« デジタルPENとやら | トップページ | 告白しときます・・・・ »

アンジー・ディキンソン

261171

 いいねえ、アンジー・ディキンソン。このコスは西部劇『リオ・ブラボー』の時のもんですが、なんともいえない女性的かわいさがあるんですよ。
 オラっちのような不器用一途の朴訥な男には、このくらいにぎやかでかわいらしい女が似合うぜ、みたいなキャラクターなのですね。リオ・ブラボーでは。おかげで変な夢を見て早朝に目が覚めましたっけよ。日本版のアンジー・ディキンソンみてえなのがいるんですよ。私の近くに。

 ああ、アンジー・ディキンソンは1931年生まれです。私の老母よりも年上。戦前の生まれでございます(^^;

 リオ・ブラボーの頃が一番輝いて見えます。『女刑事ペパー』の彼女は別人ですなぁ。銀幕ってのは素晴らしい。美を永遠に固定するんですから。

|
|

« デジタルPENとやら | トップページ | 告白しときます・・・・ »

バカ/モーロク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジタルPENとやら | トップページ | 告白しときます・・・・ »