« 時代の流れ、ですかねえ | トップページ | 龍を飼う男 »

撮り歩いた夜に野営したいんだが

 職場のお父様から、とうとうNEX-5のWズームキットを調達したと、わざわざご報告いただきました。
 たまたま最近「やっぱり光学ファインダーがなきゃダメだよねえ」という話で意気投合しちょりましたが、早くもNEX-5のオプションEVF調達を検討したくなるほどのご様子。

Nex5_04

 とにかくちっこいそうですよ。APS-Cクラスのセンサーで、どのくらいバッテリーが持続するのかという点がユーザーとして最大の心配事だそうで。早くサードパーティから安いバッテリーが発売されないかと心待ちのご様子。

 あと、レンズがシルバー鏡筒なのに、ボディを黒にしてしまったことを悔やんでおられるようでした。
 たぶん黒いレンズがそのうち出るんでねえの?なんて私は気楽に思ってるのですね。ただ、変な限定仕様などじゃなければいいとは思います・・・・。

 話は変わりまして。

 県北へ出動するのは、いつ以来かと思い返したりしてみましたら、おそらく昨年5月に大館近辺へ出没したのが最後ではなかったかと思うのですよ。
 あー、あの時はTC-1にXP2sを装填していたような気がするし、バリフューの野営デビューだった気がする。って、いつの話だって自分で思います(-_-;)

 金曜の夜になっても、なんら予定が入らない見込みですんで、これはスルリと野営に出かけられるのではないかと、あれこれ行程を考えてはいたのですが。まずは八木沢集落へ久しぶりに行ってみっかと。

R1307eb3e14

 上小阿仁村にある、昨今話題になることが多い山奥の孤立集落でして、田の姿ひとつが秋田の一般的な風景とどこか違いましてね。いつかブラブラ歩いてみたいと思ってました。

 ヨソ者がブラブラ歩いていて許されるノリなのかどうかは、まったく別問題ではあるんですけどもね(^^;

 んで上小阿仁から北上し、鷹巣近くの廃村、小摩当を数年ぶりに訪問し、余裕があるなら大川目まで足を伸ばして。

R1162e5raw

 暗くなる前に野営地へ入りたいので、早めに二ツ井あたりで夜の食事と酒を調達し、そのままくるみ台へ。
 おそらく県北の山沿いは雨が残っているであろうし、気温も10℃を切ることが予想されますんで、暖かいものを作り、ハマーヘッド2に羽毛のシュラフという組み合わせで、火器はバリフュー灯油焚き。

 翌日は山を降りつつ、立ち寄りたい箇所もあったりしましてね。

R4452ebx21

R4484rvphex

 で、足の傷が許すなら、藤里町公営の温泉施設へゆったり浸かり、ヤル気が萎えないなら、鷹巣にクルマを置いてチャリで街を流すと。
 秋田内陸縦貫鉄道沿線の取材が途中で終わっていることを密かに気にしている私としては、再開のきっかけが欲しいのでありますね。鷹巣はクルマでロケハンして回りましたが、いまひとつピンと来ないままスルーしちゃってましたから。

 これだけ撮り歩けば、さすがに満足するであろうと自分に対して思ってまして、メインはもちろんkiss3にXP2s。レンズは24mm一本勝負といきたいところながら、リバーサル最後となった若美町で使ったEF35mmF2も未練がありますので、もしかしたら持ってくかも。
 で、サブはDP2。デジタル機はDP2のみってのも、我ながら潔すぎるとは思いますが、心中しちゃろうと思って調達したわりに、なんか使ってあげてないなーと反省してるのですよ。

 DP2には、再びペンタックスのLマウント用43mmの外部ファインダーを載せました。

Img_4628_2

 光学ファィンダー > 外付光学ファインダー >>>>>>>>>>>>> デジタル機の液晶表示。そんな風に考えてますので、撮影情報がファインダー内で得られなくても、まだ外付ファインダーのほうが良かろうと。そういう判断です。

 ユリシーズさんとこのボディスーツでは、タスキがホットシューと干渉しそうなのですけど、ファインダーを装着してからボディスーツをセットすると干渉しません。
 試写してみましたら、1m以内の近距離ではファインダーの近距離補正マークすら役立たずですが、一般的なスナップなら使えるかな?という感じでした。

 といった感じで、撮影脳内計画と野営の脳内イメージを描いていたというのに、なんで私が県北へ行こうとすると天気が悪くなるかなぁ。
 一昨年だかに県北で大水害があった前夜に野営してたりしましたしねえ。当日の昼には温泉でのんびりしたりしてたのに、夜半には大水害。どうも私は県北地区と相性が良くないのかもしれません(-_-;)

 あー、思い出した件があって、脈絡なく書きます。ベルボンのごつい一脚を長年愛用してきた私ですが、ゴムの石突がすぐ紛失してしまう件を前に書きましたね。

Img_0528_1

Img_0900_2

 マンフロのパーツを流用したわけですけども、この一脚を同僚に貸し出して半年以上フィールドで活躍させたようでして、それでもビクともしません。イケますよ。この作戦。

|
|

« 時代の流れ、ですかねえ | トップページ | 龍を飼う男 »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

