« 自分で選べよなぁ・・・・ | トップページ | 野営しに来てはみたものの »

再録 Canon EOS kiss3

 集中投下中。以下、再掲です。

 コンパクトさと軽量さで密かになかなか使えるカメラだと私が感じているkissシリーズの3代目である。
 これを書いている時点ですでにkiss5が販売されているのだが、黒ボディ派としてはkiss3で打ち止めって感じなのである。

S_kiss3

 メーカーさん的には、レリーズ時の像消失時間にこだわったなんてことを前面に押し出したいらしいのだが、そんなこたあシロウトさんにはあまり関係ないんでないべか。と、このカメラを積極的に買い求めるであろう層を考えると、もっとやることはあるんでないかな?

 ファインダー倍率の低さ、ピントのキレがイマイチのファインダースクリーン、低速シャッターを使うのが不安になるシャッターショックの大きさ。この3点がkissシリーズの難点と個人的には感じている。
 「安いカメラだもの、仕方ないじゃん。不満があるなら高いカメラにしたら?」というご意見はごもっとも。
 でも初めて一眼レフを使うといった人が購入する場合は多いだろう。それを考えると、せめてファインダー系を改良していただきたいものである。

 初心者に一眼レフのメリットを感じさせる程度の内容にするべきなのではないか、という私の考えは初期のkissから一貫して変わらない。
 なにしろ一眼レフというものは一般の人にとって持ち歩くにデカい荷物なんである。そして家計からしたら安い買い物でもない。
 思い切って購入して、そして使ってみて重さやデカさを感じていてもそれでも使うだけのメリットがなければ、やがてはお荷物扱いになって使われなくなり、せいぜい子供の運動会で暗い望遠ズームを振り回して手ブレ写真を量産するのが関の山、という路線はわりとよく見るのであるよ。

 kiss3はまだまだイマイチのところはあるが、運動会でのみ活躍させるにはもったいないポテンシャルも持つのだ。
 難点のうちのひとつ、ピントがよくわからないスクリーンは2型と比較すると改善されており、とりあえずピントが来ていることは確認できるようになった。

 一眼レフとしてごく当たり前であるはずのピントを目視で確認する行為が難点だったというのも、まさにAF機ならではなのだが、デフォルト状態の7点測距にしておくならば、どこにピントが来てるかわからないわけだからピントの確認は必須である。
 私はセンター1点に固定していつも使ってるから、ピントの確認はシビアにやってないけどもネ(^^ゞ。
 でも少しズレてるのが明らかな状態でも合焦ランプが点灯することはあるからね、やはりピントは確認できなきゃ話にならん。

 AFの速度もおそらく速くなっているに違いない。AFはいわゆるワンショットAFモードとサーボAFモードが自動切替である。使うこっちはAFロックしたつもりでも不意にまたAFが作動する場合があるのは閉口する。
 イメージゾーンでは自動切替させないモードもあるようで、風景モードやポートレートモードではワンショットAF固定になるようだ。シロウトの使うモードだと馬鹿にせず、積極的に使ってやるのも手かな~。

 個人的にはボディデザインが2型より引き締まったように思える。kissシリーズの元祖、EOS1000あたりは頭でっかちでもっそりしたデザインであった。ここからいきなり小型化を進めてkissシリーズになるが、どうもどこかにのんびりしたというか間延びしたというか、いかにも低価格普及機でござい、という雰囲気が漂っていて道具感が希薄だった。
 例えるなら、kissとkiss2を使う時はコンパクト機を使うのと同じような感覚で、使うこっちものんびりしていたが、3型になってからはきちんと一眼レフを使っている気になる。そんなの私だけか?(^^ゞ

 それなりにチープなところや足りないところもあるにせよ、我慢するなりユーザー側で使い方をカバーしてやれる範囲内ではある。
 コンパクトで軽量な一眼レフであり、ほぼ無音で駆動するキヤノンのUSMレンズと組み合わせることで、かなりのスナップ向き機材といえるのではなかろうか。

