« ルーツと「めんけえ」の関連性について | トップページ | ソニーDSC-TX5について »

黒い印籠について その3

 あっちくなってきたねえ。クルマの中がサウナ状態になってて、夏なのだと痛感するっす。若けりゃそれなりに楽しい夏なんでしょうが、中年チョンガーにとっては、ただ暑いだけだったりしまーす(-_-;)

 話は変わりまして。

S90_1

 S90のレンズ周囲にあるリングは、アタッチメント装着用などではなく、普通にクルクル回るコマンドダイヤルになっているのですけど、ここへどの機能を割り振ったらいいのかと思案中。
 というのも、世の中の人はここへステップズーム機能を割り振ってるケースが多いようですが、実際に使ってみるとそんなに便利なわけでもないと気がつきました。

 ステップズームというのは、無段階にズーム調整するのではなく、28・35・50・85・105mmと、5段階にズームを刻める機能でして、メインスイッチを落としてもズーム位置を記憶しているので、次にスイッチを入れた時に以前にセットしていたズーム位置に自動復帰するなど、便利そうな機能なのですが。

 どうも私は普及機コンパクトに慣れきってしまい、スイッチオンでズームが広角位置にならないことに戸惑ったりしてましてね(^^ゞ
 28mmくらいの感覚で私は世の中を見渡しているようで、カメラを構えた時に強制的に広角側へズームが復帰していても、なんら不自然に感じなくなっているようです(^^;

 これが24mmスタートのIXY-D930ISだったりしますと、広すぎる画角から困るのかもしれませんが、28mmならオッケーのようで。

S90_2

 で、フロント側のコマンドダイヤルのほかに、背面には小さなクルクルコマンドホイールがあり、設定しているカメラ側のAEモードによって、ホイールが露出補正になったり、あるいはISO設定と入れ替えが可能になったり、多機能すぎてついてけません(^^;

 フロントを露出補正に機能設定しますと、背面ホイールの機能入れ替え表示は出ませんね。
 ショートカットボタン(Sって書いてるボタン)にISO変更を割り振ってあるので、フロントのホイールで露出補正ができれば、背面ホイールはいらないのだけど。だから瞬着でホイールの動きを潰そうかと思ってたのですよ。

 本気カメラならともかく、デジタルのメモ機で瞬間的に変更したい機能は、私の場合、圧倒的にISO変更です。
 「こりゃいかん!100%ブレる!」という時に、画質を無視してグイッとISOを上げてやる。AFが頼りなさそうなS90の場合、もしかしたらAFとMFの切り替えを優先すべきかとも思いましたが、どうせ背面液晶頼みのピント合わせでは、なんぼ拡大機能があってもタカが知れてますきに。

 その頼りないAFは、測距範囲を狭くセットすることで歩留まりが良くなるのかと思いきや、標準のちょっと広めのAFエリアにしといたほうがビックリマーク出現率は低いみたいです。
 なんでそんなことになるのかよくわかりませんが、シビアにピントを合わせようとして、でも合ってないのにAF合焦とはしたくないって感じなんでしょうか。広めのAFエリアにしとくとアバウトになるとか。よくわかんねっす(-_-;)

Img_0066_2

 使いきりサイズのポリパテをホムセンで見つけたので、試してみることにしました。4SR44くらいの大きさのが2つセットで\300しませんでした。

Img_0072_2

 これをこういう適当な平面の上でナメクジ状の形に整形しましてですね。薄い樹脂板の上で固めておくと、剥がす時に楽にできるんです。15分硬化タイプを72時間放置の後に。

Img_0130_2

Img_0136_2

 ヤスリで整形しておりますよ。こういった細身のものが、S90なら私の手に合うはずだと感じましたので、とりあえず試作品ということで製作中。
 ボディへの貼り付けは、おそらく市販の両面テープを活用することになろうと思いますが、問題は塗装。ラッカー系の厚塗りしかないのだろうかと漠然と考えてはいるところですが。
 大きさや形はなんとでもできるポリパテ。自動車修理用の着色済みポリパテ(この場合は黒)を調達するのが難しそうなので、とりあえず塗装することを前提にしています。

 この細身タイプがうまくないようなら、ボディ下側へ厚さの中心を置く形にチャレンジする予定です。とりあえず試作1号グリップの塗装を考えなきゃ。


|
|

« ルーツと「めんけえ」の関連性について | トップページ | ソニーDSC-TX5について »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

> 測距範囲を狭くセットすることで歩留まりが・・・

そうそう!G10の時は狭い方をデフォルトとしていたのですが
G11にしてからは、広いを普段から使うようになりました。

投稿: Kizao | 2010年7月26日 (月) 20:10

私の青い印籠は自転車生活に便利に使っています。
もうカメラと思わずに、ムービー、防水機能を
満喫しております。

携帯の延長と思えば画質もわるかありません。
カメラと思っちゃうと不満は沢山ありますけどね。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2010年7月27日 (火) 05:57

> Kizaoさん
確かにAFエリアは広いほうを使うと歩留まりはいいっすね。
それでも900ISに比べると音を上げたがるんですよねえ。
正確にピントを合わせようとしている、と前向きに受け取りたいのですが(^^;
 
> ぴゅんぴゅんさん
防水防塵機はシンプルなほうがいいと考えておりましたけど。
ソニーTX5がかなりがんばってるのを見て、思いを新たにしました。
これからの防水防塵機に注目ですな。

投稿: ビヨ | 2010年7月28日 (水) 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルーツと「めんけえ」の関連性について | トップページ | ソニーDSC-TX5について »