« RAW現像ソフトは・・・・ | トップページ | 笑わせんなw »

行くか行かぬか Part2

 明日の明け番はどこに出かけようっかなー♪などと、仕事ではなく遊びに行くことで頭が一杯のダメ社員、ビヨーン太です(^^ゞ

 夜勤に入っちゃったら、楽しみは「世間の人とは違うリズムで生きているメリットを最大限に甘受する」ですヨ。
 それを平日の空いてるパチンコに賭けてる同僚がいれば、私のように空いてる道路をメリットにして出かけたがる人もいるわけです。

 ただし調子こいて走り回ってると、ガソリン代がバカになりませんで、あっという間にオカネがなくなっちゃうということに留意せねばなりませんな。私の場合。
 最近はカードでガソリン入れるのをやめてます。サイフの中の現金オンリー。カード払いを頭の中で管理できなくなってきてる若年性アルツ。

 雪中野営を一度くらいしてみてもいいのではないか。そんな考えは相変わらず持っているのですけれど、考えれば考えるほどハードルが高くてですね。
 まず、雪中のテント設営に際し、雪の上にいきなりテントなのか、あるいは除雪してから設営すべきなのか。

 雪の上にテント設営しようにも、ペグが効かないはずなので、まともにテントを張れるのかという危惧。なにかしらの重りを利用して設営したとしても、床の下が雪ですから、体温で沈んでいくんでないかな?
 しかも沈んでくってことは、雪が潰されているだけではなく、融けていることでもありますから、テント床面の耐水が気になってきます。
 「耐水圧」と表記されているテントの生地性能は、おそらく雪の上での話ではないと思います。常に一定の水が床下にあり、人間の体重で圧迫され続けていて生地は耐えてくれるもんなのか?

 といいますか、先日の野営では地面からの冷えがかなり厳しく、雪がなくても冬の地面ってえのはとても冷たいものだと学習してますんで、あれ以上に厳しいとツラいよなーと思うわけです。
 それは除雪後にテント設営しても似たようなもので、いずれ冬季野営のキモは地面からの冷気を遮断することだと思います。

 開き直ってシェルターを使うという選択肢もあるわけなんですけれど、シェルターは結露との戦いが避けられない運命にあり、寒くなればなるほど結露は激しくなり、しかも雪があって地面が濡れてるとなればなおさら。
 除雪しようがしまいが、テントを使うよりもシェルターは厳しい寒さになることが予想され、幕体内で火を使える安易さはあるものの、テント以上にハードな環境に。

 テン場の選択もあります。野営地をどこにするのか。不慣れな冬季野営なので、できればクルマは近くに置いておきたい。冬場は装備品が増えるので、クルマへの往復は最低限にしておきたくて。いざとなったらクルマに逃げる手も含め。
 先日の飛の崩は、暗闇の中で丘の斜面を往復し、できればクルマは近くにあると楽チンだーと感じました。寒いから外をウロウロしたくなくて。

 あまり遠くない野営地を考えてみても、アプローチルートが除雪されていてクルマをすぐ近くに置いておける野営地ってのが、実は意外に少ないんですね。
 竹の花のアプローチルートが除雪されているならチャレンジしたいとこですけど、あそこはキャンプ場に行く以外に用途がない道なので、おそらく除雪はされていないでしょ。
 大潟村の野営地くらいかなー。この時期に利用してるバカなんざいませんから、おそらく貸切状態で特等席指定でしょうし。トイレと水場は最初から冬期閉鎖想定であるのは仕方ないことです。

 こう考えていくと、積雪が多い日本海側は冬季野営が難しいですね。雪があって冷え込むとしても、太平洋岸ならサラリとした雪の中で野営できそうな気がします。

|
|

« RAW現像ソフトは・・・・ | トップページ | 笑わせんなw »

アウトドア2010」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。冬季幕営と聞いて飛んできました。

山の話ですが、冬季の設営はワカンなどで整地して、雪の上に設営します。ペグは竹や割り箸を十字にして埋めます。ビニール袋に雪を入れて代用することも出来ます。あとはスノーブロックで風除けを積めば完璧。

底冷えがキツイので、テントシートとして2~3ミリの薄い銀マットを全体的に敷き、個人用マットは2枚使ったりします。冬季は、エアマットよりウレタンマットの方が暖かいです。

足が冷えるのでテントシューズ(ゾウ足とも言います)などで防寒します。煮炊きは前室かテント内になりますね。雪を溶かして水を作るので結露は避けられません。

朝、フライがバリバリに凍ってますw
でも雪見酒は辞められません。

楽しい幕営ライフを!

投稿: mossan | 2010年1月27日 (水) 12:50

冬季は一回だけ経験あります。
標高400くらいの里山。
結果的に雪が降り(20センチ)ましたので雪中キャンプになりました。

当時、甘く見てたので防寒着上下+夏用の封筒シュラフ+銀マットで挑みましたがアウトです
寒くて一睡も出来ませんでした(^^;

一番困ったのはフライやインナーのチャックが凍るのです。
出はいりはフライのペグを引っこ抜いて・・・
吹流しタイプの外張りをオススメします。


投稿: ガキ | 2010年1月27日 (水) 21:01

mossanさん >
「オラそこまでやんねえよう」と思いつつレスを拝見して
おりましたが、最後の「雪見酒」が琴線にヒットして
しまいましたぜ、旦那。
確かに雪見酒は積雪地の贅沢でありますからなぁ。
しかもそれをナマで眺めながら飲めるなんてねえ、
贅沢ですよねえ。
 
ガキさん >
ははあ。ジッパーが凍ると。水分が付着するとヤバいって
意味ですね。なるほど勉強になります。
するってえとああやってこうやって・・・・、などとテント設営の
順番を考えてみたりして。濡れないように。
 
いやいやいや。どうしてみなさん私を止めないかな(^^;

投稿: ビヨ | 2010年1月28日 (木) 14:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RAW現像ソフトは・・・・ | トップページ | 笑わせんなw »