« チョンガー | トップページ | GR DIGITAL 2 その7 »

再録 Ricoh GR28mm F2.8 of GR1

 ネタはあるんですが、ちょいと多忙でネチネチと更新する余裕がありませんので、再録モノでお茶を濁させていただきます。
 今回はレンズです。以下再録。

P443epngr

 2回目にこのレンズを持ってきた意図をお疑いの方もいるかもしれない。なにしろGR1は売却しちゃったカメラだからなぁ。

 レンズとカメラを一体として考えねばならないレンズ固定機の場合、どうしてもレンズだけで判断はできないと私は考える。「パッケージング」という都合のいい言葉。この言葉を意識せずにコンパクト機を判断できはしない。
 けれど、GR1シリーズが装備するGR28mmは、私の好みではないにも関わらず、とても不思議な感触を残したレンズなのである。

 他に書いた内容と重複するが許されたい。カメラ雑誌に掲載されるいわゆる「作例」といったものだが、掲載されているカットが撮影された状況というのは常に想像する必要がある。掲載されているものがそのレンズのすべてではないからである。
 かといって雑誌の作例がアテにならぬということではない。自分が普段使っているレンズで撮ったものが、雑誌という印刷媒体を通すとどう変わるのかということを把握していれば、やがては雑誌の作例をどう見るかという目が養われる。

 その作例が撮影されたシーンはどういったものか。それによっては、レンズにとって楽なシーンなのか厳しいシーンなのかがよくわかる。
 レンズによっては厳しいシーンに強いが普段はどうもイマイチ・・・、というレンズもある。たいていは楽なシーンできちんと写り、ちょっと条件が悪くなると本質をさらけ出すものだが。そのへんを見極める必要があるのだ。

 で、初代GR1の写りを私はある雑誌で目撃した。印刷媒体であることを差し引いたとしても、これはなかなかヤルのではないかと。
 四隅まで大きな破綻はないし、光量が足りずにフラットになりやすいシーンでも粘りが感じられる。
 つたない体験からいきなり大きなことをコメントするが、こういったレンズはトーンが豊富であることが多い。つまり飛びにくいし潰れにくいのである。
 ハイライトをきちんと保ち、シャドーがしっかりと描写されている。そういう繊細系のレンズである可能性が高い。ただ私が目撃したカットはB/Wであったので、色調の傾向までは想像のしようがない。

 当時の私はガチガチのドキュメント系レンズを好み、MF時代のニッコール、あるいはツアイスでいうところのテッサータイプを好んでいた。
 けれど35mmサイズフィルムにおける繊細な被写体再現ということに興味がなかったわけではない。ツアイスに代表されるバランスと深みの世界。あるいはひたすら粒が細かくコントラスト不足ながら隅々まで繊細に描写するレンズ。ちょっと憧れていた時期でもある。
 そんなわけでGR28mmは、私的には繊細な描写をするレンズということで認識され、GR1のカメラ全体のパッケージングへの興味もあり、要チェック対象となったのであった。

 手にしたのはGR1s。もちろん黒ボディである。ノイジーな巻き上げモーター音と頼りにならないAF、そしてひ弱すぎる内蔵フラッシュには狼狽したものの、それ以外は必要にして十分すぎる装備がなされ、これは使い方によっては強力な武器になることがよく理解できた。
 GR28mmレンズはけっこう地味なシブい描写をしやがる。色分離の高さに比べると、コントラストが抑え気味である。繊細系のくせに色分離だけは豊かといった性格なのだ。これはなかなか得がたい性格である。
 ただーし。当時、私の好みは硬めのレンズなのである。GR28mmは明らかに私の興味対象外であった。私の求める繊細系とは違う。

 だがカメラそのものの完成直前的パッケージングのうまさと、なぜか気になるGR28mmの妙な立体感。すまん。「妙な立体感」という言葉以外に私はうまく表現できない。
 ただ硬めのレンズを好んでいた私が「もうちょっと撮ってみようかな」と繰り返し使ってみたくなる奥深さ。そういった不思議な魅力があるレンズなのだと思う。

 決定的な破綻はない。使うフィルムによって描写をコントロールできる余地もある。私はEBXをGR1に使い、トーンの豊富さと引き換えに好みの硬さを得た。それもあり、GR1sを処分したものの、しばらくしてGR1vを調達した。もちろん黒ボディである。
 おのれの好みのレンズではないのに、なぜか探求したくなる奥深さがある。「なんか納得いかないなぁ。もうちょっと撮ってみようか」とまた使いたくなる。人徳ならぬ「レンズ徳」というものがあるとするなら、このGR28mmこそそういうレンズなのではなかろうか。

 ゆえに、もう要らぬと思ってGR1vを処分したのではない。たまたま私が28mm搭載機で他にかわいがるカメラを所持していたに過ぎない。消去法で金欠に対策しただけのことなんである。
 ミノルタTC-1搭載のロッコール28mmは、レンズ単独ではなくTC-1にくっついていてこそ価値があると思うが、リコーGR28mmはLマウント化されたものにも価値があると思う。
 欠点を知りつつそれに目をつぶるという個性派レンズではなく、絶妙のリコーさんち的バランスのある優秀レンズ。それがGR28mmなのではないかと私は思っている。なかなかいいレンズだよ。(2004,03,20)

 以上、再録。まさかデジタル版GRが発売されるとは思いもよらず、ましてや私がそのオーナーになるなどと考えもしていなかった頃、それでもGR28mmには一目置いていたのだなと、あらためて感じます。

|
|

« チョンガー | トップページ | GR DIGITAL 2 その7 »

旧機材系・再録」カテゴリの記事

コメント

「彩度は欲しいけど、コントラストはそれほど・・・」
というときにGR1にベルビアという組み合わせで
使ってみて感動したのを覚えてます。


テッサー系も好きだけど、GRのようなレンズもいいですよねぇ。

投稿: Kizao | 2009年7月28日 (火) 21:48

まさにそういったリクエストにしっかりと応えて
くれたレンズだと思います。
当時の私はカリカリ系が好きだったのに、全然
そうではないGRのレンズにどうしても何度も挑んで
しまう奥深さが印象的です。

投稿: ビヨ | 2009年7月29日 (水) 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョンガー | トップページ | GR DIGITAL 2 その7 »