« 再録 オリンパスOM-4 | トップページ | ポチッたのはいいものの »

雑草との戦い

 義理を返す週末にするはずが、なんだか自分のことをしてばかり。あるいはぼんやりしたまま時間が過ぎていきました(^^ゞ

 床屋に行って夏バージョンの長さにしてもらった帰り、密かに細かいアイテムを揃えてる某大手スポーツ店へ勇んで立ち寄りましたら、欲しいものがなにもなくて手ブラのまま。
 北国のアウトドア系は夏場に商品が充実するので、子供の夏休み突入頃に一度は物色しに行ってるんですが、今年は食品関係がまるでナシ。
 売り場のフェイスをとるわりに、単価が安く、かつモノによって売れる数が全然違うという困った商品でしょうからねえ。大縮小したのは理解できなくもないですが、頼りにしてるこっちとしては残念無念。

 以前に推薦したアマノフーズの小さなフリーズドライの雑炊を買おうと思ってたんです。

Img_1634_2

 野営の夜中に目を覚まし、ちょっと空腹が気になる時にちょうどいい存在なんですよ。シェラカップでオッケーの量で、お湯さえあれば可。ちょっとだけ暖かいものが欲しい時にもいいんですよね。
 ただし賞味期限があまり長くはないので、年に1回は更新のために買い揃えることにしてたのでした。しょうがないので秋田市内のほかの店も回ってみましょう。なんなら十文字のラッキーまで出張しても・・・・。

 話は変わりまして。

R0011028_2

 たまにツラを見せた息子をここぞとばかりに使う我がオフクロは、畑の遊休地の草刈りを命じた挙句、今度はそこを耕せと申すのですよ。
 前日の晩飯をご馳走になってますし、しっかり宿泊しておりますので、一宿一飯の恩義といった感じで、とりあえず耕運機を畑へ。

 でもですねえ、雑草の根っこを抜かないで耕運機で誤魔化そうったって、こんな小さな耕運機のパワーなんざタカが知れてます。もう根っこが耕運機の歯に絡みまくり。
 たいてい耕運機というのは「正転」と「逆転」が選べるようになっており、地面の状態に合わせてどちらかを使用し、深く掘り下げるなら一度軽く耕した後に「逆転」でみっちり耕すところです。
 ところが成長しまくった雑草は根っこも長く太く、すぐ耕運機の歯に絡まりまして、クラッチが滑りまくる悲鳴が鳴り響いている状態。

 もう普通に作業してらんなくてですね、必要最低限のスペースだけで勘弁してもらいました。
 近所の人から秋野菜の苗をもらったそうなんですよ。苗をもらったら放置しておくわけにはいかない田舎の近所づきあいを知っていて、なぜ愛想良くすぐもらうかな。そのへんが欲の深い母親という感じですねえ。

R0011018_2

 かといって、農作業中の御年70歳の老婆を放置したまま、こうやってスナップ撮ってる息子もどうかとは思うのですが(^^ゞ

 乗るタイプのパワーのある耕運機欲しいなーと思いながら帰ってきましたら、超小型のトラクターってあるんですね。目撃しました。
 かなり古いタイプのものでしたが、田舎のおばあちゃんが乗ってましたよ。後ろに耕運用のローターつけて。あるんだなぁ。あれ欲しい。

 2輪だとデフロックをかけても地形の凹凸に弱くて。すぐ方向が変わってしまい、きれいな真っ直ぐの線が描けないんです。

R0011013_2

 「兄貴がいらっしゃると思い、仏壇の番をしてましたぜ」だってさ。ジジイめ。

|
|

« 再録 オリンパスOM-4 | トップページ | ポチッたのはいいものの »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

広い畑があって羨ましいです。
大変なのは分かってますけど・・

ウチの花壇にはシソが4株デカイ顔で
順調に育っています。
トマトにきゅうりとか、いきたいのですけど
花壇では無理(^^;

それにしても立派な仏壇ですね。


投稿: ガキ | 2010年7月19日 (月) 21:57

庭の畑で十分っす。わざわざ離れた畑まで耕運機をトロトロ走らせて。
ネコ車を押してる70歳の老母に追い越されましたから。移動中に。
 
トマトとキュウリなら、プランターでいけますでしょ。
欲張らない数なら、大きめのプランターでやれますよ。
 
仏壇は、先々代が自分で用意してから逝きましたので。
先々代はけっこうオカネに困らなかった人らしいのですよ。
三代目は物欲にかまけてビンボーしちょりますが(-_-;)

投稿: ビヨ | 2010年7月19日 (月) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再録 オリンパスOM-4 | トップページ | ポチッたのはいいものの »