« また無駄遣いしました(^^ゞ | トップページ | 毎年恒例 »

再録 Fujifilm Super EBC Fujinon 38mm F2.6

 大多数の我が同胞に怒られるとは思うのですが、浅田真央は銀メダルでも御の字じゃないかと私は思って見ておりましたよ。
 というのも、あまりにも学芸会のような姿に見えてしまったから。採点のために技を繰り出しているだけにしか見えなかったんです。技を失敗したとかそういうこと以前のように思えました。

 せっかくの女子フィギュアなのですから、「艶」とか「女性らしさ」というものがないと、表現力に繋がらないんじゃないかなぁと、シロートながらに感じましたです。
 採点は低くても感動させてくれる演技の選手はたくさんいましたしねえ。浅田真央は子供っぽすぎるんだなー。あ、お客さん、石投げないで。

 久しぶりに再録系です。こうして自分が書いたものを読み返すと、楽しそうでいいなーと素直に思いますです。以下、再掲。

P764rhpc

 私は何度となくクラッセというカメラをボロクソにこき下ろし、ついぞ手放してしまったのではあるんだけれども、こんなものはいらぬと思って処分したのではない。
 たまたま勤務先の後輩にクラッセ貸し与えたところ、傷だらけにして返してくれて、後輩が責任上買い取りたいと殊勝なことを言うので、お友達割引で安く売り渡したというだけのことである。
 それもただ責任を感じてというだけのことならば売りはしなかった。写りが気に入ってしまい、自分で新品を買うと言い出したので、わざわざ新しいものを買うのならこれを安く売ってあげようということになったのである。売却代金はパソコン用のGPSアンテナに化けたのであった(^^;

 クラッセの写りに対する第一印象というのは「とにかくヌケるな~」であった。とてもヌケがいい印象が強かった。
 使ったフィルムがフジのRDP3であったせいか、白、青、赤のトリコロール3色が派手に出る感じで、白がスカッと出るあたり、気持ちのいいものがある。
 3群4枚というシンプルなレンズ構成でこの写りは、やはりテッサータイプのレンズ構成に起因するのだろう。少ないレンズ枚数でキリッと写る場合、テッサータイプであることが多いようだ。

 私はテッサー構成のレンズというものにどうも弱く、なぜかいつも惹かれてしまうんである。キリリとした写りに惹かれるのか。それとも少ないレンズ構成に惚れてるのかよくわからない。
 京セラスリムTのレンズもテッサーである。もらいもののカメラだが、今でもきちんと臨戦態勢にあるカメラである。
 M&SのライカLマウント改造スリムTテッサーも入手してしまった。旧タイプのために使いにくいが、写りはキリリとしていていかにもテッサータイプである。開放で使うにはボケに不安のあるレンズだけど、テッサーが好きなせいか許せてしまう。なんだかなぁ。

 しかしテッサータイプとはいえ、クラッセのレンズには前後のボケが汚く感じるシーンが少ない。
 光量がいまひとつのシーンで被写体に接近し、なおかつ背景がゴチャゴチしていたりすると、画面がいかにもテッサーっぽく乱れてくるのだけど、めったにそんなシーンはないのだから、テッサー的な欠点は出にくいレンズなのだと思う。レンズ1面に非球面レンズを採用してるあたりが、テッサータイプの欠点を補っているのかもしれない。

S_classe

 発色にビビットな印象を与えているのは、おそらくフジ写の味付けとEBCコーティングによるものだろう。
 声を大にして誉める人が少ないのだが、フジ写のレンズは一般的に発色がかなりいい。単に派手なわけではなく、渋い色もきちんと出る。
 業務用のブローニー機だけではなく、TV局のTVカメラなどにもフジのレンズは採用されている。業務用でそれなりに評価されているレンズというのは、アマチュア用でもそれなりに優れたものであることが多い。

 遠景で解像度が落ちるというコメントを読んだことがあるが、私はどうせクラッセで遠景重視の撮り方はしないからいいんである。それより、処分してしまったことが悔やまれるほどで、ぜひまた入手したいと切望している。
 2003年後半から少しずつクラッセの価格が上がり出し、生産中止がそれに拍車をかけているようだ。仕方なく私はしばらく様子を見ることにしている。

 カメラそのものは使いにくいところがある。露出補正がものすごく面倒だし、レリーズボタンの感触もよろしくない。
 けれどAFもAEもかなり安定しているし、素早くMFに切り替えられる点は便利だ。リバーサル向きの露出設定もいい。そして写りの個性がカメラ本体の使いにくさを補って余りある。

