« 背が高くても | トップページ | 小ネタ3発 »

またまたソニーNEXについて触れる

 口蹄疫は偶蹄目がかかる病気ってことなら、ニホンカモシカも偶蹄目だよなぁ。山の中を勝手に移動してるだけならまだしも、街に出没したりすることもあるカモシカって、実はヤバいんじゃねえの?
 というわけで、宮崎を襲った災禍にかなり心を痛めている私です。どうしてこんなことになっちゃったんだろ・・・・。

 話は変わりまして。

 ソニーNEXのEマウントに装着できるマウントアダプターを宮本製作所が作ると発表したそうな。宮本さんってば、レイコールブランドで各種マウントアダプターを製作しているとこですなぁ。
 ソニーEマウントはAPS-Cセンサーに適した小振りなマウントなので、ライカMをカバーするのはともかくとして、ペンタKもフォローされるとなー、おじさんは悩ましいのです。

 デジタル用レンズはシグマの17-70mm、キヤノンEFマウントを1本しか装備していないという、いまどきの撮影者としては大変に質素な身なりなのですが、銀塩用のレンズでもモノによってはデジタルでもイケんじゃねーかとね、思うことがあります。

 そんなレンズの中に、某Kizaoさんからいただいたペンタコン29mmが。

Img_1967_2

 私がKマウント方面で遊ぶとなれば、定番はフレクトゴンだったのですが、ヤツはデジタル適性があまり高くなく、銀塩で使った時のファンタスティックな感覚は得られません。
 対してペンタコンはフレクトゴンよりデジタルでの写りは上で、スクリュー → キヤノンEFの安いアダプターで試してみたら、なかなかのもんでした。

 ペンタコン29mmの焦点距離は46mm相当になっちまい、私が苦手とする焦点距離にはなるのですが、旧東欧圏のレンズにありがちな最短撮影距離の短さがあり、時間帯と光線状態によってはシブい色が出たりしましてですね、おもしろいレンズなのでした。
 フレクトゴンは完全に銀塩向けレンズ。あのギョッとするようなヌケと、ヌメるグラデーション描写は、デジタルでは半減以下。
 寄って使うとまた別かもしんねーですが、実絞りとか絞り優先AEオンリーでは、シグマRAWでも使わない限りは後から補正するにも補正しきれますまい。寄るとてきめん露出が落ちるとゆー、昔ながらの法則に従ったレンズですんで。

 んで、ソニーNEXは密かに世のカメラおとっつぁんからチェックされてるみたいですね。リタイア世代のおとっつぁんは、大きくて重いカメラはイヤだけど、でもレンズ交換ができる一眼タイプを使いたいんだよお、という欲求が強いようです。
 カメラがまだ貴重品であり、コンパクト機でさえマニュアル露出が当たり前の世代ですがな。AEではなく「EE」が登場し始めた頃の世代ではないですかね。
 写真のイロハを知らなければ使えないカメラを知ってるわけですんで、なかなかハンパなカメラには騙されない世代でもあります。

 また、旧登山ブーム後期にムーブメントへ参加した人も多く、山へ持ってくカメラの選択は今も昔もシビアなものですんで、カメラに関しては一家言あるわけです。
 そんなおとっつぁんらにソニーNEXは激しく注目されてるらしいんですな。やはりセンサーの大きさはみなさん気にしていたと見え、マイクロフォーサーズへ安易に走らなかった人がいきなりソニーNEXのコンパクトさにガツンとやられてるようなのですよ。

 実際、APS-Cサイズセンサーを搭載しているのに、なぜかつての銀塩135フルサイズより大きく重いカメラなのか、という問いは、業界のお約束なんざクソ食らえの一般コンシューマーからしたら当然の疑問なのですよ。
 コンパクト機はデジタルになってあんなに小さくなってるのに、なぜ本格的になると大きくなっちまうのか。業界の事情やら電気的お約束なんざ関係なく、ストレートにそう思うらしいっす。
 そんな中で先頭切って登場したソニーNEXの小ささは、そういった旧カメラ小僧の琴線に大きく触れたみたいなんですね。

 いや、私はNEXへ走りませんよ。いちおーキヤノンとニコンがミラーレスで名乗りを上げてますから。その結果を見てからでも遅くはありません。
 キヤノンはたぶん現行のミラーレス計画はボツにするでしょ。一から出直しになるはずです。ニコンさんはさらなるコンパクト化で、やはり仕切り直しになるかなー。

 いずれソニーのヤル気を見せられて、各メーカーたじたじでしょ。密かにシグマDPも見劣りしちゃうかもですし。
 市場的にはFOVEONがどうたらというより、同じような大きさでより上の機能性を追い求めるものですから。

 あー。話が大きくシュートしちゃってます。ようはですね、今をときめくマイクロフォーサーズの市場優位性を、ソニーNEXがあっさりとひっくり返す可能性が大きいってことですよ。
 がんばればこのくらいのシステムは作れるのよ、と。それを見せられちゃったらね、よそはキツイっすわ。
 たぶんサムスンNX10の登場を真剣に受け止めたのはソニーさんだけだったということなのかもしれませんね。

|
|

« 背が高くても | トップページ | 小ネタ3発 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

オイラはNX10の純正Kマウントアダプターを注文しますた。
既に韓国から国内には入ってきていますので、手元に来たら
レポートしまっす。

投稿: エンゾー | 2010年5月26日 (水) 00:16

NX10もねー、ソニーNEXを見ちゃうと大きく感じてしまいますな。
いえ、先ほど某全国チェーン店にNEX-5のシルエットがありまして。
小せえなぁ!素直な感想。

投稿: ビヨ | 2010年5月26日 (水) 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 背が高くても | トップページ | 小ネタ3発 »