« オモチャ来た! (1) | トップページ | 乗りてえね »

オモチャ来た! (2)

Img_0071_2

 というわけで、エグゼモードのF537IRが届きましたよ。なんでこの色のボディにしたかというと、たいして意味はありません。夏向けの赤外線モードだから、涼しげな色が良かろうというだけのこと。
 このカメラに限っちゃ、黒はなにやらイヤらしい気がしますし、シルバーカラーで重厚感というような存在でもないっしょ。ポップなカラーでよろしいかと。

 まず、ボディはやたら軽いです。充電池仕様ですが、電池以外になにも入ってないかのような軽さ。
 その電池はUSB給電で充電する仕掛けになってまして、付属するACアダプタはコンセントにUSBコネクタを装備したもの。ちょっと変わってます。
 もちろんPCのUSBコネクタで充電するのも可。最近搭載するマザボが増えた常時給電タイプのUSBコネクタなら、PCの電源を入れなくても充電できます。

 売られている価格からは信じられないほど多機能の設定が可能になっていると、取り説を見れば感じるところ、実際に操作してみてもホワイトパランス設定の画面が見当たりませんし、背面ボタンの操作性は誉められたものではなく、フルオート状態で使うのがいいようです。
 また、レンズカバーを装備しておらず、レンズも固定焦点。マクロに切替も可能ですが、距離20cmの固定。携帯電話搭載のカメラよりもショボいかもしれません。

 また、店頭陳列用のPOPシールがボディに貼られているのですが、これが糊の残るタイプのシールで、剥がしても糊がベトついて閉口。
 ボディの塗装が剥げるかと思い、弱いシンナーで掃除してみましたけど、簡単には落ちません。糊が乾くのを待つしかないですね。

 最初からオモチャ、あるいは擬似赤外線撮影専用の単機能機だと思ってますんで、多々ある難点も「しょうがねえな」と片付けられる潔い実販価格で許します(^^;

Img_0102_2

 これが通常撮影時。IRカットフィルターが見えます。普通に使えば、固定焦点機ということを除いて、シーン検出機能があったり、ホワイトパランスもオート。フラッシュも内蔵してますから、お手軽スナップ機として使えそうだったりします。

Img_0101_2

 これがIRモード。IRカットフィルターが退避し、不可視光である赤外線ランプが常時点灯になります。この切替はレンズ上にあるスライドスイッチで簡単に可能。
 一般的なデジタル機の場合、レンズ内に入ってくる赤外線が描写に有害なため、IRカットフィルターを装備しているのが当たり前であるところを、逆手に取ってフィルターを退避させ、モノクロのIRモードとしている仕掛けです。

Pic_8_2_2

 近所を散歩しながらいろいろ撮ってみました。赤フィルターで赤外線フィルムを使った時のような強烈なコントラストはつかず、どちらかといえばコダックのインフラレッドみたいに、どこか幻想的な絵になりますね。

Pic_0018_2

 葉緑素が反射する赤外光に強く反応するようで、松の葉が真っ白にふんわりと写っています。

Pic_0021_2

 やはり直射日光が当たる葉が白く明るく写ります。

Pic_0045_2

 逆光には弱いレンズです。コントラストはそんなに落ちないものの、派手にゴーストが出ます。なお掲載カットはPC上でコントラストを少し上げてあります。

Pic_0048_2

 西日が当たる三重塔。やはり木々の葉が明るく写りますね。

Pic_0063_2

 夜間撮影かと思うようなカットになるのは、直進性が強い性格の赤外光と西日のせいだと思います。

Pic_0064_2

Img_0091_2

 F537IRとS90で同じような位置から撮ってみました。

 F537IRの固定焦点レンズは、上のカットのような距離でもいきなりピントが合ってませんでして、かといって無限遠のピント精度に期待できるような性格でもないと思います。つまり「中景向け」のレンズかと。
 それでも、赤外線フィルムを使う煩雑さを考えれば、これだけ手軽に使えるデジタル赤外線機はおもしろい存在でしょ。

 元々赤外線を拾う能力に長けていたデジタル機ですから、普通の機種でもIRフィルターを使うことで擬似赤外写真は得られると聞きます。
 チマチマとIRフィルターをカメラ前へかざしたりするのは、たぶん私のようなガサツな性格の人間には合いません。F537IRでオッケーなのですよ。

 でもAF機で28mmくらいのレンズだと、もっと楽しいとは思いますが(-_-;)

|
|

« オモチャ来た! (1) | トップページ | 乗りてえね »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

面白いですね、この写り。
下手なトイカメラ買うよりは楽しめそう!

そうそう、カメラありがとうございます。
OM10に入ってたバッテリーをOM4に入れたら作動しましたのでそのまま使ってみました。
絞りがレンズの先端って慣れませんねぇ(^^;

LXと一緒に絞り優先オートで使ってみたんですが。
どっちの露出計が正しいか悩ましい値がでます。
電池のせいかな?

投稿: ぴゅんぴゅん | 2010年8月 8日 (日) 21:20

OM-10とOM-4って電池同じだっけか。なんも頭になかった(^^ゞ
露出計の値が違う件。たぶんLXのほうが変わった測光分布で
なかったっけか?あやふやな記憶だけど。
OM-4のスポットで何点か計測して積算させれば、そんなに
変わらない露出が出ると思うよ。

投稿: ビヨ | 2010年8月 9日 (月) 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オモチャ来た! (1) | トップページ | 乗りてえね »