« 私は名誉四段のはずなんですが | トップページ | 再録 Contax Sonner T*35mm F2.8 on Contax T3 »

再録 Canon FD135mm F2.5

 基本的にノリが悪い時は、再録モノに逃げます(^^ゞ

 以下、再掲なのです。

Tbirdkr

 この項は私が使ったレンズについて好き放題に書いているのだが、必ずしも写りの優れたレンズを取り上げているとは限らない。今回がいい例である。単に思い入れの激しいレンズの場合もあるのだった。

 私が使ったこのレンズは、旧FD初期のもので、「S.C」も「S.S.C」もつかないタイプである。かなり古い。
 絞りリングのAマークロックもない。レンズ前玉を覗いてみると、最近ではあまり見ないイエロー~アンバー系のコーティングで、カラーフィルムを使ってもいいものかしらと不安にもなる。

 だがFDレンズというのはカラーバランスに留意されたシリーズで、他社に先駆けてカラーバランスの統一を目標に製造された。基本的に色再現の心配はない。コーティングの経年変化がなければの話ではあるが。
 50mmレンズ1本勝負男、つまり交換レンズを持っていなかった私が最初に購入したレンズということで、思い入れがあるレンズなのであった。
 (2010年注/思い出したのですが、これの前にタムロンのズームを使ってたことがありましたっけ)

 生活に余裕のなかったその頃の私は、まさかあるまいと思いつつ、予算1万円で買えるレンズを探しに、初めて中古カメラ屋へ行ってみたのだった。
 場所は中野のフジヤカメラ。まだ商店街の入り口で小さな店舗だった頃である。

 今ならばとりあえず広角レンズへ走るところだが、当時は望遠レンズ、それも100mmか135mmが欲しかった。
 200mmとなると使う場面が限られてくるし、かといって85mmでは50mmとあまり変わり映えがしなくて面白くない。当時の私はそう考えたのだと思う。
 EF135mmのところにも書いたけれど、135mmレンズというのは人間の視覚からほんのちょっとハミ出た位置にあり、望遠効果を感じるレンズだ。100mmはまだ視覚感覚の延長線上である。似たような焦点距離ながら、使う場面はかなり違ってくる。

 予算1万円で買えるレンズは、FD135mmF2.5か、あるいはFD135mmF3.5SCのいずれかであった。
 普通ならなんぼでも後発のSCに行くのだろうが、私はあえて古いタイプのF2.5にした。理由は単純。口径が大きくてずっしりと重く、とても頼りになりそうな、見映えがするレンズだったからだ。

 レンズは年々コンパクト軽量化されていくものである。だから古いものほど大きくて重い傾向がある。
 古いレンズを選ぶリスクは、ガラスの変質やコーティングの劣化、あるいは絞り動作などが渋くなっていたりすることだ。そのへんのリスクをパスできるレンズなら、古いものでも見映えがいいなら関係ないもんねー。そういう単純思考で選んだのであった。
 また、昔のがっちりした作りであった大柄なレンズへの憧れもあったに違いない。とりあえずは使うことによる自己満足。それを優先したというわけ。

R041

 ヘリコイドの太さとトルクがちょうどいい感じであったため、けっこう使いやすく撮影に集中できるレンズだった。飛行場へもよく連れて行った。
 新しいレンズと比較すると絶対的な解像度が落ちる気はするものの、光線状態によってはたまに滲んだ描写になったりして、なんというのだろうか、とてもストレートな性格のように思える。素直すぎる雰囲気なのだ。作ったような絵ではない。

 破綻しないことが優れたレンズの条件ならば、このレンズは優れたレンズではなかろう。だけど新しいレンズではそんな発色にはならないだろうという色が出ることもある。古いレンズだからこそ出た味というものは、間違いなくあるようなのである。(2004,06,28)

 以上、再掲分です。

 なんといいますかね。デジタル全盛の今、こうしてレンズの風流さを味わうなんていうノリが大変希薄になっているように思えます。つまんね。

|
|

« 私は名誉四段のはずなんですが | トップページ | 再録 Contax Sonner T*35mm F2.8 on Contax T3 »

旧機材系・再録」カテゴリの記事

コメント

135ミリかぁ。
私は使い切れませんでしたねぇ、この距離。
どうせなら200mm欲しいって感じがするんですよ。

持ってたけど付けてみても
ファインダー覗いても絵が作れない_| ̄|○

同じく85ミリも実は苦手。
35ミリから70ミリ位 特に40ミリ周辺が好きr(^ω^*)))

ズームレンズなら135ミリ辺りも多分使ってるんですが。
単焦点であの画角は私には難しかったという記憶しか
ないんですよねぇ、、向き不向きでしょうけれど。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2010年3月18日 (木) 00:11

100mmは振り回しやすく潰しが利いて、200mmは本格的な
望遠効果。間にある135mmは地味扱いが当然の世の中。
昔は135mmレンズにメーカーさんが気合を入れてたもんですよ。
キヤノンなんて、F2、F2.8、F3.5なんて3本も用意してて。
ちょっと長めの100mmだと思えば、使えないこともないですよ。
でも135mmのLレンズは使わないから売却しちゃったけど(^^ゞ

投稿: ビヨ | 2010年3月18日 (木) 12:39

私が写真始めたころは
135ミリはポートレート用と言われてました。
85ミリも同じような事言われてましたねぇ。

50は潰しがきくレンズ。
35は万能タイプって位置づけされたような
覚えがおぼろげながらあります。

まぁ、当時はとても何本もレンズ買うなんて
出来なかった訳で。
私はズームに走ったんですけどねぇ。
だから単焦点の中望遠以上は苦手なのかなぁ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2010年3月18日 (木) 20:51

私だって最初は70-210mmでしたよ。落下させて「への字」
に曲げちゃったんですけども。
その後に単焦点野郎と化して、広角側はズームに任せても
いいかなーって感じで携行機材を減らし、望遠側は用途に
応じて単焦点の中から選ぶ感じ。
 
ロクに撮らなくなったくせして、今でも135銀塩のレンズ
ラインナップは崩しちゃいませんぜ。
最低限必要なレンズ+αはキープしてんですよ。
撮るか撮らないかではなく、気持ちの問題ですね(^^ゞ
 
エアカメラマンと化してきてる気がする・・・・。

投稿: ビヨ | 2010年3月18日 (木) 22:14

私は今日は娘の卒業式だったんで。
LXとK10Dもちだしてカメラマンしてきましたよ。

中判持って行きたかったんだけど。
娘に止められました。 il||li _| ̄|○ il||li

投稿: ぴゅんぴゅん | 2010年3月19日 (金) 19:09

だーかーらー、レンジファインダータイプの地味な645ならw

投稿: ビヨ | 2010年3月20日 (土) 19:54

まぁ、確かにRFタイプなら目立たないかも知れん
けど、、ねぇ。
中判3台はいらないもんなぁ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2010年3月21日 (日) 08:11

すげ。中判3台。コアな写真ファンみたいじゃん?
それを減らそうという話ね。いちおー前向きには
検討させていただいておりますが(^^ゞ
種々の事情により、今すぐっつーのは無理。
ひとつ長ーい目で。

投稿: ビヨ | 2010年3月21日 (日) 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私は名誉四段のはずなんですが | トップページ | 再録 Contax Sonner T*35mm F2.8 on Contax T3 »