« 大曲の花火 2010 (2) | トップページ | Twitterと町興しについて »

大曲の花火 2010 (3)

 顔を見たこともない営業さんが携帯電話へ何度も連絡してきてうるせーので、会社を早退して哀車の定期点検へ行って来ましたよ。

 暇そうにしてる受付カウンターの前で5分ほど立ちっぱなし。誰も知らないふり。気配消した忍者か俺は。
 「予約はありますか?」と質問されましたけど、懇意にしていたサービスさんから「ウチは基本入庫順ですから予約なんて意味はありません!」と密かに聞いてましたので「予約してまへん」と返答。
 「定期点検は有料でオカネかかるんですが」と言われ、この人の顔に二つ開いてる穴はなんの穴だろうかと。受付カウンターの上に置いてある車検証入れの表に、デカデカとお宅の定期点検プリペイドシールが貼ってあるのに。

 マニュアルトークの早口でなにを言ってるのかよくわからないオタ風サービス窓口スタッフ。私用電話ガンガンの女性社員ら。どうも接客業の自覚がないらしく。
 前からまともではないと感じてはおりましたが、どんどんひどくなってきてるわけで。こんなディーラーさんで、あなたはまたクルマを買おうと思いますか?

 話は変わりまして、きのうの続き。

Img_0349_2

 今回の花火は、BS生中継を見ていた全国の方にはお気の毒。NHKじゃスポンサード花火は写さないのですよ。宣伝になっちゃうから。

 そのスポンサードが、100年記念ということで大変に気合が入っておりまして、いつもの年ならスポンサーごとに上げる花火が、合同スポンサードで予算を盛ったらしく、ミニ大会提供という規模で派手にブチ上げました。
 つまり今回は定番の大会提供の他、100年記念提供花火。そしてスポンサードの気合が入った花火が2つ。いつもの10号早打ちもあり、純粋な競技大会とはいえ、かなりのレベルで観客の目を楽しませてくれましたよ。

 東北電力のCMテーマが流れなくて寂しかったお客さんもいらっしゃったとは思いますが、早打ちで「いざないの街」が流れたので、秋田県民歌を合唱できたので良しとしましょうよ。
 そういえば、桟敷席では合唱状態になる秋田県民歌が、草原のフリースペースではまったくありませんでした。私の独唱(^^;

 なんでTV中継じゃ話にならないのかといえば、カメラワークのまずさですね。目玉である大会提供は、桟敷席からですと視野いっぱいに花火が広がり、ゲシュタルトが崩壊する勢いなのですけど、TVカメラは一部分を抜こうとしちゃうわけです。
 また、全体像と抜きの画像をスイッチするタイミングもあまりよろしくなく、シラケちゃうんですよね。

 んで音響。桟敷席の床が跳ね上がる炸裂音は、現場じゃなくちゃわかるものではありません。光と音がBGMに乗って、初めて大曲の花火になるのですよ。
 締めは、南こうせつの「満天の星」。雄物川対岸で発炎筒を焚く花火師さんたちに、こちらからはペンライトで応えるラストシーンがフィナーレ。これがなきゃ大曲の花火じゃありません。キリッ

Img_0652_2

 撤退時は素早く逃げられる草原スペースでしたが、落とし穴。野営地へ戻るために渡らなければならい橋の前で、団体客の集合をしてる頭の悪い旅行会社が数社。

 この橋は緊急車輌の通過のために幅が半分に減らされていて、ただでさえ狭くなってるというのに、その入り口で団体客が固まったまま動かないという最悪の状況。
 こりゃチャリ同伴じゃ突破は不可能だと一瞬で悟ったものの、すでに人の流れは道幅一杯で一定の方向にしか流れていません。なるべく邪魔にならないようチャリを押して徒歩で迂回しつつ会場へ戻った時には、もう1時間が経過してましたとさ。

 まだまだ歩いている客をすり抜けつつ野営地に戻ったのは23時半。R105は渋滞で完全に動かなくなってまして、携帯電話もまったく繋がらないまま。
 大曲の花火で一番アテにならないのが携帯電話という事実は、そのうち訪れようとしている人にとっては大きなポイントですな。