 願わくはレンズである。キヤノンにはコンパクトな単焦点レンズにUSM搭載レンズが皆無である。従来の普通のモーターなんでAF駆動がミーミーとうるさい。
 せいぜい28mm/F1.8がもっとも小さなUSM搭載単焦点レンズかもしれないが、もっと小さくて軽いレンズがあってもいいでのではないか。kiss3に似合うであろうF2.8クラスの常用単焦点レンズをぜひUSM仕様にしていただきたいものである。

 kiss3Lで液晶にバックライトがつき、kiss5で一段と静粛になったと聞く。でも黒ボディはkiss3が最後になりそうな按配なんで、多少不便であっても私にはkiss3が最良の軽量小型一眼レフなのである。
 ギラギラ光って目立つカメラはイヤミになりかねないからイヤなのよ(^^;。

 以上、再掲。

 なんだかんだで我が家で一番出動回数が多い銀塩EOSはkiss3だったりします。なんとかピントの山を確認できる程度のスクリーンなので、ファインダーでピントが把握できるようになったことと、引き締まったコンパクトさ、そしてめったにハズさなくなったAEお任せの測光系がメリット。
 また、樹脂丸出しのボディのくせして、ぶつけても落下させてもまったくへこたれず、ヘタな金属外装機よりもタフだったりします。

 軽くてコンパクトで丈夫。んでAF任せでもあまり不安がなく、AEでもほとんど気を使わなくてもいいとなれば、こりゃスナップ機として利用しない手はありません。
 延長グリップも単3使用が可能になり、電源についてもフレキシブル。今ならエネループを利用するのが賢い使い方でやんすね。

 金属外装機は高級感という点で樹脂よりはるかに上ではありますが、実際に使っていて気になるのはタフさなのですよ。
 その点でkiss3はかなり丈夫です。ぶつけても傷がつくだけでして、凹んでしまう金属外装機とは違います。衝撃吸収性といいますかね、そういった点でkiss3は個人的に合格点を出します。
 AFでもAEでも便利なものは甘受する性格の私ですから、必要範囲内の性能なら文句を言いません。ただし一眼レフとして必要とされる要素において初代と二代目は物足りず、kiss3になってやっと最低限の線をなんとかクリアしたかという感じなんです。

 もちろんkiss3以降は改良されているわけですが、今度はボディの色が派手になってしまっていて、趣味のスナップ機は地味な黒ボディであってほしいと願う私にとって、銀塩kissは3型で終わってるんですね。
 黒ボディkissとして最終型の3型であり、スナップマシン一眼レフとして最低限のラインに乗ってきた3型以降という関係で、kiss3は個人的最終型なのですよ。

 また、樹脂ボディのメリットとして、冬場に必要以上にボディが冷えないという点があります。とかく安っぽいと評される一般的なプラスチッキーカメラではあるものの、気温の影響をあまり受けない点はメリットだと思ってます。
 とくに電池駆動のカメラではそうですね。ちょっと放置しておくとキンキンに冷えてしまい、電池が低温でドロップしてしまう金属外装機は、デジタルの世の中になっても変わらぬ不安さなのですよ。

 内部フレームが金属であったとしても、冷えてしまう部材は少ないに越したことはない。北国の住人としては、そういった点も気になる要素なのでした。

|
|

« 自分で選べよなぁ・・・・ | トップページ | 野営しに来てはみたものの »

旧機材系・再録」カテゴリの記事

コメント

うーむ、キヤノン系には全く触ってないので。
その良くないファインダーも分からんのう。
キヤノンとミノルタには縁が無いのよ。

そういやキタムラにTC1の中古2台あったけど。
どっちも6万近い値段でね。
F5よりも高かった、、ある意味すごいカメラだと思ったねぇ。

そういえば35Tiが19800円だったんだけど。
これは逆にえらく安いよね。
クルクル針には引かれたけどヘキサーと被るから
必要ないんで逃げ切りましたよ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2010年1月 9日 (土) 17:36

35Tiは人気ないっすなー(^Д^)ギャハ
レンズがヌルくてAFがアレだとなれば、仕方ないっすかね。
28Tiが製造台数少なくて若干のプレミアってとこですか。
測光だけなら卓越してるんだけどもなぁ・・・・。

投稿: ビヨ | 2010年1月11日 (月) 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分で選べよなぁ・・・・ | トップページ | 野営しに来てはみたものの »