« 新年から愚痴 | トップページ | 再録 Canon EOS new kiss »

再録 Canon EOS kiss

 この際だから銀塩EOS系を集中投下ということでよろしくお願いいたします。

 ただし1nだけは再録なし。あれを書いちゃうと、すぐリンク張られてネガティブキャンペーンに利用されますのでね。
 事実を書いてるのにクレーマー扱いされたりして、不愉快な思いを何度かしておりますんで、1nはナシ。

 以下、再掲です。

 なぜ私がEOS kissというカメラを手にしてみようと思ったのか。そのきっかけは、ある販売店の事情で安く譲ってもらったというだけのことなのではあるけれど、もっぱら初心者向きとされ、作りもチープなkiss。手にしてみると「あれ?」と思う。単なるチープなカメラで済ませてしまうにはもったいないところがある。

 入手した時期は、すでに2代目のEOS new kissが発売されていたのだけど、私はあえて初代を選んだ。
 なんとなく初代のほうがシャッターのショックを制御しやすい方向に振れる気がしたし、より地味な外観だったからである。

 たしかにチープな作りである。ショボい。とくにファインダーは絶句するほどピントのヤマがわからない。自動でピントが合うから使えるものの、手動でピントを合わせるのは至難の技である。ファインダーの着色も感じられる。プリズムではなくミラー反射を使っているからなのか?
 kissってのは写真初心者や一眼レフ入門者向けの機種であろう。それなのにこんなファインダーじゃなあ。これが一眼レフだと思われるとメーカーが困るのではないか?

 ボディは小さくて軽いのだけど、それと引き換えにシャッターのショックは大きく感じてしまう。手ブレの原因になっちゃうよ。これも初心者にはしんどいかも。
 安ければすなわち初心者向きといった傾向は、ちょっと違うんでないか?やがてミノルタからsweetシリーズが出てkissのシェアを食っちゃうのがよくわかる。

 だけど、AF一眼レフに慣れている人なら、逆に使いこなしやすい面が少なくない。まずシンプルなとこ。めったに使わないような面倒な機能は最初から搭載していない。操作スイッチも少なく、迷いがない。
 ファインダーの見え具合はゲロゲロレベルながら、露出表示部に±2の幅を持つインジケーターがあるのは良い。
 前モデルのEOS1000Fから引き継ぐ長所であり、ファインダーから目を離さず右手だけで素早く露出補正ができる。この贅沢さはEOSシリーズで最高級機のEOS-1にしか搭載されていないものである。

 動作音は全体的に柔らかな音質で目立たないため、スナップ向きである。軽くて小さいこともスナップ機として美点であろう。AFとAEに徹して、あとは露出補正をするだけの使い方が似合う。
 「一眼レフみたいなお荷物はちょっとな・・・」と考えてしまう場面でも、kissなら軽いからまあいいか、という気にさせてくれる。これはスナップマシンとして重要な要素である。カメラがないと被写体に出会っても撮影できないのだからして。

 中途半端な測光系を逆にシンプルなものにし、プリズムを使ったファインダーにするだけで、アドアマ層のサブ機として十分に通用するものがkissにはある。
 今さらメーカーがシンプルなAF機を開発するはずもないので、kissに対してどのくらい我慢できるかという部分が、道具になるか初心者のオモチャになるかといった明暗になる。そんなカメラである。(2004,02,19)

 以上、再掲。

 一眼レフというのはとにかく嵩張る。それが一般的な認識だと思いますし、昨今のマイクロフォーサーズ機が市場でもてはやされているのも、あの小さなレンズ交換可能機はなんなのだ?という興味から始まってると思うんです。
 パナのGF1とオリンパスのEP-1は、私の周囲のカメラシロートさんからずいぶん質問されましたよ。
 つまり「一眼レフ」なのか「一眼」かというようなことは、フツーの人はなんも意識してないわけです。ファミリー層向けとして小型軽量のカメラを企画したがるメーカーさんの感覚に間違いはないわけですね。

 ただ、私らのようなオタクがかった撮影者としては、小型軽量ということだけでもカメラとして意味があると考えてしまいますんで、当初はチャチなカメラでしかなかったkissにも興味を持ってしまうのですよ。
 ああ、kissに興味を持つオタクなんて私だけでしたか。普通は高級機にしか興味持たないもんね~。

|
|

« 新年から愚痴 | トップページ | 再録 Canon EOS new kiss »

旧機材系・再録」カテゴリの記事

コメント

僕に写真の楽しさを教えてくれたのは初代Kissでした。そのなミニマルなスタイルも、当時としては衝撃的でした。いまだに「Kiss3(黒)が最高」という人がいるのも頷けます。

「コンティニュアスAFとシングルAFが自動切り替えのみ」という謎の仕様を除けば、入門機として不満の無いスペックだったと思います。

投稿: エンゾー | 2010年1月 8日 (金) 01:29

最初の一眼レフで写真の楽しさに目覚めたというのは、
とても幸せなことですよ。
私なんざ、コダクロームがなくなって以来、
ホントにドキドキしたことがあるのかと自問自答したくなる日々。
写真不幸になってる気がする昨今。

投稿: ビヨ | 2010年1月 8日 (金) 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年から愚痴 | トップページ | 再録 Canon EOS new kiss »