 M&Sでクラッセ改造レンズが登場したら買っちゃうかもしれない。たぶん私は買う。登場しなくても、クラッセはまた買う。処分してから後悔した数少ないカメラである。
 カメラというものはしょせん道具でしかないのだが、レンズの魅力は間違いなくカメラの構成要素の中で大きなウエイトを占めるものなのだ。(2004,05,21)

 以上、再掲。

 結局、M&Sの改造レンズではなく、オクで買い求めることになったのですが、資金をケチったおかげでハズレの個体を落札しちゃいました。コーティングが剥げてんの(-_-;)
 それを某ぴゅんぴゅんさんに押し付けてしまい、再生産というかリニューアル品というか、その後に登場した新クラッセもとうとう買わず仕舞。
 デジタルのウエイトが増えてしまい、以前ほど銀塩機を使わなくなっているため、銀塩機を増やしてもしょうがねえだろ、という判断でした。

 クラッセSで3万半ば。クラッセWで4万チョイなのですから、写りからしたらかなりのお買い得かと思うのですけど、使った方からは露出の不安定さが指摘されており(クラッセWで慢性アンダーとか)、あまりオススメはできまへんなぁ。
 新クラッセは、露出補正がやりやすくなった代わりに、素早く無限遠へピントを合わせることができなくなっちゃって、(旧クラッセは)安定した露出のイメージがあるものですから、私はちょっと残念でした。

|
|

« また無駄遣いしました(^^ゞ | トップページ | 毎年恒例 »

旧機材系・再録」カテゴリの記事

コメント

Twitter上では、真央ちゃんの色気不足に関して、案外みんなそのように思っているみたいでしたよ(^_^;。

『誰か真央に女の色気を教えてやってくれ』
『よし、俺が引き受けよう』
『…守備範囲広いな』
みたいな会話が繰り広げられておりました。

ジャンプの回転数が多ければ勝つというのであれば、4年前に類まれな表現力のみで栄冠をつかんだ荒川静香の金メダルの説明はつかないわけで、ユンソナの演技にケチをつける輩は天に唾するも同然かと。

投稿: エンゾー | 2010年2月26日 (金) 21:24

採点対象にならないのを承知で、世界一のイナバウアーを
披露したあの気概が、神々しいまでの演技に繋がっていた
と思います。荒川さんの場合。
その点、何回転しただのって、なんかレベルの低い話を
してるように思えてしまいますね。
生イナバウアーはすごかったですよ。ありゃ観客は飲まれて
しまいますわ。
 
米国籍で出場した長洲未来のカルメンなんて、エギジビジョンなら
大盛り上がり間違いなしでしょ。魅せる演技で。
キムヨナも女性らしい柔らかさが表現されていて、女子ならでは
だと感じました。
その点、浅田真央は子供の学芸会みたいに見えてしまい、
冬五輪の華とはいえない気がしました。
 
私も最初ユンソナって書きそうになりましたよ(^^ゞ

投稿: ビヨ@休肝日 | 2010年2月26日 (金) 21:55

>私も最初ユンソナって書きそうになりましたよ(^^ゞ

大爆笑・・
そうなんです!
オジサンは外国の方の名前が覚えられないのです。

(はじめまして。46才 岡山県)

投稿: オオシマ | 2010年2月27日 (土) 06:26

あはは、カメラネタの再掲載なのに
フィギュアの話に花が咲いてますね(w

ま、がんばったでしょ皆さん。
男女とも全員入賞って凄い事なんじゃないですかね(゚ー゚)

話は変わりますが。
私もクラッセ君余り出番が無いのが現状Orz
うちのカメラの中で最もコンパクトなので
一時はバイクツーリングのお供になったんですけどね。

投稿: 某ぴゅんぴゅん | 2010年2月27日 (土) 07:36

オオシマさん >
オリンピック中継のアナウンサーはよく外国人の名前を
スラスラ言えるものだと感心しますが、ヤツらとて
暗誦できるまで練習したのだろうと(^^;
(44才 秋田県)
 
ぴゅんぴゅんさん >
我が家でも遊休状態の銀塩機が多くて・・・・。それどころか
DP1xに手を出したらGRD2がお休みになりそうで。
デジタル機すら遊ばせておくってのは、少々贅沢すぎ。
(ってDP1x調達はデフォルトなのかよ)

投稿: ビヨ@勤務中 | 2010年2月27日 (土) 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また無駄遣いしました(^^ゞ | トップページ | 毎年恒例 »