« とうとう来たか | トップページ | 買わないよ »

モテまっせ

 きのうはキレのないエイプリルフールですいませんでした(/ω\)ハズカシーィ

 いつもなら数日前から意識して頭の中でホラ話を作るのですが、某エンゾーさんの深夜の更新を目撃してしまい、あぁ4月1日だったぁ!と気がつく始末。そのために文末をエンゾーさんと同じパターンにしてインスパイアしてみましたよ。

 なにしろ年度末でパタパタするなんて何年かぶり。おそらくバカ営業マン時代以来ではないでしょうか。
 そんな身の上に振り回され、もうエイプリルフールなんて意識する余裕がまったくありませんでしたぜ。
 地方議員に立候補。動乱のチベットへ密入国。いろいろと過去にカマしてきたものの、今回はイマイチすぎました(-_-;)

 話は変わりまして。

Publica_dx_1

 どこで拾ってきたのか忘れてしまった、トヨタのパブリカ・デラックスPのカタログ表紙と思われるカット。

 このイメージってどうよ?ノースリーブのドレスに手袋なんざしちゃってる色っぽい姉さんに、まるで言い寄るかのようにニヤケて迫る男。「このクルマに乗ったらモテモテでっせ?」という説得力に満ちた演出がたまりません。
 小型車なのにフル装備。4人乗車だって大丈夫。そんなグレードのようで、軽快なイメージがあったパブリカを若者向けとするならば、「モテまっせ?」なんですかねえ。
 こうしたわかりやすいメッセージ性って、なかなか昨今はお目にかかれませんよね。彼女ゲット=クルマの選択みたいな。

 当地のような田舎じゃ今でもそういうノリが生き残ってまして、沖縄県と並んで全国最下位の給与水準なのに、クルマにはオカネをかけたがる県民性です。
 いまどき高級車や大型車をありがたがるメンタリティは時代錯誤もいいとこなのですが、なんのなんの、田舎の姉ちゃんは男の趣味と財力を乗ってるクルマで推し量る傾向が強いものなのです。
 1500ccクラスのクルマに乗ってようもんなら「地味なんだね」でおしまい。軽自動車は乗ってる側の意識を無視して貧乏人の烙印を押されてしまう。そんなノリが現役なのですから、田舎ってのは怖いのですよ(^^;

 どうもカッコつけた体裁重視みたいなイメージ広告が多い昨今、かつてのパブリカ・デラックスのイメージはわかりやすくてよろしいじゃないですか。
 これに乗れば女にモテるんだ。大変にわかりやすく、顧客の欲求にストレートに応じた企業メッセージです。

 無駄に大きな空間を確保するため車格が大きくなってしまい、小さなエンジンを積んでるんで慢性的に燃費激悪のクルマを、無名外人起用のわけのわからないCMで売ろうとしたりするのはどうかと。
 そのクルマをけっこう街で見かけることが多いのを見ると、顧客はメーカーからナメられてんだなーとつくづく思います。

 現代のように、燃費が良くて環境に対して優しい、というようなクルマがもてはやされるってのは、クルマに対してメーカー側で夢を語ってはいけないかのようであります。
 人間の欲求にストレートに応じるようなクルマは、たいてい無駄にガソリンを食うか、あるいは無駄に高価になってしまってるか。その代償として「夢」があるはずなのですがね。
 夢を買った結果がそうなのであって、買った側が満足してりゃそれでいいのは、燃費激悪のコンパクトワゴンでも同じなのですけども。

 クルマに限らず、今の日本のモノ作りにはそういった夢がないですよね。がんばってるメーカーさんもありますが、売れないのを見越して高価な価格設定。ますます庶民は手が出ません。
 夢がそこにある商品というのは、いつの時代にも存在してなければならないと思います。カタチのないものが世の中で一番大事。そのひとつが庶民の「夢」なのですよ。

|
|

« とうとう来たか | トップページ | 買わないよ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

都心では若者の車離れが進んでいるようで・・・
モーターショーも入場者が激減したようですね。
ハッキリ言ってハイブリット車が並んでいるショーはツマラナイのでしょうね。

1500でいいから2ストの車に乗ってみたいな~(笑)

投稿: ガキ | 2010年4月 2日 (金) 21:49

自称クルマ好きで、愛車を大事にしているけれど、今発売される新車に全く魅力を感じません。
お陰で、愛車は12年落ち……増税カウントダウンです。
まぁ、「M/Tが絶対条件」なんて思っているから、選択肢を自ら狭めているんですがね。

何時来るか判らない「いざ」の為に、無駄な大空間や無駄な多人数乗車の必要性がわからない。

ハイブリッド車だって、本当に環境に優しいのが疑問だし、何故かワクワク間を感じない。

軽量なボディに小排気量エンジンを組み合わせて、優しく走れば低燃費だけど、アクセル踏めば気持ちの良い車って、無いですもんね。

投稿: GTI | 2010年4月 2日 (金) 22:37

おおクルマネタですか!

今時の工業製品なんて携帯電話みたいに四季が変われば型落ちなんてふざけたモノ作ってますからね。

>ハイブリッド車だって、本当に環境に優しいのが疑問だし

単にガス代ケチってるだけでしょ?

投稿: 大根役者 | 2010年4月 3日 (土) 07:41

> ガキさん
超軽量ボディに、GT750のエンジンが2つで8気筒。
いや、なんでもありません・・・・。
 
> GTIさん
ライトウェイトといえばロードスターが引き合いに出される
わけですけど、2000ccクラスの3ナンバー車ですからねえ。
どうせ2000のエンジン積むなら、1500のシャーシに強引に
積んだような無理矢理っぽさとか、そういうのは最近
なくなっちゃいましたね。
軽いボディに大きめのエンジンといっても、IQじゃちょっと
小さすぎますし。あれでオープンになるなら別なのになぁ。
 
> 大根役者さん
サイフに優しいクルマってのは、それはそれで大きな
価値があると私は思いますんで、ハイブリット車を
否定するつもりはないものの、数年後のバッテリー交換で
いくらかかるのかを考えれば、ちょっとゾッとするものが
あります。
サイフに優しいという意味でのエコはアリだと思っては
いますが、環境がどうしたってのは、なんだか怪しくて
理解したくないなー(^^;
 

投稿: ビヨ | 2010年4月 3日 (土) 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とうとう来たか | トップページ | 買わないよ »