« K-xについて | トップページ | 再録 Pentax MX »

再録 クマー!

<p><p>Beyoontavox:今週のたわごと</p></p>

 熊について書いた古いネタを見つけたので、再掲で更新のお茶を濁させていただきますことよ(^^ゞ

 以下、再録。

Img1002

 日本列島、あっちこっちでクマが出没してる様子ですなー。ツキノワクマなら秋田だぜ、と力説したいところだが、秋田はクマが出没して当然という土地柄なので、わざわざ全国ニュースに載るようなネタはないのであった。

 私、クマに出会ったことがある。貧乏登山を繰り返していた頃のことだ。海に面した秋田市ながら、市の東部は山岳地帯で、お隣の町との境は1,000m級の山脈が連なる。日本酒のブランド名にもなっている太平山が主峰の山脈だ。

 秋田市内なのでみなさん気軽に登る山だし、秋田市内からよく見える山なので、なんとなーく身近な印象があるものの、実はこの太平山、秋田県内の山岳では厳しい山のベスト3に入る。
 壮年期の山のくせしやがって、簡単な登山ではないのである。乳頭のつもりで行くとえらい目に遭う。

 これに加えて、太平山はクマが生息しているため、常に緊張感を強いられる。金属質の音を発生させるべく、私はたいがいメスカップなどをザックの外に吊るし、ガンガン音を鳴らしている。
 ついでに高周波発生機を作動させてもいるので、人間よりも可聴域の広いヤツらはきっと迷惑がるに違いない。けれどいきなり突撃してくるかもしれない。クマ対策に万全というものは存在しないのだ。

 そんな登山を無事終了し、なんだ、クマなんか出ないじゃねーかよ、とクルマに乗って数十メートル走った先で、いきなり道路を横断していくでっかいクマを見てしまった。もうちょっと走ったら集落があるような場所でだ。
 ツキノワグマはちっこいからと油断してはいけない。私が目撃したのは体長として1.5メートルそこそこのものだろうが、四足で歩いている時のヤツらはかなり大きく見える。お座りしてる時と四足歩行の時では大きさが全然違う。ありゃ人間がケンカしたら簡単に勝たせてはもらえない大きさなのだ。

 仮に私が当局へ通報したならば、きっと地元猟友会の出動ということになっただろう。もう何年も前の出来事ながら、クマに対する人間の対応策はいつも同じ、猟友会の出動なのである。
 ニホンカモシカは天然記念物で保護されているから、不必要に増えて人間の生息する領域まで進出してきてるというのはあるし、街でウロウロしていても天然記念物だから、よほどのことがなければ駆除もされない。人間を襲わないから生かしてもらってるようなもんだ。
 クマは敵に対してバトルという手段をとるため、猛獣ということになり、駆除の対象になってしまう。

 猟友会にクマを退治してもらうだけでいいのかしら、と私は思う。ヒグマはどうか知らないが、ツキノワグマというのは基本的に人間を襲わない動物らしい。
 クマの緊急事態を除けば、人間を敬遠するという。つまりクマの自衛範囲に入らなければ、クマというのはおとなしい生き物なのだ。最近は登山者のリュックが狙われているともいうけどさ。
 昨今はクマのテリトリーが里へ降りてきてしまってる。山に食料がないかららしい。そりゃ食い物がなければ、探し回ってテリトリーが広がるわな。

 私の自然に対するスタンスは、基本的に共存共栄である。人間がなんぼのものか。人間だって自然の一部なのだ。人工構造物をたくさん作ったから人間だけが偉いというわけではあるまい。
 世界遺産に指定されている白神山地と、秋田県側を流れる米代川流域の試みを、今一度私らは省みる必要がある。日本海沿岸の漁師さんたちが、米代川流域の山に広葉樹をたくさん植樹し続けている。その理由とは、広葉樹がもたらす山のミネラルを川へ流してやり、海の魚たちを育てるとともに、魚を呼び寄せるためだ。
 自然というのはひとつのシステムであり、どこかひとつだけ欠けても全体が狂うものだ。カネになるからと山へ秋田スギばかり植えたツケを、いま海の猟師さんたちがフォローしているといえる。

 出没しまくってるクマは、なにも台風のせいだけで里へ降りてきているわけではあるまい。秋田ではずっと前からクマが里へ進出してきている。
 台風のせいにして、今年だけの現象だと思ってはいけない。山ではずっと以前から環境が変わってしまっているのだ。たまたま今年だけのことではない。
 自然と共存していく知恵を、今こそ過疎県の山間部に求めるべきではないだろうか。山ばかりの土地に見えても、そこには形のない「人間の知恵」というものが本来はあってしかるべきなんである。

 廃村になってしまった集落で暮らしていた人たちは、上手に自然と折り合う暮らしをしていたのだから。その知恵がなくなってしまう前に、拾い上げる努力が我々には必要なのだと思う。(2004,10,18)

|
|

« K-xについて | トップページ | 再録 Pentax MX »

旧ほんたわ系・再録」カテゴリの記事

コメント

おっしゃるとおり!
だいたい「駆除」ってなんだって話ですよ。

投稿: Kizao | 2009年9月21日 (月) 23:39

熊には熊の言い分もあるだろうになぁ、と思うのですよ。
ホントは単純に山に食い物がないってことではなく、いろいろな連鎖があっての話なんだろうし。
んで、たいていはその連鎖を狂わせてるのは、人間なんですよね・・・・。

投稿: ビヨ | 2009年9月22日 (火) 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« K-xについて | トップページ | 再録 Pentax MX »