音はどうなったのかと気になったりします。トキナーもゴソゴソしてましたが、改良されたみたい。

 広角系ズームなら、一撃必殺のAFがピタリと決まってくれれば、その程度で文句はありませんので、あまりうるさいことは言いません。でもゴソゴソしてんのはちょっとねえ。
 どうすっかなー。買っちゃうかな。20mmまでカバーしてくれればいいんですよ。20mmは常用できるギリギリと感じてますんで。17mmとなると、非日常の世界で、1カット決めればおしまいですから。常用する焦点域ではありません。

 そんなわけですんでね、かつての私の3点セット理論、すなわち20-35-100mmがあれば、とりあえずなんとかなるぞと。
 20mmはギリギリ常用(といっても限度というものがあるにせよ)できる広さで、望遠側は100mmが日常感覚の限界。135mmとなると本格的な望遠効果が出てきちゃいますし、近距離の被写体には対応できなくなってきます。

 20-100mmという範囲の中で、自分の標準域をどこへ置くかということで35mmをチョイスでしたが、最近の私なら28mmですかねー。それでも広角側は20mmが限界かと思うのでした。
 KDXなら持ち歩くタムロンの70-300mmLDは、完全非常用。銀塩の頃からそういうポジションのレンズでしたから。デジタルでも使えそうなので今でも装備しているというだけに過ぎません。
 けれど持ってればけっこう使うものだと、今回の登米で学習しました。それなら望遠側はお任せ。

|
|

« 物欲は尽きぬ | トップページ | そんなもんはない »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

レンズ選び、楽しそうですねぇ^^

AFだと気になることはないでしょうけど、
メーカーによってピントリング(絞り環も)の
回転方向が逆だったりしてアワアワしたりしません?

MFでスプリットタイプのスクリーンだった日には、
頭が混乱してしまいます。

僕もK-7に広角を・・・必要ないな(--;;

投稿: Kizao | 2010年10月13日 (水) 19:59

↑ アワアワしない私。
それだけ撮ってなくて、なじんでない証拠。
MFだとフィルムが持ちます(笑)
ただ、遅いだけ。

でも、MFは楽しいのよ(^^

投稿: ガキ | 2010年10月13日 (水) 20:21

> Kizaoさん
バカWebやってると、選んだレンズは結果を出さなければ
ならず、選ぶ前が一番楽しいのよん♪
ズームリングの方向トンチンカンは、もう慣れちゃいました。
MF時代のレンズメーカーはメチャクチャでしたもの。
もう平気(^o^)ノ
 
> ガキさん
ご自分のスタイルを作り上げてく過程には、信じられるのは
自分だけ。
一番大事なのは「楽しい」ですよねえ。

投稿: ビヨ | 2010年10月14日 (木) 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物欲は尽きぬ | トップページ | そんなもんはない »