上小阿仁は、五城目へ抜けて こっちに帰るときに通るのですが、なんていうか、ちょっと撮影したくなるようなところが、ちょこちょこあるんです。
うむむ・・・うらやましいです。
内陸線沿いの撮り歩き、いいなぁ。私ならなんのフィルム使うかなぁ・・・。とりあえず、この週末は期限間近のコダックウルトラカラーを使うとします。

投稿: hk | 2010年6月 4日 (金) 23:21

野営から帰還いたしました。結局、廃村の小摩当と八木沢を
歩くだけになっちゃいました。
内陸線はサボっちゃってますからねー。すごく気にはしてるんですよ。

投稿: ビヨ | 2010年6月 6日 (日) 18:16

撮ってください内陸線沿い・・・って、勝手なお願いですね。私が中判を買ったのは、秋田を写すためです、実は。廃村になること確実のわが故郷を、できるだけ高画質で残しとこうかって。自分が死んでもフィルムは残るでしょっていう、カッコつけもあるんですけど。
 足の傷はお大事に。血がダメなので、詳しく具合をを聞きできないのですが。

投稿: hk | 2010年6月 8日 (火) 00:18

え?中判に手を出したんですか?(^^;
よもやプラウベルマキナ6×7、しかもニッコール付とか?
足の傷はやっと完全にふさがりましたよん。
ふさがったというだけで、まだ体内では頑張ってくれてるみたいっす。

投稿: ビヨ | 2010年6月 8日 (火) 17:56

あれ、前にコメントしてたような・・・記憶違いかな。ええとですね、マキナは買いませんでした。買いたいですよ、あれは。でも、買ったのはPENTAX 645N。マキナ買わないのは単に高いから。あと、マキナに数万足したらGF670が買えちゃうので。実は、マキナはあきらめてるのにGF670はあきらめてないんです。なぜって、あれなら6×6も撮れちゃいますから。地道にお金をためるつもりです。あとはですね、マキナを買うのかCONTAX645を買うのか迷ったのもあります。その点PENTAXは安価でした。それにもかかわらず、普通の一眼見たいに使えるのも魅力でした。
ちなみに。この間、CONTAX645用プラナー80mmが物凄い値段で出てたので、買ってしまいました。2万もするアダプタ購入して、CONTAX Nシステムにくっつけてます。写りは素晴らしいと思います。まだ1回しか使ってないですけどね・・・っていうこういうお金を我慢していればという、いつものパターンです。ミノルタ85mmと迷った挙句の購入でした。

投稿: hk | 2010年6月 8日 (火) 22:23

ペンタ645絡みの話題が続いている時期でしたか。すいません。
把握しちょりませんでした(-_-;)
GF670って、モノとしての魅力に欠ける気がしませんか?
私だけかもしれませんけど、プラスチッキーな感じで中判としての
重さがない感じがしまして。
マミヤ6×7のほうが個人的には好みかもでした。あれも切替で
6×6が使えませんでしたっけ?

投稿: ビヨ | 2010年6月 9日 (水) 19:39

GF670は、まぁ、そうですね、プラスチッキーなのでしょうね。でも、たとえばTC-1は美しいチタンですが、傷ついちゃうと逆に魅力減が大きく(ごめんね、TC-1)、それを考えるとプラスチックは気にならない気がします。性能さえよければ・・・。ただ、あれを買おうとすると、中古のフルサイズ一眼が目に入ったり・・・やっぱりミノルタ85mmが買えると思ったり・・・M-ヘキサノンだって買えるじゃねーかと思ったり・・・ヘキサーだってまだ買ってねえじゃねえかと思ったり・・・(以下略)。
マミヤ6×7は、最初から候補外。というか、マキナとCONTAXのはざまで揺れ動いたので、マミヤにまでは目が向いてません。

投稿: hk | 2010年6月 9日 (水) 22:40

なるほど。実用重視ってことですか。そういう考え方はひどく納得っす。
私の場合のkiss3と同じですよ。使い倒してナンボみたいな。私はそうです。
コンタ645っすかぁ。私にとってはコンタックスのほうが高嶺の花~。

投稿: ビヨ | 2010年6月11日 (金) 00:21

おそらく所持品の中で一番使い倒されるのはGRDです。修理してまでも使われ、ラリーにも連れて行かれるし。
 コンタックスはT・TVSシリーズ初代以外のすべてありますが、こいつらもまたラリーのお供にされます。一眼はNシステムのみ。Nシステムはまさしく使いたおすためのシステム。645用レンズとアダプタまで買っちゃったし。contax645は、うまくすれば10万くらいで手に入ります。程度はちょっと劣るでしょうけれどね。
PENTAX645は、何と言いましょうか、結局一番いい選択に思えます。そりゃあ、マキナほどの魅力もCONTAXほどの魔力も感じません。
 でもね、PENTAX、好きなんですよ。私にはあれで十分で、PENTAXでよかったのだと思います。

投稿: hk | 2010年6月11日 (金) 21:14

あまりペンタ645の話題を出すと、西国から送りつけられるかもしんねーから(^^;

投稿: ビヨ | 2010年6月13日 (日) 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代の流れ、ですかねえ | トップページ | 龍を飼う男 »