« 老いらくのなんとか | トップページ | 床屋 → お歳暮 »

ヘタレと馬券について

 早朝から我がPCが挙動不審になり、あーでもねえこーでもねえとやってるうちに昼になり、本日の予定がまったく消化できないことが判明。
 正直、仕事でかなーり疲れてまして、いつもよりも寒さで疲れちゃってる雰囲気もあり、ちょっと一息入れたいとこなんです。ホント、今月は疲れるパターンが多くて。

 ええ、雪中野営はヘタれてみることにしました(-_-;)

 しかし。来週の祝日や週末はなんも予定が入ってないので狙い目だったりします。この時期になんも予定が入ってないってのも、まんまボッチ状態で、雪中野営なんかやってる場合じゃないんじゃないかという話もありますが、あたしゃもう人生投げてるからなんにも気にしません\(^o^)/

 話は変わって。

 JRAさんから「電話投票権を剥奪するよ?」という脅しをかけられ、その期限が12月23日。もう2年間も馬券を買ってないのですね。
 今年の12月23日までとなれば、ラストチャンスはこの週末。ホントは先週の中日新聞杯あたりで勝負したかったんですが、月曜と金曜にロックされちゃう特殊な銀行口座を利用しなければならなく、なかなかオカネを入れるチャンスがなくて今週になってしまったというわけ。

 私が得意とするのはG2以下の中距離以上のレース。イマイチなメンバーが並ぶレースを得意としています。
 買うからにはそれなりに下調べをしてみたかったのですが、仕事で疲れてグッタリ寝るだけという日が続いていまして、なんも下調べなんかできず、ぶっつけ本番ということになりそうです。

 朝日杯はいくらかは展開が見えるのですが、最後の候補絞り込みでドジりそうな気配があり、買うか買わぬか悩んでおります。
 お釣りがなくなった馬と、まだ出てくるには早い馬が何頭かいますのでね、こいつらは速攻で切れると思っちょりますが。馬連3点勝負まで絞れれば買う予定。

 で、我がオフクロが競馬中継をやたら熱心に観戦してる件について。

 金銭感覚をキープできる自信があるのなら、ギャンブルとしての競馬ってのは年寄り向きな側面があるのですよ。
 毎日情報を仕入れなければなりませんし、情報なくして馬券候補の絞り込みはできまへん。暇な年寄りにうってつけ。
 かてて加えて、なにしろ現金が関与しておりますので、関わり出すとイヤでも本気にならざるを得ません。必然的にボケてる暇なんざなくなります。

 数年前からロマン方向で馬に関する書物を時折与え、そのへんのフツーの年寄りよりもは競馬事情に詳しくなっているはずのオフクロ。騎手の名前などもけっこう知ってます。
 ただ、なぜ逃げるのかとか、なぜ後方待機なのかという部分がいまひとつ理解できていないようで、本日の解説はバカブログの管理人のビヨーン太さんです、ってな感じで、解説者が必要だったりします。

 厩舎+馬の立場。騎手の立場。馬主の立場。これをそれぞれ分離して勘案し、レースというひとつの場にそれぞれが集結した結果がどうなるのか。それが競馬予想のすべてであり、天候などのファクターが絡み、最終的には自分の邪念との対決になるわけです。
 競馬場が社会主義の箱庭だという話は以前に書きましたね。投資金額の多寡はあれ、予想という部分に関しては、貧乏人も資本家もまったく同一条件なのが競馬。けっこう平等なんです。
 そしてあまりにも多いファクター。ハミひとつで機嫌が変わる馬という生き物を軸に、たくさんのファクターの中からどう結論を出すか。最後は自分と戦うようなもんです。

 そういった精神的作業が多く、かつ現金が絡むわけですからね、競馬やってりゃボケねーと思うわけです。
 情報を得るために動き、自分の頭の中の葛藤と戦い、かつオカネという数字が絡むわけですから、ボケ防止には最適なんじゃないかと、ボケる家系の母方にたいして数年前から考えていた私なのですね。

 ああ、PCは普通に使ってて挙動不審になったんじゃありません。余計なことをしたのでした(^^ゞ

1550416003864019394121pc

|
|

« 老いらくのなんとか | トップページ | 床屋 → お歳暮 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老いらくのなんとか | トップページ | 床屋 → お歳暮 »