« 「なにもない」について | トップページ | 限定品について »

計画している時が一番楽しい

 のんびりと毎日を過ごしていて、誠にすまんこってす。そんな雰囲気が漂う昨今の私です。今日は健康診断へ行き、エコー担当の人がドジったらしく、えらく待たされまして、あまりに待たされ腹が減り、朝から吉野家で定食大盛りでした。
 その後に悠々出社したまではよかったものの、あまりにもハンパな時間に出勤したものでやることがなく、ぼんやりしちょりました。

 お。某老舗写真店の親父さんがローカルニュースに出てたぞお。とうとうなにかやらかしたかと思ったら、秋田市中心商店街の衰退状況についてインタビューでした。
 当地に限らず、都市周辺部の大規模SCと、それに付随するモールが商業の中心になってしまってるのは、地方都市にありがちな光景ながら、がんばってる街はいくらでもあります。
 あきらめる前に、こういう先輩都市に学んでみてもいいんではないかと、弘前市なんかを訪れると感じますよ。

 話は変わって。

 梅雨前線がまた南下していき、西日本の皆様には大雨お見舞いといった感じなれど、梅雨時の微妙な空であっても今週末はどこかへ出かけられないかと考えてる私。
 天気予報が曇りとか雨混じりであっても、時には青空が顔を出したりする梅雨空。雨上がりのスナップというのは、濡れた被写体がキラキラと光っていつもより美しく見えたりするもので、スチル向きの被写体でありますね。しかもリバーサル向き。

 どーも雨の日は出歩きたくないインドア派なので、推奨しつつ雨上がりスナップに挑んだことがない私ではありますけど、最近は撮りたい気持ちが大きくなってまして、そんな自分に撮らせてみるのもいいかなと思わなくもありません。
 そういう状況に自分を追い込めば、この人は仕方なく状況に対応して撮るんでないかなってね、最近の自分に対して期待してもいいかと思うんです。

 鷹巣界隈を攻めたことが一度もありませんので、内陸線沿線取材の延長線上で鷹巣をターゲットにしてみてはどうか。チャリで移動する前提で、ハシゴせずにひたすら鷹巣だけを走り回るっていう作戦。
 野営地は鷹巣周辺20km圏内にいくつかあります。米内沢に近い竜ヶ森は密かな穴場ですし、いざとなったら超不人気野営地である二ツ井のきみまち阪に上がってしまう手もあり。

Img_2324_2

 不人気野営地のなにがいいって、いつ行っても貸切状態確定なこと。普通車では上がりにくい未整備林道。かといってアウトドア好きが満足するわけがないほど街に近く。
 水平なところがほとんどない野営地。山の頂上のわりに、周囲の眺望はあまりよろしくなく、飲料水は水場があるのに確保困難。トイレだけはかろうじてあるという、人気になる要素がまったくないキャンプ場のきみまち阪。
 ですが、私がウロつく県北の地域からしたら、我慢して最低1時間走れば貸切確定という魅力があるわけですよ。翌日の風呂にも困る位置ながら、貸切なら水平をとれる場所は確保できるわけでして。

 そんなきみまち阪があるから、いざとなったらあそこへ逃げ込もうという心理的保険になってんです。何度か利用してきた経緯は、たいてい野営地に困って逃げ込んだも同然でしたしね。
 不人気であっても、経験したことのある野営地というのは、天候の急変その他に対して即応できる安心感もあり。知ってる野営地と知らない野営地の差は大きいのでした。

 さーて。どう動いたもんか。

|
|

« 「なにもない」について | トップページ | 限定品について »

アウトドア2010」カテゴリの記事

コメント

超不人気野営地である二ツ井のきみまち阪>え、ええっ・・・あそこに野営地なんてあったのですかっ。し、知らなかった・・・・隣町なのに。

米内沢に近い竜ヶ森>ちなみに我がハハは米内沢出身であります。

ところで鷹巣は色んな道ができたり、郊外にお店ができたり、実家に帰るたびにいろいろ変化してます。しかし、それにしてもあの商店街の衰退は・・・(悲しくなるんで以下略)

投稿: hk | 2010年6月29日 (火) 20:44

なにしろ不人気ですから。普通車では上がってくのが
イヤになるようなアプローチですし。
ちょっと大館方面へ走れば、無料なのがウソだろっていう
くらいに豪華な田代町の温泉付キャンプサイトがありますし、
ちょっと走りますが竜ヶ森、くるみ台。あるいは阿仁
方面に走ればキャンプ場はありますから。
でも私にとってのきみまち阪最大の魅力は「貸切確定」。
 
鷹巣はすっかり郊外型SCが定着したようですねえ。買い物の
クルマがたくさんいますよ。今のうちに街を流しておくべきか
なんて考えなくもないんです。

投稿: ビヨ | 2010年6月30日 (水) 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「なにもない」について | トップページ | 限定品について »