« NEXシリーズについて触れる | トップページ | がんばれ新富士バーナー »

再びソニーNEXについて

 きのうのエントリーで、ソニーNEXを「普通のマウントで」なんて書いちゃったけど、一眼レフと同じサイズのマウントっていうことではないので。加筆訂正しておりますよ(^^ゞ

Nex3_02

 ソニーNEXはEマウントという小さなマウントを使ってますんで、当然にレンズも小さくなってます。
 ただ、搭載しているセンサーはAPS-Cサイズですから、従来の135フルサイズを前提とした一眼レフ用マウントほどの大きさは必要なく、APS-C専用マウントだから小さくできたわけですよ。

 そういえばキヤノンとニコンもミラーレスのAPS-Cセンサー機を出すとか出さないとか、そんな話がありましたね。ソニーNEXがこういう仕様ならば、俄然、両巨頭メーカーの製品が気になってきます。
 サムスン流に、従来からの銀塩一眼レフを髣髴とさせるようなスタイルで来るのか。あるいはソニーNEX並の斬新なスタイルで来るのか。

 仮に、サムスンのようなスタイルを予定していたとするなら、ソニーNEXが登場したおかげでリリースを躊躇するでしょうねえ。
 マウントが従来のものだとするなら、まったく新鮮味がなくインパクト皆無ということになりかねません。また、新小型マウントを採用してみたとしても、ソニーNEXと比べて見劣りするようなら、発表するのは気が重いでしょうなぁ。

 キヤノンの場合、APS-Cサイズ専用としてEF-Sという自社規格をとっくに出してしまってますんで、おそらく新マウントには手を出さないのではないかという雰囲気が漂います。
 もしかしたら大口径のままであるEF-S専用マウントで、ソニーNEXと同じような、マウントが目立つ小型機を想定していたかもしれません。かつての名機であるパワショPRO1あたりがヒントになってんじゃないかなーと勝手に思ったり。

 ニコンといえば、新小型マウントの可能性は少なからずあるんでないですかね。かつてのTiシリーズと絡めて、小型機への意欲はあるのではないかと想像しますが。
 でもニコンさんは、ニコンダイナミズムともいうべきデザインセンスの悪さが伝統的にあるからな~。

P6000_1

 Pシリーズだって、デザインさえ鋭ければ、もっと売れる機種のはずですし。中身は悪くないのに。

 さてさて。キヤノンさんとニコンさんはどう出るか。そういったワクワク感も含め、ソニーNEXの登場は大きなマイルストーンとなったのかもしれないと、個人的に受け取っております。
 やがては登場することが必然であった、国内メーカーによるミラーレスAPS-Cセンサー一眼機とはいえ、ソニーNEXの思い切った贅肉の落とし具合と、新しい小型マウントを採用した点。そして「使う身になって考えてくれた」かもしれない構成。凡百のカメラとは違うオーラがあるんですよね。
 私のセンスとはまったく合わないソニーNEXのデザインながら、その存在は大きなものと思っております。

|
|

« NEXシリーズについて触れる | トップページ | がんばれ新富士バーナー »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NEXシリーズについて触れる | トップページ | がんばれ新富士バーナー »