« DP1x いいね | トップページ | 再録 コンタックス T3 »

再録 コニカ HEXAR

 高級コンパクト機とかつて呼ばれたジャンルを連投。

 ヘキサーに関しては某巨大掲示板で叩かれたものの、別にウソは書いちゃいないからなー。責められてもいかんともしがたく。
 でも叩かれた具体的な部分に関しては、もうイヤなので今回は再録しません(^^;

 以下、再掲分。



 以前からものすごく興味を持っていたカメラである。私が好んで使用していた35mmレンズ。しかもF2.0という明るい高速レンズは、あきらかにメーカーの意思を感じ、他社製のコンパクトカメラとは一線を画している。
 地味な外観にすこぶる評判のよろしいレンズ。なにやら羊の皮を被った狼のようではないか。憧れは募るばかりであった。

 借り物のヘキサーロジウムを南の島へ持ち出してみたところ、期待に負けない惚れ惚れする写り。これはもう入手するしかないだろ。
 けれど私が調達できたのは、シルバーの後期型。中古ではなく新品が欲しかったのだった。

Hexar_01

 使ってみての印象は「こりゃ生半可な腕じゃ使いこなせないぜ」であった。昔ながらの部分測光とAEの組み合わせは一般的ではない。慣れれば部分測光ほど使いやすいものもないのだが、慣れるまでは苦労する。そのくせしてAE時の露出補正は、後発機に比してやりやすいとはいえない。
 マニュアル露出に切り替えると今度はスポット測光になる。スポット測光も難しい。一眼レフのスポット測光よりもは広めの測光範囲であるところが救い。
 露出に関する情報をあれこれと表示してくれるわけではなく、ファインダー内情報も極端に少ない。昨今のいたれりつくせりのカメラではないのだ。異色である。

 頭を使わなければ使えないカメラで、露出にはあまり自信のないまま使用フィルムを現像してみたら、これがなんともんのすごいシャープな写り。ずいぶんスッキリとしたスリーブやな~という印象である。
 きっちり写って色調コントラストが高いものだから、コダックのEBXなんか使うとぶっ飛んじゃって、ものすごいハイコントラストなカットになって使い物にならないくらいである。
 そのくせ、おとなしいフィルムで使うと、これぞ高速レンズだよなぁという味と、きっちりした写りを堪能できる。曇天でもどんよりとした写りにならない。

 ヘキサーってのはベテランをターゲットにしたカメラなのだろう。片手に下げて街を歩いてみると、重くもなく軽くもなく、自分の無意識の中に、作品を撮影できるくらいのカメラを手にしているのだという意識を与えてくれる。適度な存在感である。
 AFは世評どおり99%ピタリと合う。私の使用状況では100%合っている。この頃のコニカのAFはものすごい精度でピントを合わせるのだ。F2.0開放でもなんの不安もない。

Hexar_04

 だけどもうちょっと優しいカメラであってくれてもいいんでないかとは思う。ファインダー内情報の寂しさと、ボタン操作中心の操作性は誉められたものではない。使い勝手が向上するなら、おそらく銀塩写真最後の日まで使われるカメラの1台になるはずである。
 そのくらいに基礎ポテンシャルは高い。基本的な部分が完成されているのである。地味な外観が禍していまひとつウケないようだが、こんなに戦闘的なカメラもそうそうないものだ。

 手元にあるのはヘキサーシルバー。後期生産型である。社外フラッシュ用にGN設定モードがあるあたり、使用する人の立場になって搭載された機能と感じる。(2004,02,28)

 《中略》

 さて、後期生産型に対してサイレントモードを搭載しなかった理由は、様々な憶測がされているが、もっぱら隠し撮り防止、あるいは特許侵害という説が横行している。真相はわからない。
 私などは黒ボディ好きなのになぜかヘキサーはシルバーを使っているが、サイレントモードが搭載されていないというのはちょっと残念な気がしていた。ROM改造によりサイレント化してくれて、個人的には得した気分である。

 ただ爆速AFのレンズ駆動速度が、サイレントモードでは遅くなるというのが痛し痒しであると思われる。
 また、あまりにも静かなシャッター音のため、サイレントモードではシャッターの落ちたタイミングがよくわからない。すぐ落ちてしまっている。巻き上げモーターの音がいかに撮影のリズムを刻んでいるかよくわかった。




 以上、再掲分。

 問題の「後期型ヘキサーでもサイレントモードを生かすコマンド」について割愛しています。
 私は中国の某サイトにてそのやり方を見つけ、元ネタが英文で書かれた某サイトであると発見し、英語ならなんとかなるべえと自分でやってみて成功したので、親切心のつもりで日本語化したものを掲載したのだけど、出展は某巨大掲示板のはずなのに発見してきたかのように書いている!と叩かれたのでした。

 批判されてまでも親切心を維持するほど私は聖人君子じゃありませんので、今回も掲載はいたしません。
 おそらくコピペなりなんなりされてネット上のどこかには明記されているはずですから、興味のある方は自己責任でどうぞ。

 でも素直に黒ヘキサーを選んでおいたほうがいいと思います。サイレント化しても黒とシルバーじゃ音が違うんですよ。たぶん黒ヘキサーのほうが静かだと思います。黒ヘキサーは最初からサイレントモードを搭載してますしね。
 ヘキサーに手頃なフードとしてみんなが手を出したコンタックスGのフードがキンキラなので、ボディはシルバーでもいいかと思ったのでしたが、目立たないスナッパーであることを意識しても黒ボディの程度のいい中古を探すほうが賢明だと思いますですよ。

 ヘキサーはいわゆる高級コンパクト機のカテゴリーで語られるカメラですが、その大きさからコンパクト機というより「レンズ一体機」ですわ。気軽に持ち歩く存在じゃないですもん。
 けれど、いざマジで撮るというシーンになると、いい大きさなのね。体積的にはライカMあたりを持ち歩くのと変わりがないけれど、重量が軽いので、適度な緊張感を維持してられるというか。

 んで、レンズも決して優等生ヅラした写りではなく、開放ではなにげなく破綻しかけてるところを見せたりして、銀塩時代ならではの性格だと思うんです。ゆえに処分できません。そういうかわいいレンズが好きですから。
 レンズについての詳細ウンチクは、以前に書いたものを参照願います。

 

|
|

« DP1x いいね | トップページ | 再録 コンタックス T3 »

旧機材系・再録」カテゴリの記事

コメント

この文章に触発されてヘキサーにハマった私。
写りの良さは折り紙つきです。

ピント精度はマジで抜群。
あれで、、ダイヤル操作であれば、シャッタースピードがもうちょっと選べたら・・・と今更言ってもね(w

でもいいカメラですよね、ヘキサー。
一時期ヘキサーRF狙ってたなぁ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2010年10月 1日 (金) 22:20

操作性はねー、後発機と比べたらもったいないよねー。
このジャンルじゃ最初のほうだったでしょ。コンタT2と
35Ti、そしてヘキサー。
低感度フィルムで使うことを前提にしてる仕様だもんなぁ。

投稿: ビヨ | 2010年10月 2日 (土) 06:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DP1x いいね | トップページ | 再録 コンタックス T3 »