« 危うく衝動買い | トップページ | 追悼 葦毛の怪物 »

お酒について

 やー、すいません。なんだか人間関係で煮詰まっちゃいましてね。相談に乗ったり、元気付けたり、包み込むように暖かさを提供するのはいいんだけど。
 その俺の相談には誰が乗ってくれるの?誰が元気付けてくれるの?誰が俺を暖かく包んでくれるの?
 神父さんは神様がいるから耐えられるかもしれんけど、俺っちは後ろ盾がなんにもねーもん。マザー・テレサの言葉に従って愛を与えてがんばってみても、たかが人間。限界もありまさあ。

 俺はなにをやってんのかなーってね、気がついちゃいけないことに気がついてしまい、テンションをひたすら落としてしまって更新をサボりました。すいません(-_-;)

 話は変わりまして。

 自他共に認めるビール&発泡酒党の私ですが、野営における酒の体積節約には以前から興味があり。ワインは普通に飲めるようになりましたが、ワインも体積的には不利な酒で。

R4595ebx

 1泊2日で紙パックの安ワインを消費してしまうわけで、これじゃ350ml×6本体勢と変わらないじゃねえかって話でしてねえ。ワイン飲んでも体積節減になりまへん。

Bks_k_top1

 こういうのに憧れてんですよ。ガキの時分から。スキットルってえんですかね。こういうのに入れるのは、やっぱり濃い酒でしょ。ウイスキーとかバーボンとか。あるいはブランデーとかスコッチとか。
 ところが私は大人になってからモルト系の酒を受け付けなくなってしまいまして、高校生の頃には煽るようにロックで飲んでいたのが夢のよう。

 でもガキの頃から水割りが苦手だったのはありますね。元から苦手だったのかもしれないですね。モルト系は。

 とはいえ、もう私も不惑なんかとっくに超えたオッサンですし、そろそろウイスキーなんかをナメてみてもいいんじゃないかと思わなくもないんです。
 超金欠の再就職活動期間に、以前得意先からもらったウイスキーをチビチビ飲み出し、結局全部飲んでしまった前歴もありますから、慣れたらイケるんでないかという感じはしてます。なにしろ酒豪の家系ですしねえ。

 そんなわけでウイスキーが流行ってる昨今の時流に乗り、なにか試しに買ってみようと思ったら、これがよくわかんなくてですね。
 私の頭の中には高校生の頃の洋酒価格分布しかないのですが、なんでこんなに安くなってるんだという動揺と、なんにも予備知識がない悲しさで、なにがなにやら。

 ただ、ウイスキーブーム=ハイボールの牽引役であるサントリーだけはパス。まつろわぬ民の末裔ですから。サントリーのウイスキーなんざ死んでも飲むかっ!という意識だけはあります。
 ニッカにしたいと思いつつ、テキトーに買ってきたのが、モルトクラブってやつ。帰宅してから調べてみたら、高校の頃に騙された安物ウイスキーラインみたいな価格帯の商品じゃんか。失敗したかも(-_-;)

 当時はですね(30年前)、ビールと焼酎へ顧客の嗜好がシフトし、ウイスキーへ安い価格帯の商品を投入するのが各社流行ってた頃なんです。
 安くて濃い酒だから、小遣いの少ないガキにとっては魅力的だったものの、しょせん安酒。消化するのが大変で。900mlをお湯割りで消化した記憶があります。

 水割りって、酒の臭い匂いが鼻につく感じがして、とても苦手なんです。まだロックのほうが良かろうって感じ。
 お湯で割ったらもっと匂いがするだろうとみなさん思うんでしょうが、鼻をつまんで飲んでる分には、お湯割りは五臓六腑に染み渡る感じで、薬湯を飲んでるかのような感じで。

 おお、お湯割りにすりゃいいのか。これから先の夏場にお湯割りってのはどうなのかと思いつつ、携行する酒の体積と野営における使用水は関連性がないので、お湯割りならなんぼでもイケまんがな。

 でもお湯割りなら焼酎の梅干投入が好きだったりします。ジンならジントニック。スキットルに焼酎とかジンでもいいのかしら。美意識からするとなんか違う気はしますが(^^ゞ

|
|

« 危うく衝動買い | トップページ | 追悼 葦毛の怪物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ウィスキーは安くなりましたよね。
私高校卒業の時初めて呑みましたけど。

レッドやハイニッカが980円
オールド(だるま)が3000円くらい?
ローヤルが5000円位だったと記憶してます。

今やどれもすこぶるお安いですね。

とりあえず個人的オススメは
カティサーク、かな。
ストレートで癖がなく呑みやすかったという遠い記憶があります。
ホワイトホースやフォアローゼス?だったかな?は
キツかったような・・・

まぁ、うろ覚えだけど。
カティサークは個人的に呑みやすかったのはホント。

いま呑むなら私は日本酒なんですけどね(^^;
私も仕事のストレスから4月から晩酌するように
なっちゃいましたよ。
こまったもんだ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2010年7月 3日 (土) 21:06

学生の頃は、オールドが高いお酒、
リザーブは超高級酒、ローヤルは雲の上・・てな感じでした。
懐かしいですねえ。

でも私はニッカ好き。
ブラックニッカは安くてお値打ち。
前にRyeBase とかCornBaseとかいうおいしいお酒が
有ったのですが、最近見かけないです。

流行りに押されて、炭酸水も冷蔵庫に常備です(^^;)

投稿: すずめのえんどう | 2010年7月 3日 (土) 22:52

> ぴゅんぴゅんさん
ジョニ黒なんて1万円くらいしてたよねー。洋酒は高い
というイメージ。ゴードンのジンも当時は高かった・・・・。
カティサーク。うん、メモっとく。
 
> すずめのえんどうさん
ニッカってウイスキーを長く飲んできた人から評価が
高いですよね。
蝦夷の末裔としては(社長さんは熊襲って言ってたけど)
ニッカ支持になってみたくて。
ブラックニッカと迷ったんですお。モルトクラブとどっちに
しようかって。
一夜過ぎて慣れたら、ウイスキー飲めるかも。飲みすぎて
夜中ゲロ&二日酔いになっちゃいましたけど(^^ゞ

投稿: ビヨ | 2010年7月 4日 (日) 10:56

オールドパーやシーバスリーガルは8500円だったような.ジョニ黒も今では考えられん値段でした.

ところで私のオススメはフェイマスグラウス.この時期はハイボールがうまいです.こいつはお財布にも優しいお酒です.もうちょっと高くてOKならモルトのラフロイグ.こいつのハイボールは最高にいけます.

投稿: すが | 2010年7月 4日 (日) 22:27

熊襲発言懐かしー
私もサントリーのウィスキーは飲みません。

投稿: | 2010年7月 5日 (月) 11:02

> すがさん
フェイマスグラウス?ラフロイグ?近所のスーパーでは
売ってなさそうな銘柄ですなぁ(^^;
酒類専門の広域チェーン店に行けばあるのかな。酒の○まやとか。
 
> ななしさん
トーホグをバカにすんのもたいがいにせえ。そう思いましたよ。
きっと関西人は心の中じゃみんなそう思ってんだろうって。
このところ徐々に明らかになってきている東北の古代文化に
救われる思いですぜ。我々には我々の文化がきちんとある!

投稿: ビヨ | 2010年7月 5日 (月) 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危うく衝動買い | トップページ | 追悼 葦毛の怪物 »