« 「はやぶさ」に物申す | トップページ | NEXシリーズについて触れる »

琴線に触れてしまった

 一般投票第1位は「はつかり」だったじゃねえかよっ!首都圏と青森を結ぶ伝統的特急の愛称は、やはり「はつかり」が似合うと思っていた人が多かったのね。私ばかりではなかったとホッとしてみたりして。

 っつーかね、隼っていう鳥は日本にあまり生息してないっていうじゃんか。イメージとしては速く飛ぶ鳥のような雰囲気があるし、実際に上空からの急降下時には、地球上生物最速の200~300km/hを誇るっていうから、やっぱ速いイメージは合ってますな。
 メジャーな鳥は鷹なんだよね。旧日本海軍が客船からの改造空母に鷹シリーズの名前をつけたのは、ひどく納得がいくものの、隼鷹っていう名の空母もあるくらいだからな~(^^;

 話は変わりまして。

G11_01s

 しばらくハァハァしたものの、なんとか物欲を抑えることができましたよ。G11に手を出すんなら、たぶんG10の時点で私は手を出していたな、と。なぜ手を出さなかったかといえば、小センサーにあまり期待してはいけないという自戒ですね。

 かつての銀塩コンパクト機時代に「高級コンパクト機」と呼ばれた存在に、おそらくこの価格帯のデジタル機は相当すると思うんですよ。
 銀塩機と違うのは、原版面積、すなわちセンサーの大きさですね。小センサーだから多機能の小さなカメラが実現できているとはいえ、絞り優先AEを搭載することの意味に疑問を感じてしまう被写界深度の広さは、記念写真やスナップには最適ながら、絞りを開いて撮りたい場合に鬱憤が溜まりますな。

 現行のキヤノン小センサーは、フジ写が追求してきたダイナミックレンジ拡大への努力をパクッたかのように、画素数ではなく描写で勝負しようという姿勢で、それはそれで好意的に受け取ってはいますよ。
 某媒体でG11の渾身の描写を目撃してしまい、これはちょっと使いたくなるなぁと煽られてしまい、使ってみたい気分にはなりましたが、いくら描写に気を使ってみたところで、小センサー機には避けられない被写界深度の無意味な深さからは逃れられません。

 そう考えていくとマイクロフォーサーズのほうがまだマシという考え方も成り立ち、密かに秋波を送り続けているパナGF1なんかね、G11の代用にならねーかと思ったりすることもありますが。

Gf1_3

 ここまで大きくなっちゃうと、もう本気カメラの域になっちゃいますもんね。今の私には、ノリだけでイケるほど安い買い物でもありませんし。
 シグマDPの大きさと比べたらどうよ。延長チューブをつけっ放しの大きさで。などと前向きに考えようとしても、あらら、私が使いたくなるレンズはワイドズーム以外にないのでした。残念。

 そうかと思うと、見逃していましたがイクデジの新製品が出てましたね。IXY30S。

30s_y

 どうもIXYデジタルの二桁シリーズは基本的にスルーしておりましたので、どういう内容のカメラかということをまったく把握しちょりませんでしたが、ひょんなことから中身を知り、なんだか密かに気合が入っているのではないかという感じがしましてねえ。

30s_b

 裏面照射型CMOSセンサーの採用なんざどうでもいいのですけれど、ほぼパワショS90に準じたようなレンズを搭載してきたのはどうなのよ?
 実際に某テストではIXY220IS比でかなりの高感度適性を持ち、シャッター速度優先AEと絞り優先AEまで搭載してきたIXYってのは、早い話がS90のIXY化ではないかという感じがしたのですね。

 いや、小センサー機ながらS90より小さなセンサーを使ってますし、ギミック的にはなんらおもしろいものは積んでない30Sです。RAWも使えません。電池も持ちが期待できない仕様のようですね。
 ただ、細かい点を調べていくにつけ、こだわりたがりユーザーのチョイスであるパワショではなく、IXYシリーズにしたからこその実用的性能にメーカーさんがこだわった雰囲気がありまして、ちょいと私の琴線に触れてるのですよ。

 もちろんIXYで絞り優先AEといっても、G11やS90以上に意味があるのかどうかという話はありますが、IXYシリーズに持ち込んだところに意味がありまして。
 なにより真っ黒ボディがちゃんと用意されているところ。おそらくメーカーさんのイメージとしては、ホワイトかイエローのボディを前面に出したいところでしょうけれど、キヤノンのイメージカラーは赤と相場が決まってますし、スナッパーなら黒でしょ。黒。

 自由作例の実写テストに期待だな。


|
|

« 「はやぶさ」に物申す | トップページ | NEXシリーズについて触れる »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

どっかで見たことあるテイストだと思ったら、AUのインフォバー2に似てませんか?

投稿: エンゾー | 2010年5月12日 (水) 20:19

おー。ツヤ有り塗装の盛り方に、どこかで見たような記憶が
あると感じたのは、インフォバーでしたか。納得。
でも黒ボディはツヤ消しになってるみたいで、ちょっと萌えw

投稿: ビヨ | 2010年5月13日 (木) 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「はやぶさ」に物申す | トップページ | NEXシリーズについて触れる »