« 再掲 Minolta G-Rokkor 28mm F3.5 of TC-1 | トップページ | 情報を乞う »

病院に行ったっすよ

 当地の健康保険事業団でやる健康診断は、受付時間前だろうがなんだろうが、とにかく早く行けばすぐ終わるのが定番で、定時に行ったらすげー待たされて時間がかかるのですよ。どこも同じようなもんかもしれませんけれどもネ。
 でも健康診断の受診票は、きのう仕事を休んじゃったんで会社に置いたままです。なくても受け付けてくれそうなもんですけど、どうせ早出当番で会社に行かなきゃなんなかったんで、まあいいかと。通常の早出を30分早めればなんとかなるべ。

 そう考えてゆうべは寝たんですが、なぜか眠れず。風邪薬を服用してるから眠くなってもいいはずなのに、朝までウトウトしたまま。
 おそらく身体を動かさず昼間から寝てたんで、なんも疲れてないからでしょ。肉体労働者の悲劇ですな。ちょっとウトウトすると風邪の微熱で汗かいて目を覚ますしー。

 まったく鼻水状態が改善されないまま朝を迎え、どうもベンザブロックが効いていない雰囲気。もしや風邪じゃなかったりして?
 イヤな予感を抱いたまま必要以上に早く出社し、軽く仕事を片付けてから、その日の親方に「健康判断終わってから病院に行ってもいい?」と確認してから健康診断へ。
 同僚が何人かいましたので、病院に行くよと話をしましたが「また休みやがってこのやろう」と顔に書いてありました(^^;

 早出の当番を誰かに代わってもらって、健康診断の日程をズラしてもらえば良さそうなことなんですけど、私は職場でやたら立場が弱い身。ワガママ言えないんですよねー(^^ゞ
 ええ、健康診断ではなんにも異常は見つからなかったようで。血圧の変動が大きいのと、左目の視力が急激に減退していることくらいのもんでした。あと体重がまた落ちました・・・・。

Img_4544_2

 そんなこんなで久しぶりに病院というものに行きました。数年前に腹をかっさばいたあの総合病院っす。
 万が一、入院ということになれば、毎食味付けが同じというあの食事と、妙に硬いベットが待ってるわけですが、そんなことはないだろうという自覚症状なので半分タカをくくり。
 むしろあちこちタライ回しになっても徹底的に調べてもらえる総合病院の便利さを優先してみましたよ。

 さすがにインフルエンザ流行期。もうロビーは発熱でヨロヨロしてる人がたくさん。ストレッチャーで運び込まれてる人までいました。
 問答無用で問診と体温測定。体温計が足りずに使い回し状態で、受付カウンターは戦場のような忙しさに見えました。

 メインが鼻水ということで耳鼻咽喉科行き。発熱がメインなら内科だったらしいです。結果的に耳鼻咽喉科で正解だったんですがね。
 この総合病院は診察予約してるお年寄りの患者さんが多く、飛び込みの私は後回しにされることを最初から覚悟してました。某診療科では2時間半待たされた挙句に昼休みに入られたことがありましたからねえ。でも耳鼻咽喉科は来た順らしく、1時間くらい待ったら診てもらえました。

 診察室に入った瞬間、耳鼻咽喉科独特の怪しげな機材が並んでるのが目に入り、ふと子供の頃に怖い耳鼻科に通って染み付いたトラウマが噴出しまして。いきなりキンチョーして汗だくっすよ。
 軽く問診の後、鼻穴の中と喉を見てもらいましたら、すぐにピンと来たらしく「レントゲン撮ってくださ~い」。レントゲン科へ行きまして。

 なぜかここのレントゲン技師さんの中には美形がいまして、前からそう思ってましたが、今回もきれいな女性技師さんがいましたよ。見とれてますと緊張感を忘れるのでいい感じなのです。
 頭部のレントゲンを角度を変えて2カット撮ってもらいました。健康診断では胸部を2カットだったんですよ。背が高いから1カットじゃ撮れないって話で。今日は4カットかぁ。ずいぶんX線を浴びました(^^;

 結果として、急性副鼻腔炎。風邪薬が効かないはずですわ。子供の頃は耳鼻が弱かった私ですが、大人になっても名残はあるもんですね。当時も今も耳鼻科には屈強なナースがいるのはどういうわけでしょうか(^^;
 鼻に蒸気を送り込むヤツをやってもらって、院外処方箋が出て、ヘビーな薬を3日分、弱い薬を7日分もらいました。緊張が緩んで一気に出てきた鼻水が、心なしか楽になったような?

 この季節の副鼻腔炎は放っておいても良くはならないと経験的に知ってます。病院に行ってよかったっすよ。明日出社してから同僚は白い目で私を見るのでしょうけど(^^ゞ

|
|

« 再掲 Minolta G-Rokkor 28mm F3.5 of TC-1 | トップページ | 情報を乞う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

看護師さんが美形だと「ラッキー!」ってな具合に
ちょっと元気になりますよね。ぼくは、9年前の
術後に入れられたICUのナースがかわいかったので
意識が朦朧とするなかナンパしそうになりました(^^ゞ


お大事に。

投稿: Kizao | 2009年12月 2日 (水) 23:00

私はアレルギー性鼻炎もちです。アレルギーが出ると、首から上が(目、鼻、耳、のど)最低3日はひどいことになります。
 ちなみに18歳くらいまでは「俺はいくら強く鼻をかんでも大丈夫」と思っていました。ええ、あのとき鼓膜を悪くするまでは・・・・。耳にも気を付けてください。一生、耳鳴りと付き合っていかないといけなくなったので。

投稿: hk | 2009年12月 2日 (水) 23:15

> Kizaoさん
いや「お大事に」という言葉は私のほうから投げかけねばならないような・・・・。
まあ病院というのは、たいていあまり気が進まない状況でお世話になるもので。
そんな中、なにか楽しみを見出すというのは、正しい精神的逃げ道だと思ってます。
とくに男性の場合、いくつになっても美しい女性には癒されますもん。
ナンパするかどうかはともかくとしてw
 
> hkさん
アレルギーはキツいようですね。
最近登場しなくなった温泉同好会の会長は、卵の白味アレルギーで。しかもアトピー持ち。
いっしょに食事してて大変に気を使います。会長はあまり頭を使わないタイプですんで(^^;
鼓膜は私も小さい頃にヤッてますが、幸いに大人になってからは無事に過ごせてます。
唯一、標高差による気圧の変化だけには耐えられず、登山ごときですぐ耳が逝きます。
耳鼻が弱くて遺伝的に腸が弱いという体質。おまけに肺病持ちですけん。
身体の弱点は、お互いに気をつけねばなりませんな。

投稿: ビヨ | 2009年12月 3日 (木) 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再掲 Minolta G-Rokkor 28mm F3.5 of TC-1 | トップページ | 情報を乞う »