« 黒い印籠について その4 | トップページ | その切り口は予想してなかったことについて »

黒い印籠について その5

 試作グリップについて。

Img_0001_2

 ホムセンで売ってる家具の足に装着するゴムで、どういう位置に追加グリップがあれば効果的なのかを模索した私は、ポリパテで細身のものを作ってみることにしました。

Img_0136_2

 ヤスリでゴリゴリ削るのも飽きましたので、どうせ両面テープで貼るつもりなのでいつでも再研磨は可能。ならば貼ってみっか。

Img_0008_2

 試作1号はこうなりました。特価\197で売ってたラッカーの缶スプレーで二度吹きしてみましたけど、もっとたくさん重ねて吹いたほうがいい感じ。
 また、両面テープの強度に気を使いすぎ、強力なものを買ってみたら厚くてかっちょ悪いという結果。しかもカッターで簡単に切れてくれない素材の両面テープ。んで白。いろんな意味でかっちょ悪いんです。

 再工作が必要な状況ながらも、とりあえずは使い勝手を確認したいので、かっちょ悪い状態でしばらく使ってみます。
 レリーズが指を落とした位置へ自然に来るようになりましたが、ちょっと右手がまだ滑る感覚があり、このへんをどうしたもんかと思案中。

 ちなみにもっともコストがかかったのが両面テープ。たかがこの程度の部材を貼るために\597ですぜ。
 ポリパテは2コで\300以内のを1つしか使ってませんし、缶スプレーは\197。あとはプライスレスの労力のみ。

 しっかりと混ぜないで使ったポリパテなので、まるで木目のような筋があり、事情を知らない人は木製と思うこと間違いない仕上がりでーす(^^;

 リクがあったのでこっちにも貼っておくかぁ。

Img_0149_2

|
|

« 黒い印籠について その4 | トップページ | その切り口は予想してなかったことについて »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

「ふたりでいるからあたたかい」っですか。。。

つまんないこと聞いてすみませんでした(--ゞ

投稿: Kizao | 2010年7月29日 (木) 21:35

皮肉だな、と思いましたので撮ってみたカットでした(^^ゞ

投稿: ビヨ | 2010年7月30日 (金) 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒い印籠について その4 | トップページ | その切り口は予想してなかったことについて »