 なのに。いつも私がなにかに夢中になってると電話してくる間抜けな知人がおりまして。楽しみにしていたDVDを再生している時。もしくはTV番組に集中している時。なぜか必ず電話してくるんです。
 ええ、花火の真っ最中にも電話が来まして。めったに繋がらない会場に、一発で通話を通してまで私の邪魔をしてくる知人は、いつもなんの用事もないのでしたよ(-_-;)

 夜半に撤収しようとしている人。早朝に撤収しようとしている人。うるさくて2夜目も熟睡は無理。車泊だと暑くてたまらんでしょうし、テントだと外の音がうるさいのでした。
 それでも早朝に起床し、明らかに朝から気温が上昇している気配に、早々と撤収することにしました。ホントは大曲市街に気になるラーメン屋さんがあり、暑さにもめげず食う覚悟をしていたものの、テント内の暑さには辟易してまして。

 コンビニに寄ったらですね、飲み物の棚が見事に空っぽ。冷蔵庫もオープン冷蔵スペースも全滅状態。
 オニギリも不人気商品だけ大量に残ってまして。ちなみに残ってたのはエビマヨと熟成生たらこでした(^^;

 観客として参加した私には考えを及ぼすことしかできませんが、現地の方は一週間がかりで地域の清掃活動をするのですよ。そのほとんどは住民の「町内会活動」という名のボランティアです。
 来年も訪れようと考えてらっしゃる方は、せめてゴミは分別して指定箇所に捨てるようにしましょうね!

|
|

« 大曲の花火 2010 (2) | トップページ | Twitterと町興しについて »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

おいらも先月に車検を出したんだけど、ディーラーのお馬鹿さに頭が来て、トヨペット本社にクレーム入れましたよ。
おいらの担当(つっても一度も顔を合わせたことがない)が、別店舗に異動したら、おいらのデータまで異動。お前は、おいらにわざわざ遠い店舗まで車検に来いってか? 
ありえんだろうと、元々の店舗に電話しても最初は要領を得ない女子社員。まあ、別に担当がつくってことで一件落着したけど、それでも引き取り当日、エンジンをかけると、いきなり給油ランプが点灯^^; まあ、10Lは残っているので問題なく帰宅はできるはずなんだけど、給油ランプが付いていたら、給油しとけよ。別に実費を請求されてもかまわないからさ・・・てな感じです。
たぶん、来年の定期点検以降は、近所のイエローハットにするな。
ちなみに、費用を浮かすために、初めて自分でバッテリー交換しました。これ、意外と簡単なのね。イエローハットあたりで変えてもらう場合の半額ですみました。

投稿: くれーん | 2010年8月30日 (月) 22:11

メーカーさんには罪があまりないのかもしれませんが、
ダメな自動車ディーラー抱えててもしょーがないだろって
素直に思います。
車検は腕利きが揃ってる民間車検工場に出しまーす。

投稿: ビヨ | 2010年8月31日 (火) 09:57

うおー!一枚目すんげー綺麗!
シャッタースピード相当短いですな。
花火撮る場合、長いシャッター切ると歩留まりは
良くなるけど、肉眼で見た感じとかけ離れてしまい
似た様な写真を大量生産してしまいます。
次からは気をつけよう・・・って、もう来年まで
チャンスねーな(T-T)

投稿: エンゾー | 2010年8月31日 (火) 10:43

僕は二枚目がとても好きだなぁ
煙に色がついたように見えて
なんかこう「色っぽい」感じw

投稿: Kizao | 2010年8月31日 (火) 13:18

> エンゾーさん
シャッター速度は最初1/4に設定。ほとんどは1/8ですよ。ISOは400の一択。
連写でたまたまタイミングが合った1枚だったのでしょ(*´∀`*)
 
> Kizaoさん
私も満開のいわゆる花火写真はあまり好きじゃありませんで。
それにしても、ブログに載せようとテキトーに選んだカットに、
みなさんからコメントをいただけて光栄です。

投稿: ビヨ | 2010年8月31日 (火) 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大曲の花火 2010 (2) | トップページ | Twitterと町興しについて »