« 予備のバッテリーについて | トップページ | 仮称デジタルPEN »

田舎のミスコン

 当地には『秋田観光レディ』という女性陣がおりまして。秋田観光コンベンション協会が選出する観光PRスタッフ、ということになってます。
 選ばれると、秋田市絡みのイベントに駆り出され、東京などの関東圏のイベントにも送り込まれます。つまり秋田の宣伝レディなのですね。

 今は不定期に募集しているようで、2年任期だと思っていたのですが、今回は4年ぶりだそうです。よほど前任は優秀だったんですかね?(イヤミ)
 前任者の集合写真を発見したので、無断転載。衣装のデザイン感覚については突っ込んでもしょうがないのです。しょせん田舎の観光協会ですから・・・・。

C2a8af988381cd8d33dcf697282ebe70

 小さなカットで顔などがハッキリはしてませんが、なかなかかわいい子がいるじゃないですか。いかにも秋田系といった女性もチラホラ。
 ところがですね、今回選出された方々をローカルニュースで拝見しましたら、なにか一定のセンスで選出されたとしか思えない同じような顔つきの方々。しかも秋田系の顔ではありませんでしたっけよ。

 ミスコンやると怒られたりする昨今の世の風潮として、観光大使役の女性のツラに文句をつけようとする私ってのは、大変な女性差別主義者ということになるのかもしれませんが、ここは秋田なのですよ。よその土地とは違うんです。秋田美人の産地だべさ?
 日本○大美人産地となれば、必ず入る秋田。それだけならまだしも、秋田新幹線に「こまち」なんて名前がついちゃうし、米まで「あきたこまち」ってくらい。
 もう前面に美人を押し出してるのが秋田なわけで。秋田観光レディってば、首都圏のキャンペーンにも出動しなきゃならず、彼女らを見た都会の人は、それが秋田美人だと思っちゃうでしょ。
 だから外見はかなーり重要なのですよ。秋田絡みのキャンペーンレディは。お育ちなんか関係ない。外見だけで選んでもよろしい。伝統的秋田美人を選ばずして誰を選ぶっつーのよ。

 と、ここまで書いておいて、実は選考の内情を知ってたりする私。絡みがあった当時も今も、とてもですが「その選考に物言いアリ!」なんて大きな声で言える立場ではありませんが、バラしちゃいます(^^;
 当地における美女の選出は、どんなコンテストであっても、まず地縁から始まります。不必要に目立つことを嫌う当地の女性は、自薦で応募するケースなんざほとんどありません。「あい、つらましね。(いやはや、羞恥心のない人だね)」と周囲から言われちゃいますもん。
 かといって、応募者が集まらないとカッコがつかないコンテスト主催者。なんとか応募者を捏造してでも増やさなければなりませんな。主催側としては。

 観光協会には協賛企業ってのが必ずあるもので、(田舎では)大きな会社の社長が観光協会の非常勤役員だったりすることがほとんどです。その役員のところに連絡がいくわけです。おたくの若い女子社員を参加させよ、と。
 コンテストに箔がつかないのは役員としても困るわけなので、それなりになんとかコンテストに耐えられそうなルックスの社員を選出し、説得して参加させます。そういうケースがかなり多いのですね。

 また、娘の嫁入りに箔がつくかもしれないという親御さんの思惑ありがちなケース。観光レディに選出されたのをいいことに、マネージャー然として常についてくるママさんっていますね。
 まだ若いから魅力が100%に達していないものの、あと2年もしたら確実に化けるな、と判断できる好素質の姉ちゃんがいましたけど、ママの監視の目が厳しくてなにもできませんでしたね、あたしゃ。

 いや、ここだけの話、若い頃はけっこうモテる男であったビヨさんは、そういった観光レディと密かに仲良くなって内情を聞いちゃってたのですね。
 自治体絡みのキャンペーンレディにしては、あまりにもノリが良すぎて客あしらいがうますぎると見ていた女性は、キャンペーンレディのお披露目に使われた会場の従業員で、しかも観光協会協賛企業の中でも有名どころの従業員でしたっけよ。
 道理で酔っ払いのイナシが上手だと思って見てました。年齢のわりに場慣れしすぎてたので、私の目に止まったわけで。

 そういった捏造に近い応募者と採用者がいたとしても、しょうがないんですよ。30万都市の秋田市を代表する観光レディ選出に、応募者がたったの19人だってんですから。もちろんその中には内輪で強引に応募させられた人もいての話かと思われ。
 19人のうちから5人選出。当選確率25%以上ですがな。いや、シロート参加のノーコネなら確率は低くなるかもですね。協賛企業からの参加者をないがしろにもできんでしょうから。
 美女コンテストの現場に少なからず臨場した私の体験からするなら、たいていは観客の下馬評を裏切る結果になるものです。観客からは見えない社会の仕組みが発動しますので。

 独身でなくてもいいなら、なんぼでも秋田美人を送り込んでやんのに。ええ、県北米代川系から県南雄物川上流系、そして美人の産地と当地で噂される(個人的には賛成できないけど)角館からも。
 また見方を変えるなら、縄文系から弥生系。秋田の歴史を物語る古い血筋系からも推薦者はおりますですよ。

 ただし要点は、みなさんもはや独身じゃないってとこですね。ミセスもオッケーじゃなきゃ無理だわ(^^;

 っつーか、秋田の女性の魅力は30歳を越えてからだと思いますよ。個人的に。

Pic0001307_2

|
|

« 予備のバッテリーについて | トップページ | 仮称デジタルPEN »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

以前、実家の近所のローカルスーパーでリンゴジュースを配ってくれた娘さんは、この写真の方々の誰かだったのかなぁ・・・
モーロクして、もう顔を思い出せない(^^ゞ
写真を撮っとけばよかった・・・

投稿: kazurin | 2009年6月10日 (水) 22:35

「秋田市」のキャンペーン姉さんですから。
たぶん違うと思いますよ~。
リンゴジュースはどこだろ?県南の増田あたりですかね?
あちらは秋田美人の本家本元方面でっせ。

投稿: ビヨ | 2009年6月11日 (木) 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予備のバッテリーについて | トップページ | 仮称デジタルPEN »