« 再録 ニコンAD2 | トップページ | 火急、いや火球 »

再録 APS規格というやつ

 チョイ悪オヤジならぬ「かなり悪いオヤジ」と、今を去ること数年前に某サイトで紹介されてた私。
 長髪がうざったく、DEP(古)で固めたりしてるんで、もう昨今は完全にただの悪いオヤジになっている気がいたします。

 「なら髪切れよ。夏なんだし見てるだけで暑苦しいし。」と突っ込みたくなるのが人情であるところ、私の短髪って評判が悪いのですよ。とくに女性陣から。ホントはモヒカンにしたいんですけどもねえ。
 青春待ったなしのセンシティブなローリングフォーティとしては、女性の視線を気にするのですね。

 センシティブとローリングが相反してるような気がしないでもありませんが、何事も二面性というものはあるのです。と言い訳を強行しといて、今回も再録でお茶を濁します。
 「こんなことを書いてたのか」と我ながら感じ入った記事があったので再録しますですよ。以下、再録。

 ユーザーの方が世の中にけっこういらっしゃるのだろうと思い、今まではあんまりAPS(以下IX240)フィルム&カメラについて発言しませんでした。
 でも、いよいよIX240の先行きが怪しくなってきたようなので、この際書いちゃいます。

 そもそもIX240フィルムをユーザーが使うことによるメリットというのはなんなのでしょうね。
 規格登場時に主唱メーカーが訴えていた数々のメリットは、実のところユーザーにとってそんなにありがたいものでもなかったのと違いますか。
 いわく「インデックスプリントがつく」「撮影情報が書き込まれる」「フィルム装填が楽チン」「プリント時のゴミ焼きが減る」などなどありますが、どれも画期的なことではありませんな。

 インデックスプリントは普通の135ネガからでも作れるようになったし、撮影情報はラボで対応してなきゃ意味がないっす。
 135フィルムの装填なんざ慣れれば誰でもできるようになりますね。ゴミ焼きはラボが気をつけてやってりゃ皆無に近いし。
 逆に「インデックスプリントがないとネガの中身がよくわからない」「現像済みを示すツメが折られたままの未現像フィルムがよくある」「135よりも数段画質の劣るプリントしか得られない」「ゴロゴロしてネガの保管が面倒」なんていうデメリットの方が目立つ昨今。

 僕にいわせれば、IX240フィルムのメリットは、カメラを小さくできることぐらいのもんで、カメラの機構そのものは135よりも複雑になっているからコスト高は避けられないのでありますね。高いカメラを買わされて損しているのは消費者なのだと思うけれど。

 まー、それでも「好きで使ってるんだからいいじゃないか」というユーザーは必ずいるものですが、かつての110フィルムの時もそう、ディスクフィルムの時もそう、しつこく使っているユーザーさんのお言葉と受け取っておきます。

 誤解してほしくないのは、「あんたは間違った買い物をしたんだ」と僕が主張したいわけではなく、ユーザー無視の新商品で消費者と業界を躍らせているメーカーの姿勢なのですね。これが気に入らない。さもパソコンと親和性があるような広告形態もおおいに問題アリでしたしねえ。
 発表前からラボサイドでは「これ以上作業工程を増やしてどうする」という声は多かったです。IX240対応のプリンターは機構が複雑すぎるしな。

 IX240なんざ、しょせん机の上だけでコネ回した規格でしかないことは、メーカーの人間が説明のために地方回りをしている時にイヤというほど浴びせかけられたであろう罵声だったのに。俺もかなり罵声を浴びせたけども。今さら変更しようもないって感じで発売されてしまったのがIX240カメラ&フィルムなのですよ。

 結局ね、新製品を投入してハード関係を売りたかったメーカーの陰謀でしかなかったのだと思います。フィルムもIX240は不当に高価な気がするし、カメラもコスト高だからあまり安くないもの。

 そういえば、フジ写真フィルムさんは2000年からIX240オンリーでいくと記者会見でブチ上げてたよなあ。やってもらおうじゃないの。IX240フィルムの在庫をフジさんがイヤというほど抱えて困ってるのは知ってるけど、それでも世間に公表したんだからね、政治家の公約みたいなもんじゃないの。

 ホントはさ、135だIX240だと騒いでる場合じゃないんだよね。業界としては、今後間違いなくやってくるデジタルカメラ時代に銀塩をどう残していくかということに力を入れるべきだと思うのだけれど、あいも変わらずIX240カメラの新商品を発売したりしてる。そんな体力は本来なら業界にないはずなのだがなあ。(99,11,13)

 以上、再録。体力のないカメラメーカーに余計な投資をさせただけの規格だったのだろうかと、今にして思います。デジタル全盛になる前に、すでに業界再編の余震はあったのかもしれんですよ。
 そのくらいに135フィルムシステムというのは完成された規格でして、簡単に上をいけるくらいなら、とっくにコダックが戦後すぐにやってらあな。そんな感じです。

 慧眼などと誉めるなかれ。当時現場にいた人間なら、思考の深さの程度に差はあれ、私と同じ観測を持っていたはずですよ。「提案するだけの人」「売るだけの人」とは違い、エンドユーザーに近い場所に立っていた人は誰でも同じ危惧を抱いていたはずです。

|
|

« 再録 ニコンAD2 | トップページ | 火急、いや火球 »

旧ほんたわ系・再録」カテゴリの記事

コメント

ああ、分かります。
メーカーと消費者の乖離というか。
売らんかなの姿勢とユーザーメリットの乖離というか。

まぁ、うちの業界でも無きにしも非ず、、

今度はBD参入だって今朝のニュースで言ってるし。
ほんとにBDいるかなぁ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2009年8月11日 (火) 12:04

いやいや、APSで写真に回帰してきた者としては、回帰する前に聞きたいお言葉でした。
もっともニコンF4+ズームを「重い」と感じるようになって遠ざかった者としては、APS一眼の軽さは福音だと思いましたが…(^^ゞ
でもその後、APSに飽き足らなくなり、コンパクトカメラからペンタのMX、オリンパスのOMなど小型一眼やCLEやCLなどのRFに興味が移り、さらに現在は二眼から中判に手を染めてしまってます。

結果として回り道になってしまいましたが、APS規格があったおかげでビヨさん始め、素晴らしい皆さんにネットのうえで知り合うことができたのでありがたかったと今では思っています。
APSのフィルム供給はいつまで続くのかは分かりませんが、たまにはAPSも持ち出してあげたいと思います。

ところで話はまったく違うのですが、BBSは閉鎖されたのですか?
昨日からアクセスできないのですが(T_T)

投稿: kazurin | 2009年8月11日 (火) 12:14

ぴゅんぴゅんさん >
フォーマットがたくさんあるって感じで、最近の動画はわけがわからんですね。興味ないから調べるつもりもなく。
職場でも「ファイナライズ」なんていう横文字が飛び交ったりして、映画を見る以外に動画の用途がない私はついてけません(-_-;)
 
kazurinさん >
いやいや、IX240が写真回帰のきっかけになったのなら、それは十分に意味のある存在だったのでしょ。
BBSに関してはですね、エロ書き込みを敬遠すべくURLをしょっちゅう変えてるのに、このブログからのリンクを更新し忘れてるだけでした。すいません(^^ゞ

投稿: ビヨ | 2009年8月13日 (木) 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再録 ニコンAD2 | トップページ | 火急、いや火球 »