« 米について | トップページ | いいぞ その調子だ »

20年ぶりにまた慰められてしまった話

 今日は休日出勤の当番で、暇な仕事をぼんやりしてました。ダンプ運転したり。

 そのダンプでラジオを聴いてましたら「誰にも必要とされていない人なんてどこにもいやしないんだ!」なんて力強い声が流れてきまして、ふむふむ、そうだよなぁ、などと一瞬感心しようとしたものの。

 待てよ?もしかして・・・・。俺って誰にも必要とされてない、世間じゃかなりの少数派なんじゃねーの?

 職場で必要とされているかといえば、単なる頭数の一人でしかなく、なんつってもかつては「辞めてくんねえかな」と上司から宣告されたことがあるくらいの役立たず。いてもいなくてもいいというか、いなくなっても問題ない人材であることは明白です。
 家族はオフクロしかいませんし、そのオフクロもネコがいればとりあえずいい人。私がいなくても普通に生きてけます。息子の将来なんざぁ、リストラ食った時から捨ててますし。

 うーむ。かなり寂しい人生を送ってるのかもしんない。

 ただでさえ最近ナーバス傾向で、いかんぞいかんぞーと思ってたところへ余計なことを考え始めてしまい、しかも仕事は暇でほとんど一人仕事状態。考えたくなくても考えてしまいます。

 こりゃいかん。仕事の帰りにのんびりとお店を経営している知人のところへ立ち寄ってみることにしました。世間話でもしてりゃ気が晴れるかと。
 そしたら、こんな時に限ってものすごく暇な店が大忙し。「なんと商品が売れた!」と店主が驚くくらい暇なはずの店が。
 とりあえず腰を落ち着けてみましたが、出されたヌルいコーヒーをすするのみで、世間話なんかするような雰囲気じゃありません。

 ブルータスよ。おまえもか。そんな気持ちのまま、こりゃおとなしく帰って浴びるほど酒飲んで吐いて寝ちまうべ。微熱が引かなくて体調悪いし。明日の休みも飲んだくれてフテ寝してるしかねーよ。

 よっこらしょうと腰を上げようとした私の視界に、なにやら灰色の素早く動くものが飛び込んできました。おんや、愛想の悪い、人嫌いのにゃんこですよ。

Russian_blue

 女系一族で男がひとりもいないここんちで前に飼ってたダックスのメスは、もう私にベッタリで興奮してしょんべんチビるくらいラブラブだったんですけど、ラシアンブルーの血統書にゃんことなると、もう人見知りしまくり。私の半径5m以内に近寄ったことなんざありません。

 そのラシアンが。小さな声でフーンと鳴いたかと思うと、素早くかなりの高さのテーブルに飛び乗り、私の目の前に来て「おじさん、誰?」のポーズをとりやがります。
 「いつもの知らねえおじさんだろうよ。よく見ろって。」と顔を近づけても、逃げもしません。たまに目の悪いにゃんこがいますんで、もしかして別の人と間違えてんのかなーと。

 そしたら、もう「かまって光線」を全力で両目から出しまくり。なでてなでて。耳の後ろのあたりなでて。あと首のとこも。
 甘えっぷりはとどまるところを知らず、とうとう最後にはゴロリと横になってセクシーポーズ。おまえよー、日頃の無愛想ぶりはどこへ行った。

 ふと思い出すに、在京時代に、惚れぬいた年上の女性から突然あっさりフラれて死にそうになってた時に、近所の黒ラブに慰められたことがあったっけ。
 普段は吼えまくりの黒ラブが、その時ばかりは妙に冷静で、しゃがんでうつむく私の肩にただ静かに前足を乗せやがったのでした。
 そうそう、入線する列車が来てるというのに地下鉄のホームから落ちそうになってビックリし、死にたいくらい落ち込んでる人間って、簡単に死の縁に引っ張られるもんなんだなと学習したのもこの時でした。

 ラシアンは落ち込んでる人に近寄って必死に愛想振りまくかい。泣かせるねえ。いいとこあるじゃないの。
 無愛想な血統書にゃんこは今まで嫌いでしたけど、かなーり見直しました。雑種の能天気さとは違うものがあるのかもしれんよね。

 ↑ 気のせい

|
|

« 米について | トップページ | いいぞ その調子だ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか動物ってそういうの分かるのかねぇ。
うちは最近娘が犬飼いたがってる。
猫でも良いらしいけど。
かみさんが強硬に反対してるから多分無理だけどねぇ。

でも、前は借家で無断で猫飼ってた時期があったんだけど。
そんときは迂闊にも痩せこけた捨て猫にかみさんがミルクを
あげて居つかれたってパターンでしたなぁ。

猫はなぁ、、下手するとノミがでるからなぁ。
でも結構好き。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2009年10月18日 (日) 23:24

ノミ出る?都会だねえ。田舎じゃノミは出ないよん。
にゃんこ飼いたいなぁ。
最近、近所のノラにたくさん子猫が生まれましてね。
幸い、この界隈の住人はノラを許容する余裕があって、元気良くノラが飛び回ってんですけど。
おじさんもいっしょに飛び回っちゃおうかなぁ、なんて。変質者だろ、そりゃ(+д+)
またラシアンをかまって来ようかなーと思いつつ、ラシアンをかまってるようで、実は知らないうちに女系家族に取り込まれているのではないかという恐怖があるのですよ・・・・。

投稿: ビヨ | 2009年10月20日 (火) 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米について | トップページ | いいぞ その調子だ »